Tsubuyaki-5



【HAM&自作】
  【Electronics】  【PC/Internet】   【デジモノ】  【Social】  【Economics】 

【家周り】  
【ウゴキモノ】  【Book】  【Sports】  【旅行】・・・・・ 【その他】


Tsubuyaki-1  Tsubuyaki-2  Tsubuyaki-3  Tsubuyaki-4


【Book】【Social】 「米韓同盟消滅」

 著者の鈴置さんは日経ビジネスに「早読み 深読み 朝鮮半島」を連載しており、私は毎週楽しみにしています。この方は最も信頼のおける下半島ウォッチャーではないでしょうか。今回、上梓されたこの本は、現状の迷走下半島(というか迷走状態が通常状態)の知見を得るには最も好適な教材になるのではないかと思います。流石に、もう、わざわざ下半島なんざ理解するなどと言う無駄な努力はしたくも無いのはやまやまですが、この後、半島全体が日本にとって明確な敵性国家となることは明らかなのですから、ま、ここらでその本質を改めておさらいしておくことは必要なのかなとも思います。米国も、流石に下半島の所業にはウンザリで、既にこんな下半島を見捨てていて、米韓同盟も早晩消滅するだろう理由が、極めて分かりやすく書かれています。また、常識的な日本人では、まったく理解不能な下半島国家(民族)についても、巷にあふれる「嫌韓本」とは異なる冷静な観察がなされており、一読に値します。さらに言うなら、日米、支那、半島全体の置かれた国際的関係性の解説に関しては、著者の慧眼に本当に感心してしまいます。なので大変におススメですよ、ほんと。

 まぁ、普通の常識人ならばこの本の内容に完全に納得してしまうでしょう。そして、「●◆は死んでも直らない」と下半島人を理解するでしょうか
ら、危険回避の観点からは、こやつらとの関係性を絶つことが最善の方法なのでしょうねぇ(苦笑)。【2018.11.9】



【Social】 最近の話題といえば、圧倒的に徴用工問題のようですが、これは下半島が世界に向けて「私達は近代法治国家の体をなしていない下等国に住む野蛮民族です」と公言したに等しく、また徴用工問題はひとえに下半島政府が処すべき問題にすぎません。何故なら、パククネのオヤジの朴大統領時代に、日本政府は下半島徴用工に対して個人補償を申し出ましたが、個人補償の未払い賃金は、下半島へ日本政府から無償供与した3億ドルに含まれていると下半島政府は認めています。今後、日本政府は個人補償はしないとしっかり当時の日韓請求権協定に明記してあるのだから、もう、本件にはなんの疑念もありません。なので、この問題は、以上終わりです。

 下半島政府がぐだぐだ言うなら、経緯を全世界に明らかにして、是正を要求し、ダメなら断交すればいいだけの話です。これで、強欲な日本企業も、下半島への投資を引きあげざるを得ないはずで、落ち目の下半島経済は奈落の底というわけです。ざまぁ・・ですね。しかし、どうしたらこんな判決がでるか?とかの疑念に関してはもうどうでもいいです。いろいろ言われていますが、こいつ等、アフォは死んでも直らないの一言なんでしょうね。以前は、下半島を悪しざまに言うと、「そんな大人げないことは、人前では喋らないでね」と言っていた嫁さんも「どうしようもない民族だ」と言い始めていますから。

 それより、EUが崩壊していきそうですね。こっちの方が日本の将来を占う上で、より重要なテーマです。下半島がどうなろうと知ったこっちゃないですが、こちらは日本にとって極めて重要です。

 はい、まずはドイツから。移民政策で大失策を犯したドイツのメルケルが党首を辞め、首相は21年まで続けるらしいですが、もう、レームドダック状態です。日本の極左メディア(というか大新聞)が極右と呼ぶAfdをはじめとする「保守政党」が欧州ではどの国でも勢力を拡大しています。「極左」メディアからみると、当たり前の保守政治を標榜するパーティは「極右」になってしまうのだから、なんともはや、つける薬がありません。ところで、メルケルの退陣はEUの要を失ったに等しく、EUの規律が緩んでいくEU崩壊過程の始まりでしょう。

 例えば、イタリアではEUの定めた財政規律に反して、財政支出を増大させると主張しています。イタリアのGDP成長率が0%なので、確か2.4%くらいの財政支出増を企図していて、これが欧州委員会に却下されちまいましたが、イタリア政府はそれには従わないと主張しています。そりゃそうでしょう、イタリア国民が、なんでEUのために国家主権(財政支出)を放棄してまで「貧しく」ならなきゃいけないのですか。これは、今後の南欧や最近EUに加入した東欧諸国は、もし、イタリアの独自の財政政策が許されるなら、欧州委員会には従わなくなるでしょうね。当然ですが、欧州員会が決める移民の割り当てなんて、守らなくなるに違いありません。

 この夏、北欧に行ったときはシュンゲン協定は有効で、3国(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)間のパスポートコントロールはありませんでしたが、南欧の国々ではシュンゲン協定はもう有名無実で、自由な出入国は出来ないと聞いています。これもひとえに不法移民の防止策です。そういや、ブレグジットも来年に迫ってるんですよね。これだって、「移民受け入れ枠の押し付け」への反発が運動の始まりでしたから、EU諸国は、移民のために自国民の尊厳が損なわれることに、明確にNoと言っているのです。

 さて、日本です。出入国を厳格に管理して、5年たったら単純労働者(1号人材だっけ?)は母国に帰ってもらいます・・・なんて入出国管理法ができるのでしょうが、ザル法でしょうね。ドイツもまさにそう言っていたのがあのザマです。2号人材?だったか、なんだかよくわからない「スキル」を持つとされる人材に認定されれば、定住可能になっちまいます。1号から2号への移行の壁は限りなく低くなりそうです。これって、おいおい、何とかしてくれよ、です。EUの大失敗を見ながら、日本がこれからEUを後追いするのか? それも、日本に来る移民って何処の国からなんだ???(←当然、あの西の国ですわ)と冷静に考えると、これは本当に止めて欲しいのですけどねぇ(怒)。【2018.11.1】



【Social】 どうにも腑に落ちない話ですねぇ。

 日支首脳会談の流れです。

 一番気に食わないのは、日支通貨スワップを3兆円規模で開始することです。これって、米国に弓を弾く愚行だと思うのですが、安倍首相の真意がよくわかりません。米国が、せっかく共和/民主を問わず、支那を全面的に叩き潰そうと躍起になっていて、元も順調に下落し、非常にいい傾向だと思っていた(支那の輸入は大変なことになっています、ザマァ)のに、これじゃ、元の信任を回復させちゃうじゃないですか!これ、トランプはどう思ってるのでしょうね? 相当に苦々しく思っているのじゃないでしょうか?なので、報復が怖いですゎ。この前、日米通商交渉で車が問題にされなくて、温情を掛けてもらったのに、これから、何をされるかたまったもんじゃないと思うのですが、なにか米国との裏取引が成立しているのだろうか?

 最低でも、尖閣海域に軍艦(もうすでに支那海警局は海軍に編入されているので、正真正銘の「軍」です)を近づかせないくらいの条件を出しても良かったのじゃないかと思います。これの見返りがキンペーの訪日だとしたら、「ふざけるな!」ですよね。日本人の8割が嫌支感情を持っているのだから、あんな奴、来日して欲しくありません。卵でも投げつけたくなりますゎ。

 あとはねぇ、今更のように一帯一路のインフラ構築に50件もの案件に関わっていくって、本当なのだろうか?これも口あんぐり案件ですよ。一帯一路案件は、もうすでにかなり有名ですが、途上国のインフラ整備に高利貸しの資金提供を行って、借金返済できなければ、インフラの位置するその国の「国土」を取り上げる(99年の賃借とかね、これって、支那の感覚では奪取したも同じです)のですから、堪ったもんじゃありません。すでに欧州の28国(だったかな?)の駐支大使から連名で抗議されていますから、その悪名は世界中に轟いています。インフラを作ると言っても、支那作業員を当該国に「輸出」して、作業終了後は、現地に置き去りにして、支那街を造らせるらしいですから、ひどいもんですねぇ。これに我が日本の経団連傘下企業はどう参画していくのか、皆目見当が付きません。金だけむしられてハイ終わりじゃないかと心配です。

 なんせ、トヨタも支那に工場を新たに作るといいますから、どうなっているのでしょう。支那の外資規制で、儲けた元は支那から持ち出すのが極めて厳しい状況にあるというのに、変な話です。儲けを日本に還流できないが故の、対支投資だとしたら、あまりにも悲しい・・・・・、だって支那への労働市場の提供だけにしかならないじゃないですか。どうも、こういった日支間変事に対して、既存メディアは言うに及ばず、ネット上でも納得いく解説が見当たらないのが非常に不思議なのです。【2018.10.26】



【Social】 久々に時事ネタを。
 なんだか少しずつ消費税増税に関して面白い話が出てきています。

 ついこのあいだ、唐突に安倍首相は、消費税増税の確実な実施と、その悪影響を低減させるために万全の施策を準備するように、なんと「閣議決定」をしました。この「閣議決定をするよ」という情報が、読捨て新聞(発行部数は最大)にすっぱ抜かれて、その通りになりました。これ、いかにも臭いです。というのも、いまさら閣議決定なんかしなくても、法律で消費税増税は明記されてるので、あとは粛々と実施すればいいだけのことだからです。

 これは、財務省が書かせた記事だという説がかなり濃厚ですね。新聞社は軽減税率適用がありそうですから、今は、もう財務省のポチそのもの(いいなり)なのです。それだけ、新聞を使って「消費増税の必要性」を国民に刷り込む必要があるということは、逆に考えると、増税阻止にむけた「政局」がうごめいているからに他なりません。

 来年の政局といえば、何と言っても憲法改正発議と参院選であることは衆目の一致するところです。しかしながら、この前の自民総裁選でもわかるとおり、自民党員と言えども、「ここらで、安倍にお灸を据えてやろう」と思っている高齢層(=ITリテラシーがゼロ)は多いです。これで、消費税増税を決定したら(来年3月までが限界)、それに続く6月の参院選は自民は明らかに議席を減らすことは間違いありません。そうなると、宿願の憲法改正発議に赤信号が灯ります。なんせ、改正発議には議員数の2/3が必要ですからねぇ(憲法改正と同時にこの改憲発議の定数も1/2にすればいいのに)。

 そこで、消費税増税が「大政局」になってくるわけですね。安倍官邸としては、決定ぎりぎりまで「増税は予定通りやるよ〜〜〜〜」と財務省を目くらましさせておいて(でないと露骨に政権転覆を図るだろうからねぇ)、突如、増税延期を表明して、その是非を問うために参院選になだれ込む・・・公明を説き伏せられれば、衆参同時選挙もありだろう・・・・てなシナリオができますね。

 すでに、日本国債の半分は政府の子会社の日銀が所有していて、利払いで財政破たんがどうたらこうたら・・なんて与太話は過去のモノになっています。いまどき、日本国の財政破たんを信じているのは、よっぽど経済&ITリテラシーの無い可哀想な人達か、財務省に近い利権のある御用学者&ジャーナリストです(そういや、かつて、無線の界隈にも「スプラッター糞爺」なんて、激しくイカレタ奴もいましたが、最近はツイッターも聞かないなぁ:大笑)。なので、野党も、昔の野田ミンス党のように「増税大賛成」とも言えずに、消費税増税延期は実現するでしょう。2度あることは3度あるわけで、これで、消費税増税は凍結です。あるいは、裏ワザで、「消費税増税は決めるが、全品に軽減税率の2%を適用=増税無し:大笑」てな高橋洋一説でもいいです。これだと、増税をやれないと面子丸つぶれの財務省にも一定の配慮ができます(軽減税率を解除すれば増税実現なので:笑)。

 これで、衆参共に自民の圧勝で、憲法改正になだれ込めるというわけです。多分、この流れに掉させないのでは?と思います。これで、腐れ野党が壊滅するのもいいのですが、その反面、調子に乗ったワケワカメな自民党議員が増えるのもちょっと心配ではあるのですがね(笑)。【2018.10.17】



【デジモノ】 最近、大画面TVの様子に注目しています。

 2年くらい前だったでしょうか?有機ELの大画面TVが初めてLGから発売されたのは。77インチで180万くらいしていましたから、とんでもねー価格だなおまけにLG製品なんて誰が買うんだ・・・・と思ったのが懐かしく思い出されます。

 その後経過して、順調に価格が下がってきているようですね。有機ELの大画面TVは日本の各社も高額レンジの主力商品と位置付けているようで、オーバー70インチ、65インチ、55インチが対応する大きさのようです。いまだにパネルはLGの独占供給ですから、安物の自社有機ELTVが売れなくてもLGはパネルでごっそりもうけられそうですね、日本人としてはちょっと悔しいですが。

 今や当初発売のフラッグシップモデルは、型落ち品として、例えばパナであれば1000シリーズは65インチで 37万、その下の950シリーズならば、34万円です。55インチ(それでも私の所有のプラズマ50インチより画面はでかいぜ:苦笑)ならば、950シリーズの型落ちは、もう21万とかのバーゲンプライスじゃないですか。こいつは思わず触手が動きそうになります

 プラズマの寿命は10年と言われていました。私のはすでに10年半が経過しています。しかし、自発光のプラズマという昼間は条件の悪いデバイスであっても、とりあえずまだ観ていることはできます。流石に、並べて比較すると(一部の量販店はやっていますね。プラズマ所有の方は有機ELに買い替えでしょ・・・って)、全く勝負になりません。しかしこの調子で進化すると、今のプラズマがぶっ壊れるまで使えば、もっとコストパフォーマンスの高い有機ELの大画面TVが買えることになりそうです。さて、それは何時の事でしょうかね?そんなに遠くない時期とは思いますが。【2018.10.9】



【Social】 最近、政治・経済・社会ネタを書いていません。本音はいろいろあるのですが、なんだか諦観の状態になっています。特に昨今のマスゴミの報道には本当に嫌気がさしてきます。どうして、こう、フェイクニュースを垂れ流して平然と反日に勤しめるのか、まったく呆れるほどです。

 久々の話題として自民党の総裁選があります。これは安倍総裁の圧勝だったわけですが、これもマスゴミは気持ちの悪い石破アゲで一致しており、石破が健闘したなんてフェイクニュースを恥ずかしげも無く報道しています。このおっさん、保守陣営からボロクソ&けちょんけちょんの扱いを受けて挙句の果てにはパヨク政党から応援される始末(大笑)ですから、こんなの総裁の候補でもなんでもない、ただのチンピラというわけですよね。

 国会議員票では安倍総裁の圧勝でしたが、党員票で45%も石破が得票したのはショックといえばショックでした。いろいろ解説されているように、党員には高齢者も多く、マスゴミのモリカケ報道を筆頭に、執拗な「安倍は全てサゲ報道」を鵜?みにしてしまう傾向なのでしょう。こういった層では、自民支持でも「安倍にお灸を据える」感覚で投票行動をした結果、石破に票が流れたのでしょう。

 要するに、石破(カ)を信任しての投票とは思えないのですよね。暇人だったわりに、総裁選に臨んで具体的な政策提言もできず、これから皆さんと考えましょうとか、検討会議、連絡事務所を作りますとか、まるで学級委員選挙の候補者レベルでした。かと思うと、総裁選で負けた派閥は干してくれるな・・なんて言い出す「覚悟の定まらない」腰抜けにふさわしく、安倍総裁の人格攻撃に励んでいたし(せこいなぁ)・・・・・まるで、今のクソ野党の党首そっくりです(大笑)。もっと言えば緊縮財政論者(要するに経済オンチ)で、防衛相時代は制服組から蛇蝎のごとく嫌われていたといいます。本当にしょうもない人だったわけですね。

 メディアはまだ持ち上げていまして、当の本人も「次の可能性もある」なんて大きな勘違いをしているようですが、こんな国賊者は、徹底的に派閥もろとも干しあげて再起不能にすべきです。【2018.9.21】



【ウゴキモノ】 車を3リッターV6から2.4リッター直4-ハイブリッドにチェンジして一か月半くらい経ちました。実は、ロングドライブはなく、数百キロしか乗っていないので、まだまだ全容を掴めたわけではないのですが、とりあえず乗り換えた第一印象を書いておくことにします。

 まずは燃費ですが、これは大満足ですね。前車は、街中をうろちょろしてるとリッター6kmがやっとで、それもハイオク仕様でしたが、現車は街中のうろちょろ走行でも、エコモードを使えばリッター12kmも走ってくれます。おまけにレギュラーなので、ガソリン代は半額以下となります。比較対象が今では常識外れの悪燃費なので、あまり偉そうなことは言えないのですが、1.7トンを超える重さの車がこれだけ走ってくれれば十分です。それでも10.15モード燃費の半分くらいしか達成できてないようですけど。ただ、私のように年間走行距離が1万キロに遥かに届かない場合、ハイブリッドによるガソリン代低減効果の恩恵に浴することが出来ないのは残念です。

 面白いのは、スポーツモードだと、かなり初期加速感が増して、べた踏みすると「おお?」という加速を楽しめます。ただ、高速になるとそれは続かず、定常速度の走行では2.4Lエンジンのパワー(178ps)そのものということになります。この点では前車の圧勝ですね。もちろん、走行バッテリーに余裕があれば、踏み込んだ時にはモーターアシストによる加速も加わりますが、長くは続きません。加えて、エンジンが4気筒なのでさすがに回転が「がさつ」な感じがしますが、ここは仕方のないところでしょう。

 気が付いたのはボディ剛性で、マイナーチェンジ後に構造用接着剤とリベット打ち箇所をかなり増やして剛性を強化したらしく、前車で感じていたコーナーでのボディのねじれ感?やドアを閉めた時の安っぽい音が素晴らしく改善されています。カーブでの踏ん張りはいい具合になったと感じたので、流石に進歩はしているのですね。ただ、これに関しては、ついこのあいだ、モデルチェンジ後の試乗車に載ってきたのですが、普通に市街地を乗ってもびっくりするほどさらに良くなってるのが解りました。サスが固くないのにロールしないのはけっこう凄いです。この試乗車に長い時間乗ってると、欲しくなってきそうなので早々に試乗を切り上げましたが(笑)。そうは言ってもフロントマスクのデザインは、私にとって許容できるものではないので、絶対に購入することはないですけどね。

 値段も、最終契約時になって更なる(かなりの)追加値引きが加わったので、それを考慮すると、いい買い物だったと思っています。さて、このあと何年の間、乗り続けることができるのか・・・・そのためには今度はちゃんとメンテナンスしないとダメですね。

 ところで、昨今はEVの話題で持ちきりですが、自然災害で簡単にブラックアウトを起こしてしまうような脆弱な(余裕の無いというべきか)日本の電源事情では、とってもEVなんて国内で普及できる余地はないなぁ・・・と思ってしまいます。一方、EVで車製造の覇権を握ろうとする支那なんて、(支那クオリティの恐ろしく危ない)原発を100基も作って、それでEVの充電環境を後押しするそうですから、なんともそら恐ろしい話ではあります。今の日本では全然環境に優しくない(環境負荷が大な)EVですが、今後の展開に関しては、これは面白いネタだなぁと思っていますゎ(笑)。

 その「ネタ」の一つですが、EVフィーバーの危うさに気付いた欧州では、なんとなんと、ディーゼルの排ガスクリーン化に「再度」舵を切ってるというのだからびっくりします。くれぐれも、燃費詐称のための詐欺行為は「無し」でお願いしたいものですね。【2018.9.13】



【デジモノ】 昨今のデジカメの新製品発表にはちょっとびっくりしています。

 ニコンのフルサイズミラーレスへの参入に沸いたかと思えば、時を違わずキャノンのフルサイズミラーレスの発表で、えらいことになっているようです。カメラ「マニア」の方々からは、待ち焦がれた?二強のフルサイズミラーレスに歓喜の声が上がっているようですね(笑)。

 また、これでデジカメの主流がフルサイズ?で決定づけられたかの観測気球も上がっています。

 たしかに、高価格のフルサイズミラーレスは、メーカー観点からは利ザヤの多いフルサイズガンレフの販売退潮を補う上で必須な戦略なのでしょうが、ユーザー観点(視点)ではどうなのよと考えてしまいます。

 フルサイズ機のスタートアップに際して、ニコンは機体を高級志向に振り(ソニーと真っ向勝負?)、キャノンはミラーレス機の利点である合焦精度が高い特性を生かしたFの明るく、被写界深度が薄い超高額巨大レンズ指向(F2の標準ズーム!やF1.2の50mm標準単焦点)で勝負してきました。まったく違う観点から競いあってるいるのは、偶然なのか、ちょっと面白いですね。

 機体の方はというと、厚みが少し減り、重さも数百g減っているのですが、機体を生かすためにちょっと良さげなレンズ込みの重さになると、(私には)まったく許容できるレベルではありません。ミラーレスになったからといって、この大きく重いレンズとカメラを持って外に出る元気が出ないのです。最近ではデジカメインフォのマニアの間でさえ、そういう意見が出始めてきました。

 一方で、APSCとフルサイズで撮った写真の差って、ボケ量以外は普通の人には殆ど分かりません。50MPに迫るような超高画素機は別ですけど。普通の人ではない、その差の解る素晴らしい目を持った人たちがフルサイズを称賛しているのでしょうけど、あの大きさを見てしまうと、とってもついて行けないのですよね。私にはX-T2に16-55F2.8でも巨大で、もてあまし気味なのですから。ついて行けないのは大きさだけでなく、数年ごとのボディのモデルチェンジもそうです。莫大な金額が必要なのに、良く皆さんは追っかけて行けますよね(私が金欠なだけなのかな?X-H1もX-T3も(この程度の進化じゃ)買えないぞ:笑)。

 スマホじゃ満足できなくてもうちょっといい写真を撮りたくて、「デジカメ」に手を出すを人が人数的にはメジャーな層だと思いますが、この層は絶対にフルサイズには移行しないのだろうとの私の感覚はすでに間違っているのでしょうかねぇ?なんでもパナソニックもμ4/3に限界を感じたのか、フルサイズに参入すると発表したようです。フルサイズデジカメの市場って参入メーカーのみなさんが適正な利益を得られるほどにブルーオーシャンで居られるのでしょうか?クリステンセンの罠を思い出すのは、私だけでしょうか?どうも、このあたり、良くわからないので、最近では私の直感が鈍ってきた領域なのかもしれませんね(苦笑)。【2018.9.8】



旅行】 先週から今週にかけて、北欧3国のツアーに嫁さんと一緒に行ってきました。

 丁度お盆休みと重なるので、超ハイシーズンでしたが、日本の酷暑を逃れるには絶好の機会でした。出発日の8日は
台風12号だったか?が関東を目指して接近中でヒヤヒヤしましたが、遅れることも無く日本を脱出することが出来ました。ヘルシンキ経由オスロに乗り継いで、そこで1泊目です。ここから、バスでノルウェーを横断して(7時間)




バスの窓越しの山岳風景 

映り込みがあり、おまけに濃青の減光フィルターが窓に標準装備!
遠くの山には氷河が見える


 途中に名所の滝(名前失念、結構でかい)に寄ったあと




かなりの高さの滝(ハリリング渓谷)


 ハダンゲルフィヨルドの岸壁のホテルでお泊りです。 




ホテル直前のハダンゲルフィヨルドの船着き場に大型の客船が!

この風景で水面が海面と同じ高さとは信じがたい


 3日目はバイキングの作ったの古い都市ベルゲンに移動し、魚市場でノルウェー産のえびかにムール貝に舌鼓をうちました。この日は雨模様で、温度はなんと最高13度くらいにしかならず、重ね着をしても寒いくらいでした。




ベルゲンの旧市街ブリッケン地区


ハンザ同盟の建物らしい


 この日は水量豊富な滝(また名前失念)を見た後フィヨルドに面したホテルに泊まり、次の早朝出発(5時)に備えます。




夕方のホテルのバルコニーから(ソグネフィヨルドの一部)

スマホカメラです(笑)


 4日目がメインでフィヨルドクルーズです。乗船は8時40分と早く、太陽は出ているのですが、山間の向こうで、まだ日がさしてきません。このクルーズは2時間あまりで、一番有名なソグネフィヨルド横切って11時頃には降船場につきました。





 
ソグネフィヨルド(朝9時ころ)

光の具合が残念!太陽が高ければきれいだっただろうに!!!


 このあと、昼食後に高山鉄道を2本のりついで、オスロに帰ってきました。 







滝を見るためのプラットホーム(駅ではない)があって、5分間下車して皆さん写真を撮る!

滝の真ん中右あたりの赤い点に注目!





拡大図

女性が大音響の音楽にあわせて踊っている。列車が到着するごとに踊るらしい。標準レンズの80mm相当ではこれが限界でした(笑)



 5日目はオスロ観光です。国立美術館では、有名なムンクの「叫び」やロダンの「考える人」の彫像、ゴッホの自画像とかが無造作に置かれていて、
フラッシュをたかなければ写真撮影OKでした。ムンクの「叫び」の横で嫁さんが同じポーズで写真に写せるなんて、日本ではとっても考えられません(笑)。ここではそれは遠慮して、「叫び」本体だけのアップにしておきますが、嫁さんはゴッホの自画像の横でも同じようなポーズを取って写真に納まっていました(大笑)。彼女曰く、「これは信じられない!」ですと。海外は、神経質な日本と違っておおらかなんですね。




ムンクの「叫び」

説明は必要ないでしょう






ゴッホの自画像


 そのあと60体以上もの彫像で有名なフログネル公園(ここは面白い!)をゆっくり回って、午後はオスロからストックホルムへの長距離列車です。





フログネル公園の60体のブロンズ像の一部

非常に面白い造形ばかりでした。これ、おとーさんが4人の子供をどうしているのでしょうか?


 4時間半くらいでしたか、ここは山岳鉄道と違って風景がまったく単調で面白みがなかったので、旅の疲れもあってか、殆ど眠り込んでしまいました。




ストックホルムへの長距離列車(オスロ中央駅)

途中で国境をまたぐが、シュンゲン協定加盟国なのでパスポートコントロールは無い。
越境のアナウンスすらない。それくらい、越境が「当たり前」の行為だ。



 6日目はストックホルム観光です。午前中はノーベル賞の授賞者の晩さん会が行われることで有名な、古風な市庁舎内を見学したあと、    




ストックホルム市庁舎




内部の大ホール

ここでノーベル賞受賞者の晩餐会が開かれる。1300人という大人数なので、ぎゅうぎゅう詰めのようだ。


 王宮と近くのガムラスタン(旧市街を散策し、ノーベル賞受賞者の記念館にも足を踏み入れました。ここは、受賞者が座った椅子にサインをするのが有名で、山中伸弥さんの椅子は(多く訪れる日本人に)特に人気があるのか、わざわざ壁に飾ってありました。




スウェーデン王宮(西門)




歴代ノーベル賞受賞者記念館





山中さんが受賞時に座った椅子

なんとこれだけ壁に掛かっている。日本人の人気の高さがうかがえる。


 午後はオプションのストックホルム運河をクルーズしました。




高級住宅街の連なりと遊覧船ハーバー


 ここには自衛隊の護衛艦「まきなみ」が停泊していたのは、びっくりです(完全逆光なので、写真は省略、逆光で濃い灰色の船体ではまったくつまらない写真)。なんでも日本−スエーデン外交樹立150周年記念行事のようですね。この日は快晴で本当に気持ちが良く、各地からのバカンス客で満杯でした。夕刻には、Vikinglineという船で最後の都市ヘルシンキに向かいます。

 この船は夜間をゆっくり航行して、朝にはヘルシンキに着きます。ストックホルム発後、最初の3時間くらいは両岸に島々が広がり、変化に富んでいて面白いのですが、夕食くらいになるともうバルト海に漕ぎ出して、一面が海になります。ここの夕食(バイキング)はワイン(赤白)/ビール飲み放題なのはいいですね。こちらで普段の夕食にワインを頼むと、
グラスワインで一杯1500円くらい取られますから!(ビールも1200円とか)嫁さんの前であまり飲むことはできません(苦笑)。この夕食では、同じグループの一人旅女性(2人)と添乗員と家内の女子?トークに入れてもらってえらく盛り上がりました。おかげでちょっと呑みすぎたかも。




ストックホルム-ヘルシンキを夜間にクルーズする客船

運河クルーズ中に撮ったので完全逆光になってる




船の最上階デッキで夕方、沈む前の太陽を背に




朝焼けの雲をキャビンの窓越しに見る(映り込みあり)

 
 7日目はヘルシンキで降船後、テンペリアウキオ教会(珍しい自然岩を積んだ教会)内見学、岸壁のマーケット広場の自由散策、ショッピング、大聖堂見学と続いて終了です





ヘルシンキ大聖堂

表は荘厳で美しい。裏の地下にはと昔のレンガを積んだ古い礼拝堂とかカフェを発見した


 実は、かなりの写真に私か嫁さんが映り込んでいるので、これらはアップできずに残念でした。

 今回は、JTBのツアーが人数未達で成立せず、トラピクスのは10日と長かったので、クラブツーリズムで行ったのですが、添乗員、現地ツアーガイド共に気持ちのいい人達で十分満足でした。添乗員さんのアンケートは久々の満点をつけました。飛行機は往復共にJALのB787で、これは最新機らしくエコノミークラスのシート間隔も比較的広く(昔のB747は悲惨だったなぁ)、圧迫感がありませんでしたし、アニメニティが充実していて、映画(最新含む)を3本みたら、あれ?到着てな塩梅です。

 帰りは、ネットでチェックインしてみると、なんだか
夫婦の席が離れていてそれも中央4座席の真ん中というひどさで、空きも少なくにっちもさっちもいかなかったので、プレミアムにアップグレードしてしまいました。しかし、JALのプレミアムのシートの出来が悪く、見た目は良くても長時間はとてもリラックスできません。スライド式はダメですね。まったくぼったくりという感じです。昔のビジネスクラスのシート(←プレエコ誕生前)に似ていますが、こちらの方がずっと座り心地は良かったような気がします。これならエコノミーの方が安いだけマシなくらい???ですね。帰りは(たったの)8時間なのですが、それでも不満がたまりました。

 また、JTBだと普通のツアーならば、
並び席が保証されて、よほどのことが無い限り通路側が取れるのですが、ここがクラツーの及ばないところですね。さすがに超ハイシーズンにビジネスクラスで行くほどお金に余裕がないので、次回からは以前のようにJTBを第一に考慮しようと思います。【2018.8.17】




【HAM&自作】 最近の活動についてちょっと書いておきましょうか。

 なんだか暑くなってきて、あまり自作の触手が動かないのですが・・・

 今は以前によもやま話に書いたように、若干の充電期間となっています。なんせ、昨年からのLDMOSアンプ騒ぎを通じて、まともな成果が出ていないので、偉そうに「次はこれこれをやって・・・」と喧伝するのがはばかられるからです(苦笑)。

 そういや、LDMOSで思い出しましたが、いろいろ検索していると、ハイパワーLDMOSは動作レベルによってゲイン変動がけっこう起きる特性のようです。これって、良く考えてみると(よく考えなくても:笑)リニアリティが良くないってことを言ってるのですね。以前に実験した通りのオハナシのようです。これは規格表からも分かるし、プロのLDMOS使いの方も言っているので、その通りなのでしょう。このことは、ハイパワーアンプを作るときの(大きな?)制約になるかもしれませんねぇ。もっともプリディストーション前提であれば、まったく問題にならないでしょうけど。

 次世代のHAM用リニアアンプは、LDMOS以外考えられないと勝手に思い込んでいた「予見」は正しいのかどうか自信が無くなってきました。ま、もっともIMD3は−30dB程度は得られるのですが、私的にはあまり特性がいいデバイスではないと思いますが、一般的にはあまり目くじら立てるほどでもない・・・てなところでしょうか?

 おっと脱線です。今、自作部屋の中に転がってるアイテムを並べてみます。

 (1)古の真空管リニアアンプの作成
 (2)SDR遊び(続き)
 (3)基板作成ソフトの習熟

くらいでしょうか?

 (1)はLDMOSアンプの反動で、大きく先祖帰りしていて、ぼちぼち穴あけを進めていますが、なんだか、けっこうアクロバティックな配置になってしまい、これから暑さが本番になってくるので、夏の間は果たしてマジに取り組むことができるのか・・・・うーーん、自信がまったくありません。ただ、個人的には温故知新で、狙いはけっこう面白いとは思っているのですがねぇ。

 (2)はまた、新たにローコストでもダイナミックレンジの大きな「空諜報短波加算」を注文してしまっています。これらと、いままでの「来夢ちゃん」や、「赤竜」や「冥王星」らをいじりまわしていますが、最終的にはそれらの特性比較ができるといいですね。特に「冥王星」はMATLAB/SIMLINKと抱き合わせで、m-codeの習熟&解読をするつもりでいます。というのも、SDRのソースコードを理解して自分で弄ろう(特にスクラッチで!)なんて大それたことは、まともな動作を実現するには、とっても敷居が高いと諦めているからです(大笑)。m-codeならなんとか扱えるレベル感ですね。

 (3)昔弄っていた、「」よりも最近は「キ描画」のほうが情報が多くなってきたので、少し弄り始めました。「融合」のサイトをみると、とんでもなく安い値段で基板が作れることに改めてびっくりしています。995xDDSの基板を作ったブルガリアの「折り目」は、もう一般ホビーストからの注文は受けていないのですが、それよりははるかに安い「融合」が使い易そうなので、いままで死ぬほど配線が面倒にも関わらず反吐をはきながら仕方なしに何度も作った基板(長いな:笑)と、まだチップが何個か残っているDDS用の基板でもでっちあげて発注しようと思っています。

 しかし、どうなりますやら・・・・これらは並行動作なので、いつになるか分かりませんが、久しぶりに何かまとまったらアップしていくつもりです。【2018.7.10】



【ウゴキモノ】  (前回に続く) で、買い替えた車種ですが、現車の2代後のモデルのマイナーチェンジ(後期)バージョンで、ディーラー試乗車上がりです。なので、今となっては、納車時点で最新車種ではなくなっています。実は、この時期に試乗車が放出されることは分かっていましたので、ネット情報を注視しては居ました。確かに、6月に入って出始めたのですが、色の好みが合いません。白と黒は人気があるので、やたら目につくのですが、私はシルバーメタリック一筋なので、この出物はなかなかありませんでした。

 そんなある日、久々に、ネットを覗くと、ドンピシャのグレード、品質、色、走行距離、年式のものが2台有りました。1年半以上の車検が残って、3000km以下ですから、希望に近いです。試乗車としては、あまりこき使われた感じはしません。昨今は、走行距離が20kmとかの、ディーラー展示車?みたいなのも出ていますが、どういうわけか、展示車でシルバーはまったく見当たりません。圧倒的に多いのは黒で、そういや、私も現車を買う時に見た展示車は黒でした。しかし、この値段は、殆ど新車と同じようなもので、お買い得感はあまりありません。

 とりあえず、一回冷やかしに行ってみるかと、2か所のUカー展示センターを訪ねてみました。この時点では、良いものだったら買ってもいいかな?という心持ちでした。実際に、試乗をお願いして、乗ったフィーリングもいい感じで、一緒に連れて行った嫁さんも、まぁ、悪くはないかな・・・てな感じだったので、第一段階はクリアです。

 実は、現車は14年も乗ってるので、ディーラー(Uカーセンター)では殆ど下取り価格は付かないだろうとは思っていましたが、お約束の一括査定を申し込んでありまして、速攻で買い取り価格を3社と交渉が進行中でした。これについては、ネット申し込みから、実際の反応までの時間が短く、びっくりしてしまいました。申し込んだ夕方に即電話がかかってきて、1社はその夜に自家を訪問して、概略の査定をしていきました。しかし、14年もたつと、本人の思い入れとは裏腹に、スズメの涙の金額しか出ないのは、けっこう悲しいものですね。もっとも、車検が取れないことを考えると、値段をつけてくれただけでもすごいことなのに、一見、どこも悪く見えない現車を前にすると、この心境は複雑です。なので、ディーラーがある程度の金額を出してくれれば、手続きが面倒なので、ディーラーに下取りも任す気になってしまいました。

 買取業者の査定を持って、ディーラーと交渉したところ、長く系列の車を乗っていたお礼ということで、下取り査定をアップしてくれて、専門業者のそれの3/5まで引き上げてくれました。これと車本体の値引きや、自動車税還付額とかを考えると、かなり納得できる総支払金額になったので、これで手を打つことにしました。なんと、この間は3日ですから、決まるときは早いですね。新車を買うのと異なり、試乗車は一期一会ですから、即決しないと手に入るかどうか分からないという、スリル感をたっぷり堪能してしまいました

 結果的に、諸経費込みで比較すると、新車に較べて軽く3桁万円以上安いようです。一年半オチの走行距離の少ない車と見ると、まぁまぁではないでしょうか?この車、元値もけっこうべらぼうなので、絶対額はそんなに安くはありませんが。結局、現車を買った当時は、「次もマルチシリンダーじゃぁ」とかほざいていましたが、いまや、多気筒エンジン(=私の定義では6気筒以上)なんて、社会悪そのものですから、今回はお決まりの直4ハイブリッドになってしまいました。このあとの顛末については、納車以降、少しずつ書いてみようと思います。【2018.6.26】



【ウゴキモノ】 なんと、いきなりですが、車を買い替えました

 現車を買ったのが14年前の4月ですから、トータル14年と2か月も乗ったことになりますね。3リッターV6で、走行距離は9.5万kmですから、あまりヘビーに乗らなかったというのが実感です。ただ、塗装のヤレも少なく、エンジンの廻り方は極めてスムーズかつパワフルで、いまだにあまり不満はありません。

 実は、問題さえなければ、来年の車検も通すつもりでいたのです。ところが、この4月に1年点検に出したら、とんでもない宣告を受けています。曰く、オイル漏れ(初期で引火はしないと言われたがかなり深刻そう)があったり、その他の高い値段の部品交換が必要らしく、車検を通すには目の球が飛び出る金額が必要になると言われてしまいました。車両の残存価値を考えると、そんな馬鹿な!というレベルなので、ここに、次の車検を通すことを断念せざるを得なくなりました。

 最初は、ディーラーの「買い換えを促すための陰謀か?」なんて思いましたが、ま、幾分そんなキライもあるのでしょうね。ただ、調べてみると、指摘された改修を(高いので有名な)ディーラー以外でやっても「目が飛び出る金額」が2/3くらいになるだけで、飛び出る目の度合はあまり変化がないようです(苦笑)。

 もしかして、前前回、前回の車検の時に、「最低限の補修でいいから安く上げてね」とお願いしたのがアダとなったのかもしれません。長く乗るつもりであれば、車検毎の危険個所のリペアを怠らないようにすべきだったかもしれません。ところが、車検を安く上げて、なおかつ長く乗ろうなんてスケベ心を出したのが失策だったように思えます。二兎を追うとダメですね(苦笑)。

 ま、そうは言っても、この状況では(15年間も乗って)来年の4月に廃車にして、その時は小ぶりな車に買い替えようと、諦めの境地になっていました。なんとなーく、齢(よわい)を重ねると、現車のような尖がった車ではなく、品質さえ良ければ、あまりガタイの大きくない車にしようと漠然と考えていました。候補は2年前のカーオブザイヤーを獲った車種がいいかな?なんて・・・・。ただ、そんなことを言うと、嫁さんはどちらかと言うと候補の車はお気に召さない様子でしたが(笑)。

 実は、現車の3代後の車がこの6月末にデビューの予定であるのは知っていました。しかし、事前のリーク画像を見ると、「これは買わない」と即座に判断は出来ていました。古いオヤジの感覚ではちょっと受け入れられないフロントマスクです。おまけに私は旧来のノッチバックスタイルが好きなのですが、今度のはファストバックスタイル(所謂クーペスタイル?)なので、これもお気に召しません。これだと、売れないだろうなぁーーと思っていたのですが、現車の担当者に聞くと、「けっこう予約は入っている」と言っていました。うーーん、もしかして私は時代のトレンドに取り残されてしまったのかもしれません(苦笑)。続く 【2018.6.25】



【Social】 米朝首脳会談の顛末について少し。

 会談終了しての最初の感想は、Tsubuyaki前回の(2)で示したパターンに近く、何も具体的なことが決ってないから、実効が無いなぁ・・・でした。フェイクメディアはみんなこんな風潮ですよね。しかし、よくよく考えてみると、ここで公表できる表現なんて、いまだにガチの攻防が収束しない交渉事では、あの程度が精一杯だろうと思います。まずは、豚君を世界の面前に引きずりだすことが大事です。ここで、CVIDだ、リビア方式だと喚けば、面子が大事な豚は地下養豚場から出てくるはずもなく、首脳会談はドタキャンになるのがオチでした。

 まずは引きずりだすことには成功したわけです。そこで共同声明の中身ですが、基本的に、「具体的な核廃棄のプロセスはこれから詰める」で、何も問題はありません。昔の六か国協議が失敗に終わったのは、トップの合意無く実務者がやっていたからです。今回はトップが「朝鮮の完全な非核化」を実施すると明言したのですから、そこがまず大きな前進です。

 さて、ここで米国が「譲った」ものはなんでしょう?・・・・ありません。
経済制裁は「あきらかな核廃棄プロセスの進展」が見られない限り(公式的には)解かれません。現在でも制裁は効いていますから、早く核廃棄のプロセスを進めない限り、北は困窮し続けます。米韓合同軍事演習の中止については、核廃棄にむけて努力している限りはヤラナイというのは一定の理解が得られます。もともとトランプは在韓米軍の撤退を視野に入れていますから、これは米国の利益でもあります。朝鮮戦争の終結に関しても触れられていません。要するに、これから、実務レベルでCVID核廃棄プロセスを進めるからしっかり対応しろ、さもなくば、制裁強化&軍事オプションは無くなったわけではないよ・・というわけです。

 北に関しては、背負ったものは、「核廃棄に向けたプロセスの実施」です。得たものは「米韓合同の軍事演習の中止」と束の間の「体制保障」です。豚にとっては、体制保障が最大の要求ですし、米韓合同軍事演習を止めさせたとあっては、北に帰れば、これは大成果として誇れるでしょう。

 要するに、米国はその国益を損なう譲歩をせずに、北に完全核廃棄を約束させたということになります。リビアでの核廃棄プロセスの交渉では、カダフィが核廃棄を決断してから9ヶ月も実務者協議が続いたそうですし、米国はリビアをずいぶん尊重して扱ったようです。今回もトランプは「歯が浮くような褒め言葉」を豚に掛けていますが、なにやら交渉というのはそういうもののようですね。成果を早急に出そうと、馬鹿の一つ覚えのようなコワモテな対応をするだけでは能がないということなのでしょう。

 もっとも、今回の交渉経緯を見ていると、米国は北が核弾頭を積んだICBMを作るにはまだまだ時間がかかると判断していると思います。ちょっと前までの下馬評では、今年中にも完成するような勢いでしたが、その後の観測では、この話はだいぶトーンダウン気味です。だって、本当に危機が迫っているのであれば、四の五の言わずにぶちのめすのが米国の本性ですからね。【2018.6.13】



【Social】 なんだか不思議な様相を呈してきました。

 トランプの「米朝会談はやらない」の一喝でビビりまくった北豚は、得意の恫喝芸風を一転させて、超へりくだりモードになったので、米朝会談の開催が急遽決まりました。これで、米国の優位性が全世界に示されたのですが、金ヨンチョルがトランプに会ってからなんだかトランプの様子がおかしいのです。

 曰く、「最大の圧力を掛けるとは言いたくない」「今回の会談は挨拶程度かもしれない」「核廃棄はゆっくりやればいい」「一回の会談では全ては決まらないので、何回か会談を重ねる必要がある」等々、えらい融和ムード満載じゃないですか!

 どうもこの変化に関しては専門家でもまともな解説をしている人が見当たりません。今回は信頼している藤井さんも、まだ真意を掴んでいないようです。仕方がないので、素人的見方での可能性としては、以下のようでしょう。

(1)北を油断させるための演技説
 事前は融和ムードたっぷりで、北を安心させておき、シンガポールでは強硬に変節して、一気にカタをつけるつもり。
(2)ノーベル平和賞&中間選挙に目がくらんだ説
 ここで、核廃絶の「道筋」を付けた形にして、この2つの勝利をもぎ取る算段でいる?具体的な核廃絶手段に関しては、事務方に丸投げ?

 大きく分ければ、極端な上記2案に分けられるのでしょう。水面下で「本当は何が進行しているのか」については、今回、安倍―トランプ首脳会談があり、12日以降にトランプが日本に寄って報告するらしいので、その過程である程度明らかになると思います。現時点では、北が米国にへっつらって、「トランプが相当に機嫌が良くなる提案」をした(この前の金ヨンチョルのワシントン訪問時)と考えるのが自然です。

 果たして、顛末はどうなるやら? トランプといえど、先人の愚行(北を甘やかして核開発を進めさせた)を繰り返さないとも限りません。注意深く見ていく必要がありますね。くれぐれもフェイクメディア報道に追随して、目を曇らせないようにしたいと思います。【2018.6.7】


【Social】いやー、動く動く、何って半島情勢ですね。

 既に始まっていた米韓合同演習に難癖をつけて、南北首脳会談をキャンセルしたかと思えば、米朝会談も中止の可能性を示唆した豚君でした(笑)。その後、水面下の交渉にまったく誠意を見せずに、ついにトランプの方から縁切状=米朝首脳会談中止が届きました。悪いのは、交渉に応じない豚陣営であって、「核を使わないで済むことを神に祈る」とまであからさまな武力行使の含みを持たせました。これは、やる場合は「戦術核も辞さず」というステージをあげたコメントで、養豚場(地下壕)ごと破壊するぞとの脅しです


 まぁ、豚が2度目にキンペーに泣きつきに行ったとき、キンペーは「安易に会談を開いたらトランプに押し倒されるから、これまで通り強がっていて、“会談が開かれないのはトランプのせい”だというように国際世論を形成しろ!」とでも吹き込まれたのでしょうねぇ。キンペーにしてみれば、自分の影響力アップと、米中貿易交渉に関して楔を撃ちたい思惑からか、北豚問題にしゃしゃり出てきたというわけです。トランプはキンペーに「余計なこと(アドバイス)はするなとコメントしていますから、アドバイス内容は掴んでいるのでしょう。

 結局、大方の予想通り、完全かつ、検証可能、不可逆的な核放棄(それ以外にも生物兵器、化学兵器も含んでいるらしいが)には、やっぱり豚君は応じられないのでしょう。経験の浅い豚君は、最初こそ国際舞台で脚光をあびて、いい子ぶっていましたが、いまやキンペーからの脅しと、豚軍隊からのつきあげを食らって、ヘタをすると寝首を書かれる恐怖を味わって、先祖がえりしたのではと思います。

 ただ、今回、トランプの方から米朝会談中止を申し渡したのは大きな意味があると思います。入れ知恵したキンペーにしても、北豚にしても「トランプは折れる」と見ていて挑発したつもりが、きっぱりと「完全かつ、検証可能、不可逆的な核放棄」が成らねばまったく交渉の余地はないことがはっきりしてしまったからです。これは、米朝首謀会談で、折り合わずにトランプが席を立ったと同義語なのです。

 さて、劣勢に立たされた豚(&キンペー)は25日朝に、さすがにびっくりしたのでしょうか? 北の外務次官がトランプにおべっかを使い始めました。トランプのブラフ効果は絶大なようです。して、今後はどうなる???外交って面白いですねぇ〜〜〜〜(笑)。【2018.5.25】



【Social】 いやー、朝鮮情勢は日々動いていますね。

 前回のTsubuyakiに在韓米軍撤退と北の完全核放棄をディールできたらいいだろうみたいな話を私の願望レベルで書きましたが、どうもそういう方向の風が吹き始めたようです。

 もともと半島全体の非核化については、板門店宣言で、南半島から先に言いだしています。米国にとって、南半島などはもう守る価値も無く、信頼は全くないので、トランプは、いつ、在韓米軍撤退を「カード」に使えるかと虎視眈眈と狙っていたのでしょう。トランプも3人の米国人解放を喜ぶ際のコメントで「半島の非核化」とさりげなく言っています(笑)。

 北の体制保障+経済援助(こりゃ、日本の北に対する大東亜戦争の戦後補償か)+在韓米軍(含む核)の撤退のセットに対して、北の完全かつ将来にわたる不可逆的核の廃絶+拉致問題の解決は十分協議できる「ディール」になると考えられます。支那も、これには異存はないはずです。なにせ、支那にとって在韓米軍は目の上のたんこぶだからです。

 もっともそうなると、今後の支那の半島に対する恫喝は想像を絶するようなレベルになるでしょうが、そんなことは知ったこっちゃありません。日本にとってみれば、支那との軍事境界線が対馬になる(南半島が支那の完全属国化)危険はありますが、それより、北が中距離核を温存しているほうが、数倍も厄介です。支那の台頭もあるかとは思いますが、そこは日本がもっと深刻に支那に対峙しなければならないと思います。もちろん、日米同盟は強固ですから、さすがに支那が正面切って対馬に手を出すことは「当面ない」と思います(それよりは尖閣への上陸が先でしょう)。

 この「ディール」で一番損をするのは、南半島ですね。どんなに米国に無礼を働いても、米国の核の傘は保持されるなんて、寝ぼけた甘えに浸っていたので、このあと国の存続が問われる事態になります。支那の属国になるしかないのでしょうね。あるいは、北主導で半島は統一される?ただ、北にしても、平時になったら、北豚一族はどうなるかわかりません。体制維持の保証というのは、「米国があえて北豚の斬首をしない」ということだけですから、目覚めた北の民衆(あるいは軍の)蜂起で、リビアのカダフィのように惨殺されないという保証はありません。そうなったら支那が介入して、ヨーロッパに匿ってる正男の子供を担ぎ出すでしょうけど。

 さーって、米朝会談が楽しみになってきました。【2018.5.15】




【Social】 面白い!

 トランプがイラン核合意を離脱しました。あんないい加減な合意を脱して、制裁したほうが、核ドミノを防ぎイスラエル&サウジを利する本来の米国の戦略に戻ったといえます。シェールが出たので米国は中東から少しずつフェードアウトするのでしょうね。

 それよりなにより、今回のような中途半端な合意からは離脱するというのは、豚に対して、きわめて有効なメッセージを送っています。曰く「段階的な核廃絶なんて許さん!」と言ってるに等しいからです。豚は怖気づいて支那に泣きつきましたが、さて、その効果は?支那は豚を許してませんから、在韓米軍撤退を米国が言い出せば、米国よりの核廃絶(リビア方式)を認めるのじゃないか。。。。と思いたいですね。それで、金王朝がクーデターでやられたら、扱いやすい亡命遺族(正男の子)を立てて、傀儡政権にすればいいというわけです。

 米朝会談はどうも板門店ではなく、シンガポールあたりになりそうですが、果たして、豚が出てくるのやら?それにしても豚の乗ってきた飛行機は、あれ、いつの時代のロシア機だ?尾翼に4発なんて見たことない骨董機ですからね(笑)。調べたら、60年代のイリューシン(ソ連)のものらしいです。しかし、あれではシンガポールまで飛ぶのは無理かもしれませんね(笑)。【2018.5.9】



【Social】 なんだか変な具合になってきましたねぇ。

 南半島内では朝韓首脳会談の後は、「北豚が信頼できるというイメージ」が確立しちまったようです。なんと南半島の調査によると、豚が信頼できると答えた南半島人の割合は7割以上ですから、南半島人は底なしの馬さん鹿さんになってしまったのですね。叔父を高射砲で肉片にして犬に食わせ、兄を毒殺する糖尿豚がですよ!なんせ、茶番の首脳会談が民族意識を刺激して、平和ムード一色になっちまいましたからねぇ。まぁ、北のオリンピック乗っ取りからの動きをみれば、遠からず予想は出来ましたが、実際、こんなに北のやりたい放題になるとは思っていませんでした。

 事態は米朝首脳会談が行われるまで、今までとまったく変わりないとは思っていましたが、ここにきて、トランプの動きに微妙な変化が表れてきました。板門店で首脳会談をやってもいいようなツイートをしています。これは、ノーベル平和賞をゲットする最高の演出を考えているのではないかという噂もあります。トランプ本人は「もらう気満々」のようですから。そうなると、米朝首脳会談は核廃絶ではなく「休戦状態の終了=終戦」に主眼が置かれてしまうかもしれません。しかし、終戦になっちまったら、軍事オプションが機能しなくなり、当然のことながら核の廃絶なんてできはしません。

 ボルトンが「リビア方式」の核廃絶とか言っていても、核放棄は事務方の交渉にまかせて、トランプ本人は、「米朝終戦」の「美味しい果実(=ノーベル平和賞)をほおばる」ことに注力してしまわないか???これは怖いです。もし、そうなったら、北の思うつぼで、豚はまさにそこを狙っているのだと思います。もちろん、そんなことは米国は百も承知なので、トランプが板門店で「ええかっこできる」という情報はまだありません。

 しかし、朝韓が良好な関係ならば、仮に、米国が北爆をしても北は韓国には報復しないだろうから、ここは米国の武力攻撃に対するフリーハンドがかえって増えたと思うのですが、どうなのでしょうねぇ?一説には、北が「本当に」核廃絶に応じる可能性がゼロではなくなったという話も聞こえてきます。そうなれば、ベストなのですが(トランプだって平和賞もらえるぜ!:笑)、まぁ、今は、いつどこで米朝首脳会談が開かれることになるのか、固唾をのんで見守るしかなさそうです。【2018.5.7】



【Social】 さて、安倍首相のトランプとの首脳会談です。話題は北朝鮮問題と貿易問題でしょうが、まずは北朝鮮に関して。

 現在、米朝双方の主張は真っ向から対立しているのはご案内の通りです。トランプ(&ポンペオ&ボルトン)は核の検証可能で不可逆的な即時廃絶を唱えていますが、北豚は、朝鮮「半島」の段階的核廃絶と言っています。北は、行動には行動の原則で、制裁を緩めてもらうのが先決で、それを確認後、いくばくかの核廃絶への段階的対応を行うというもので、まぁ、その通り認めれば、どこかの時点で米国へ届く核ミサイルは完成しますし、核廃絶は半島全域を指しますから、当然、韓国の米軍駐留(当然戦術核は持ち込んでいる)を止めさせる条件も含むわけです。

 もちろん、こんな寝言をトランプが聞くはずはありません。今回、北の米朝会談の呼びかけに即答して、びっくりしましたが、今、一番うろたえているのは北豚ですね。トランプは昨年に続き、シリアに105発のトマホークを打ち込みましたから、やるときはやるのです。北豚が支那と復交したのは、如何に北豚が恐れているかを端的に示していると思います。

 よく考えると、トランプは中間選挙にむけて、うまく戦略を練っています。

・米朝会談で、米国の主張が受け入れられなければ、席を立って、武力行使に移行
・米国の言う通りになれば、これは、しめたもので、ヘタするとノーベル平和賞もの(笑)


 と、いずれに転んでも選挙対策として有効です。武力行使、それも瞬時に勝利が決まる北豚討伐戦は中間選挙むけパフォーマンスとして最高(米国はそういう国)です。もちろん、米国の要求を北豚が飲めば(まぁ有り得ないでしょうが)、これも中間選挙は圧勝でしょう。つまり、どっちに転んでも、トランプに「負け」はないのです。

 もっとも、支那が北豚の後ろ盾になったので、武力行使は不可能になったという見方もこれありですが、何をしでかすのかは予測不能なトランプですから、「テーブルに並べられた選択肢」から、北爆が安易にかつ不可逆的に消えて無くなることは考えにくいです。昨今では、どうしても分の悪い北豚が会談に応じないのではないかとの見方が出てきています。たぶん、現在ではその可能性が一番高いのでは?と思います。であれば、

・会談実現にむけて米国は努力したが、豚が応じなかった

 として、核廃絶には向かわないことが明らかになったので、これを理由に武力行使が可能です。まぁ、トランプのことですから、ディール大好きなので、当然、なにか隠し玉はあるでしょうけどね。【2018.4.18】



【Social】 最近、新聞報道がひどすぎますね。特にアカ日新聞は、もう印象操作そのもので、まともな報道を行っていません。財務省理財局の文書書き替え問題で安倍内閣を追い込めないとなると、今度はプロセスになんの問題も無かった加計学園を蒸し返しています。一地方自治体の公文書でもないメモに「加計問題は首相案件」なる文言を見つけて大騒ぎしています。国会集中審議で馬鹿クズ野党議員は、「安倍首相が答えないから」とこれも騒いでいますが、これも何をかいわんやで、そんなメモなんか首相が知ってるわけはなくて、答えようが無いじゃないですか。この案件は岩盤規制突破の国家戦略特区案件なんだから、「首相案件」とはその意味だと公知となっても、ぐずぐずと「首相が指示したんだろ」という印象操作ばかりやっています。ところで、中央の役人や官邸では「首相」とは言わず「総理」が普通なので、メモとやらも、地方公務員の単なるツブヤキレベルだったのでしょう(笑)。

 こんな馬鹿やっていても、安倍政権の支持率は回復して40%を超えてきました。一方、支持率では野党最高の立民は二桁を切って、ジリ貧傾向です。さすがに国民も分かってきたのでしょうね。新聞読むと世の中を間違えるということに気づき始めたのでしょう。また、あの原理主義の立民の本来の支持率は5%あればいいところでしょうから、まだまだ高すぎるとは思いますが。ことほど左様に、モリカケを騒げば騒ぐほど、一定時間たつと、安倍政権の支持率は復活し、馬鹿クズ野党のそれは、ドンドン低下していくと言う構図です(大笑)。

 ここで面白いのは、歴代の短命政権の支持率は、発足当初からつるべ落とし的に低下して20%を切ったあたりで政権交代しています。福田内閣以降、野田に至るまで一つの例外もありません。まさに支持率急降下で退陣というパターンです。鳩山なんて一度も反転せずに真っ逆さまの急降下爆撃でした(笑)。ところが、第二次安倍内閣はいままでに支持率低下の機会が3回はあったかと思いますが、最低でも40%をちょっと切ったあたりで下げ止まって、いずれも復活しています。

 これを見ると、アカ日新聞は思うようにならないので「はらわた煮えくり返る」のでしょうね。かといって、他に手段もないので、新聞であれば購読者が離れようと、馬鹿クズ野党であれば支持率が下がり続けようと、安倍攻撃をやり続けて、なんとか安倍3選を阻止し改憲発議を回避したいのでしょう。これって、支那のために働いてると言われてもおかしくない奴らですよねぇ(怒)。【2018.4.12】



【Social】 森友問題は政治の関与が無いと言う点では決着がつきました。この後の公文書偽造問題に関しては、司直に委ねればよく、証人喚問なんかで都合のいい証言が引き出せると思っているとしたら、そんな野党は、馬鹿そのものです。証人喚問は正当な理由があれば証言拒否が当然の権利として認められるので、馬鹿な野党の質問力では、コケにされて終わるのがオチだと思っていましたが、案の定その通りになりました。佐川の答弁は基本的に安全運転だったと思います。馬鹿野党のクズ質問に付け入るスキは与えませんでした。

 野党の馬鹿さ加減の一例を挙げると、佐川が、官邸、政治家の関与は否定するのに、文書改竄の経緯に関してはきっぱりと証言拒否するのはおかしい(怪しい)というバカ野党議員(F山とか)の批判がありますが、前者は他人の行為なので証言しても刑事訴追になることはなく、後者は佐川本人の行為であるのでば、訴追の対象となり、証言拒否は当然の権利なので、まったく「おかしい」ことは無いのです。こういう「基本的」なことも分からず、新な証拠も示さずに「忖度だ、怪しい」を繰りかえす、野党は本当に馬鹿です。それ以外に言葉がありません。

 さらには、詐欺罪で起訴拘留中の篭池にヒアリングしに行って、結局、何の成果も得られなかった馬鹿議員どもにも、怒りを通り越して哀れみが湧いてきますね。嘘をつくのが生業だった篭池に話を聞いて、なにか得る物があると思う、馬鹿野党議員の存在は許すことができません。こういうバカが国会で森友騒ぎをすると、1日あたり3億円も歳費がかかります。はっきり言って、これほどの税金も無駄遣いはないでしょう。一体誰がこんなクズどもを選出したのでしょうか!

 一方、森友なんかより一億倍も重要な案件があります。そう、北豚が最後?のカードを切ってきました。トランプの姿勢に恐れをなし、もう、制裁がとんでもなく効いてきて、にっちもさっちもいかないので、いままで仇敵だった支那に救いを求めたというところでしょうね。なにせ、トランプはマクマスター大統領補佐官の替りに、あのボルトン元国連大使を任じたのですから、これは穏やかではありません。彼はイラク戦争の首謀者で、戦争をやる気満々ですし、いま、トランプ政権は、対北、対支那超強硬派で占められていますから、北豚も相当にビビってると思います。米朝会談で、核放棄をトランプに問われ、いい加減な回答をしたら、トランプはそれこそ席を立ってその場で北爆を決断しかねません。流石の北豚も、いままでのハリボテロケットで、米国を脅すのは限界とみたのでしょうか? いずれにしても5月と言われる米朝会談までは、本当に目が離せませんね。【2018.3.28】



【Social】 いやーー、ひどい。

 メディアはマスゴミじゃなくてカスゴミ。
 財務省はガキのいたずらのレベル。
 今回は政治の関与無し。ついでに野党はクズ!

 何って、森友決裁文書書き替え問題です。

 結局財務省の佐川なんちゃらの当時理財局長時代の、国会で「間違って」答弁した内容を、近畿財務局の下っ端が「やっべー、理財局長が間違った答弁しちまった。森友の売買契約の決済文書の添付資料を全部直しとかねーと!」とやったのですね。もちろん財務省本省からの指示もあったとでしょう。財務省にしてみれば、証拠(書き換えたあとの文書)は大阪地検にあるので、しらを切りとおそうと思ったのが、首相官邸が、大阪地検に要請して証拠を見せてもらい、「政治関与は一切なし」と判断したので、財務省をきつーーく詰問してるというのが現状でしょう。

 答弁を間違えたのなら、素直に訂正すりゃいいのに、なんなのでしょう、この隠ぺい体質は!無能な上司(ここでは佐川)を持つとひどいことになるっちゅーのは何処でも同じですね。ま、しかし財務省は今回の不祥事で相当な処分&構造改革を食らうのは明らかです。昔の「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」では、財務省から金融庁が分離されました。今回は理財だから、国税庁が財務省指揮から分離されて社会保険庁と合体して、歳入庁として独立ですかねぇ(高橋洋一説)。

 一方で大阪地検のアカ日新聞への情報リークが疑われますが、アカ日にしてみると、リーク元を明かせば、大阪地検に犯罪者を作ることになるので、証拠は出せずに、「確認した」というあいまいな表現に終始したわけです。聞くところによると、この書き替えは、添付文書の、それも決済事実を歪める(金額を書き換えたとかいう「改竄」ではない)ものではなく、添付文書のあの程度の書き換えでは、到底起訴できるような代物じゃないらしい(法曹関係者X)です。では何故リークしたかというと、これは起訴できない場合、この案件は検察審議会に送られて、あらいざらい証拠を見せろよいう方向にいく(検察に嫌疑がかかる)ので、それを恐れて、リークしちまったという説があります。なんともはや・・・みんな自分の事しか考えてないのですね。

 いずれにしても、カスゴミの偏向報道はここに極まれりで、印象操作に徹していて、内閣倒閣しか目的になっていないものですから、何でもありです。こんなメディアはまったく信用ができません。新聞なんて、もう読む気がまったく起きませんゎ。いずれにしても、徹底的に財務省をボコって、消費税増税凍結、歳入庁新設になってもらいたいと思います。ぜひ、政治主導でやって欲しいです(怒)。【2018.3.14】



【Social】 南の特使が北豚に会い、4月末に朝韓?首脳会談が実現するということらしいです。北豚は、

*対話が続く間は、追加の核実験や弾道ミサイルの試射など戦略的な挑発を再開しない。
*非核化問題の協議と米朝関係の正常化のため、米国と虚心坦懐に対話をすることができる。
*軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保障された場合、核兵器を保有する理由がない。
*核兵器はもちろん、在来型兵器を韓国に向け使用しない。


 と言ったらしいです。一言、これは核弾頭搭載可能で米国に届くICBMの完成までの時間稼ぎでしょうね。絶対に核開発放棄など、北豚が選択するはずはありません。こんな変化球を投げてくるのは、北豚への制裁が相当に効いている証左です。彼らも相当に厳しい冬を過ごしている筈なのです。殆どの北の船舶は商行為が出来ない状態らしいですから。

 米国も、こんな声明はまったく信用していないようです。平和への機運が高まったなんて言ってるのは御花畑なメディアと左巻きパヨクだけでしょう。この時間稼ぎのもとで、着々を核&ICBM開発を加速するはずです。「軍事的脅威が解消される」ということは、韓国が米韓同盟を廃棄し、在韓米軍が退去することですから、それが実現できるまでは、核&ICBM開発続けると言っているので、従来となんら変わるものではありません。

 続報を追わないと確たるスコープは持ち得ませんが、現状では、何の進展もないと理解すべきだと思います。それでも、アカ日とかは、「対話すべき」といった論調で、無知な大衆に向けて危ないプロパガンダを振り撒くのでしょうねぇ(怒)。【2018.3.7】



【Social】 昨今の支持政党調査で面白い結果が出ました。なんと、絶望の党の支持率が1%を切って、0%台と報道されました。これって、議員が2人かそこらの社民党と同じレベルの支持率なんですねぇ。これでは、その他大勢とごっちゃにされて、政党支持率調査の場合、政党名が調査に現れることは無いということになります。議員って何人いるのかな?と思って調べたら、まだ、50人も衆院に居るのですね。こいつら50人まとまっても、存在がゼロと国民に見做されたわけですか。こんな奴らに議員報酬とか歳費を提供するのは、無駄の限りを尽くしていることになりますね。だって、国民が全く支持していないということは、「国民のために政治をすべき」議員ではないと認知されたということですから。すなわち、議員報酬を払うということは、世の中にゴマンといるゴクツブシに「無駄遣いが確実の小遣い」をやってるに等しいわけです。国民に支持されていないということは、院内に議席が存在し活動することの全てが無駄だということです。当の党員にこういった意識は無いのでしょうか?

 まぁ、面子を見ると、もう、党首からして、どうでもいいようなクズ共ばかりなので、コメントするのも面倒なのですが、これだけの無駄な人数を国会で遊ばせておくのは、本当に歯がゆく思ってしまいます。当人たちは、このまま次回の衆院選があれば、全員落選でしょうが、コイツらのDNAは選挙互助会そのものですから、さっさと脱党・解党して、勢いのある勢力に紛れ込むような節操なしなので、もう、現時点で、害にしかならない政治活動を強制停止させたほうがいいと思います。

 そういや、書いていて思い出したのは、きゃつ等、前回衆院選の公約が12のゼロ(原発ゼロ、・・・花粉症ゼロ(馬鹿か)・・・)でしたが、公約の一番最初に実施したゼロが、支持率ゼロですから(大笑)、なんとも、屑な度合もここに極まれりてなもんでしょうね.。安倍さんのアカ日新聞評じゃないですが、パヨクって本当に哀れですねぇ・・・。【2018.3.1】



【その他】 いやー、保険会社のあざとさを目の当たりにしてしまいました。築10年になったので火災保険の更新のための契約書類が届いたのですが、なんと5万円もアップしていました。聞くところによると、全焼した場合に現状復帰するための建築費は当時に比べて10%以上も上がっているとか、当時はつけなかった家具補償を500万もつけてるとか、さらには、普通の感覚ではつけない免責条項をたっぷり盛り込んで提案してきていました。なんぼ何でもこりゃひどすぎるので、担当者に連絡すると、いろいろ言い訳していましたが、結局、10年前の相当額に家具補償の200万で再提案してもらうことになりました。

 同時に地震保険もどうするか考えています。10年前は、ヘーベルなら少なくともたいていの地震でも半壊にもならないでしょうから、当時は地震保険はつけなかったのですが、今回は少しひよってきて最低限の備え(建物の火災保険額の半額が最高)はしておこうかなぁ?とも考え始めました。首都直下の場合、角田さんの著書によると、事前の兆候があるらしいのですが、まだ、その兆しは見えていないとはいえ、この分野は、何が正しいのか皆目わからないので、備えは厳重にしたほうがいいのでしょうねぇ・・・【2018.2.27】



【デジモノ】 なんと、昨日出張帰りにヨドバシに寄ったら、X-H1の実物が展示されていました。そういえば2月15日発表とか言っていたので、まぁ、一か月くらいすれば、発売後の実物が見られるんだろうくらいに思っていました。なので、あまりの早い登場にびっくりしてしまいました。あまり気づいている人もいなかったのですが、ちょいと用事もあったため、軽く触る程度しかできなかったのは残念でした。外観の出来の良さは、一見T2よりもGFX-50(中判)に似た武骨さが、なかなかそそらせてくれます。

 手振れ補正は、展示してあったXF100−400で見てみましたが、いやーーー、本当に「止まります」ね。ただし、あとから入手した情報では、ILIS(レンズ内手振れ補正)のあるレンズは、そちらの補正のほうがIBIS(ボディ内蔵手振れ補正)より高性能なので、補正軸の分配は、レンズ側の補正を優先するんだそうです。なので、これだとXF100-400はほとんどILISのみになるということなのでしょう。それなら、T2でも補正度合いは同じかな?とボディを交換したら、やっぱり強力な補正がかかってるのが確認できました。このレンズを使うなら、T2でも十分ですね。

 あと、一見で、気に入らないのが、露出補正のハードダイアルが無くなって、汎用ダイアル+LCD表示になってしまったことです。絞りと露出補正のハードダイアルは一番使うのにーーーということなのですが。ま、これから、その他の様子は事あるごとに店頭で見ようとは思いますが、初見では、「強烈に欲しいーーー」という感じでもなさそうです。Pro2発売の時よりも感動は無いですね。プロセッサの変わるT3かあるいは、H1の後継のH2が次世代機のターゲットになりそうです。

 話変わって、この前、嫁さんと新宿御苑のポプラ並木を撮りに行ったとき(これ、白黒で数年続けて撮っています)、面白い会話がありました。実は、最近スマホでも、カメラを2台搭載して、ポートレートモードなる、人物に焦点を合わせ、背景はぼけて人物が浮き上がるモードが選べる機種があります。これで、娘のポートレートを撮って背景をぼかしたり、パンフォーカスに戻したりして見せたのですが、開口一番「スマホで写真が十分の人ってさ、くっきり写るのが好きなのよ。こんな背景のぼけた写真なんて、イチガン好きの少数派が珍重するだけなんだから、こんな機能、ほとんどのスマホユーザーには不要じゃない?」ですと。

 まぁねぇ、おっしゃることはごもっともだし、一方で高めのイチガンを持ってるような人は、スマホカメラなんてメモ代わりなんだから、こんなポートレートモードがあっても、あまり使わないわな、と思っていたので、要は、スマホカメラ主力派のマジョリティからも、ちょい高めのイチガン派のマイノリティからも不要な機能が「スマホカメラのポートレートモード」だという事になるのですかねぇ(笑)。そういや、この機能、発表されたときはけっこうセンセーショナルに扱われましたが、最近、とんと注目されませんから、早くも飽きられたのでしょうかねぇ?たしかにぼけ領域と合焦領域のつながりがあまりスムーズに見えず、ちょっとがっかりしてはいたんですよね。【2018.2.17】



【Social】 いやー、しばらく書かなかったですが、半島情勢の変化の激しいこと。

 北豚は完全に南の蛮族酋長を手下に迎え、オリンピックを政治利用していますが、いまのところ大成果をあげたと考えていいでしょう。豚の妹に家来のごとく這いつくばる南半島の酋長は、もう、完全に北の下僕に成り下がっています。米韓同盟より同朋を重んじている姿勢がありありです。

 今回決定的だったのは、なんといっても北豚の妹が、蛮族酋長を「北の養豚場にて豚と土人の飼育会議をやりたいので来て欲しい。8月15日(終戦記念日)以降で調整したい。」との申し出に、蛮族酋長は臣下の礼をとるように二つ返事で応じたことです。

 これは、「北豚のICBMが夏を過ぎれば確実に完成する」と受け取るのが普通の見方でしょう。つまり、今回のオリンピックを人質に、米韓演習を先延ばしさせ、またもや時間稼ぎで、ICBMを完成に持っていこうという腹なのでしょう。ただ、以下に述べるように、米国にとっては、そんなことはどうでもよくて、大気圏再突入可能なICBMの完成時期がより明確になった程度にしか思わないでしょう。

 北は軍事パレードをオリンピック開会日に実施し、対話なんかで核を放棄することは絶対に無いと、世界に公言したようなものです。米国はどうするでしょうか?もう、当たり前のように明らかなのが、さすがにこれでは戦端を開かざるを得ないということです。あとはトランプが何時決断するかですが、米韓合同演習終了間際か、あるいは少し間を置いても、夏になるまでにはと思われます。ただ、これは突然のアタックになるので、在韓の米人、日本人を避難させることはしないでしょう。少しずつ漏れ伝わってきますが、米国の持てる限りの攻撃力を駆使して、北豚の反撃を許さずに壊滅させるしか、手段はありません。

 ただ、米国にそういう気配(日米人退避の兆候)があれば、北は先手を取って暴発しますから、横須賀(米海軍)か三沢(米空軍)にノドンを打ち込むでしょう。ま、ノドンの積載量は700kgくらいですから、まだ、核は積めません。なので大した被害にはならないと思います。しかし化学兵器か生物兵器だとコトは少し厄介です。ただ、そうなれば、米軍の反撃に合って一瞬のうちに「北半島蒸発」の憂き目にあうので、もしかして、北豚だけでく、日本の馬鹿な御花畑なパヨクをぶちのめす意味ではその方がいいかもしれませんが、流石に日本の被害もゼロじゃないでしょうから、出来れば避けたい選択肢です。何も言わずに、何の抵抗も許さずに、一気に北豚を葬って欲しいです。

 それにしても今回のペンスの訪韓は快哉でした。米国選手団が入場したとき以外は、とんでもなく怒りのオーラを発生させ、首脳会談でも、一国の元首を相手に米国の主張をぶちまけただけで、一切、蛮族酋長の言うことは聞かなかったといいます。米国はここまで怒ってるのだぞと全身で表明してきたわけですから。安倍首相にしても、売春婦合意の履行要求なんてどうでもよくて(言っても聞かない)、「半島有事の際の自衛隊艦船の韓国寄港を許可させる」ことが主眼目だったらしいです(もう、ここまで進んでいるのか!)。なんせ、南半島は、自衛隊護衛艦(ヘリ空母、輸送艦)の半島への侵入は有事と言えども許可しないと明言していましたからね。しかし、今回は、安倍首相が押し切ったと伝わっています。これはよかったよかった。

 よかったと言えば、安倍首相の訪韓は76%が「良かった」と世論調査で答えていますが、たんに、南半島に売春婦合意履行を主張しにいって、日本の立場を明らかにせしめたとか、オリンピック開会式に出たからとか、(フェイク)メディアでしか伝えない内容で、満足(よかったと思っている)してるのですから、お目出度い限りですよね。南北融和モードの御花畑オリンピックの裏で、ことは大変に緊迫しているということです。【2018.2.13】



【Social】 安倍首相がヒラマサオリンピックの開会式に出席すると決めてそろそろ1W近くが立とうとしています。保守派の連中は、「蛮族国に出向くなんて大反対」との大合唱ですが、分からないでもありません。

 私も、まさに禁じられた「オリンピックの政治利用」をしてくる蛮族国に出向くのは、テロの危険が多く賛成ではありません。以前、リッパード駐韓米国大使に、パーティーで切りかかり、大けがを負わせた蛮族人を英雄視する国ですから。伊藤博文を暗殺した安重根が、やはり蛮族の中では日本の統治から祖国を解放する「英雄」だというのだから、話にもなりません。ま、それを置くとしても、安倍さんは、国際条約なぞまるで守る気のない蛮族国に行きたくはなかったと聞いています。どうせ、行って「慰安婦(売春婦)合意を守れ!」と凄んでも、なんの生産的な結果が得られないのは明らかだからです。

 それでも行く気になったのは、米国の要請が大きいと聞いています。このままだとヒラマサ五輪は平城五輪になっちまうような北豚の工作に、完全追従するムンジェインですから、オリパラ終了後の米韓合同演習を、延期とか中止とか言いだすに違いありません。これをさせないために、ペンス副大統領とともに、ムンジェインを脅しに行くというわけです。日本の首相も国政選挙5連勝(それも大勝)すると、国際的信用はものすごい高いものがあると言います。米国からこれだけ信用され、対応を任された日本首相は初めてじゃないでしょうか?

 また、表面上は売春婦(慰安婦)合意の履行を訴えに行くと安倍さんは言っていますが、もう、殆どこちらに関しての期待は無いのだと考えているのではないでしょうか。記者会見でもあれば、このあたりも暴露できるでしょうが、正反対の主張を記者会見で言い放つというのも、なんだか大人げなくて、安倍さんは大変にやりずらいと思います。

 ところで、首脳会談に蛮族酋長は応じるのかなーと思っていたら、やっぱり最初は安倍さんのオリンピック出席のみで、首脳会談には応じないと言ってきたそうです。まったくそのものですね。オリンピックでどこの首脳も出席しないみっともなさを回避できさえすれば、嫌な思いをさせられる(=安倍さんに売春婦合意を履行しろとなじられる)首脳会談には、ムンジェインは臨みたくないのは思った通りです。これをはねつけたら、ペンス副大統領との3者首脳会談ならばいいと、売春婦合意の履行攻撃を避けようとするだけの小賢しい提案があったようです。蛮族は恥も外聞もないという必死さです。

 結局、外務省の巻き返しにあって、開会式直前の単独首脳会談になったようですが、これとて、蛮族酋長がドタキャンしないとも限りません。曰く、「オリンピック開会式対応が忙しくて、日本の首相には開会式会場でしか会えません」なんてやってくるかもしれません。あるいは、首脳会議の時間を、外交儀礼上看過できないほど恐ろしく短く(10分とか)設定するとか。それほど、あの蛮族どもは始末に負えないのです。もしそうなったら、開会式出席を拒否して、即断交してもいいと思いますけどね。【2018.1.31】



【Social】 北の「おいた」がヒラマサ五輪で中断されるなか、支那の攻勢が勢いを増しています。

 11日の「商」級攻撃型原潜が尖閣の接続水域を通過後浮上して、国旗を掲げて航行した件です。今回はいつもの海警(日本の海上保安庁相当)の巡視船ではなく、完全な軍艦が、日本の領海のすぐ外側の接続水域を、無害航行ではなく横切ったのを海自の哨戒機に発見されたというものです。この事件には、現在の支那の尖閣対応について、一般の報道からはうかがい知れぬ事実が隠されています。

 まず、誰の目にも明らかなのは、支那が尖閣への対応ステージを一段上げたというもの。これは、今回が2回目の軍艦による接続水域航行なので、今後、常態化すれば、次のステップの武装魚民(実は軍の兵員)による尖閣上陸に結びつく第一歩だったと、後世の日本人は思うかもしれません。

 次は、海自の実力(特に潜水艦隊)は巷間言われている通り、世界最高レベルであることを立証したこと。、また、従来はこういう事実は政府が発表しなかったが、今回は支那の有害航行の事実を堂々と発表したこと。それも、「商」級と型式を特定して公表しちまったこと。これは結構重要で、これまでの政府の事なかれ姿勢が払拭されて、危ない事実を国民に広く知らしめる方向に転じた、いい傾向だと思います。例によって、アカ日新聞は、他紙が1面トップ扱いだっだのに対して、3面の目立たない位置に記事を「隠し」ましたが。よほど支那を守りたいのでしょうねぇ(笑)。

 また、最新鋭の「商」級攻撃型原潜(それも巡航ミサイル搭載の「音の静かな」改良型だそうです:笑)は、対戦哨戒機P1のソノブイか、海底音波収集マイク&ケーブルからのデータか、はたまた、海自の通常型潜水艦からかは分かりませんが、潜航中に発見され、「音紋」を採取されて丸裸になり、海自潜水艦のアクティブソナーからピンガーの連続警告を受けまくって(←事実だそうです。この状態で海自が魚雷を撃てば100%撃沈できます。これは常識です)、最後は浮上して国旗を掲げて降参しました。これは、世界の海軍専門家を唖然とさせました。支那の誇る最新鋭の原潜が、まったくのヤクタタズになってしまったことを世界に広めたからです。最新鋭原潜の音紋を取られたわけですから(もちろん米軍と共有されます)、もう、同種の僚艦すべてが、何処に居ても素性がバレバレになってしまいます。これは、攻撃型の原潜にとって致命的です。巷の噂どおり、支那クオリティの原潜海自の総合力のレベル差が明らかになったわけです。隠密が命の潜水艦にとって、恥辱的敗走というわけですね。今後の支那の作戦にも大きな影響を受けてしまうでしょう。

 なお、この国旗を揚げて航行したというのも、かなり異常な事実です。追い詰められて浮上した場所は公海なのだから、国旗を揚げる必要はありません。これは、日本のヘタレ評論家によると「支那の示威行動ではないか」という向きもありますが、事の経緯を追われたら、とっても「示威」なんてできる状況ではないのは、専門家ならば明らかに分かるはずです。

 なので、真相は分かりませんが、海自の哨戒機、潜水艦に狩り出されて遁走する最中に「何かの事故が起きて浮上する必要が生じた」が、支那国民に向けては、「堂々と支那国旗を掲げて日本に圧力をかける航行をしたように見せかける必要」があったのでは?と考えられているようです。なにせ、支那国内では、格差問題で国民は暴発寸前ですから、対日強硬路線で、その矛先をかわす必要があるわけです。支那国民は、潜水艦が国旗掲揚で浮上航行なんぞすればこれは「降参」の意味だなんて思わないでしょう。そうでも考えなければ、このシチュエーションで浮上する必要はまったくないわけですから。しかし、何度も言うように、この潜水艦戦は支那の大敗北です。自衛隊潜水艦に発見され音紋データを与えてしまった代償は極めて大きいからです。これで、しばらくは「商」級は使い物になりません。いわんや、それ以前の唐級とかの大音声(だいおんじょう)艦はもとから話にならないわけですが(笑)。 【2018.1.18】



【Social】

 新年明けて最初のトピックがこの話題ではげんなりしてしまいます。

 まったくここまでひどい厚顔無恥(んこ:笑)な民族だとは思いませんでした。南半島の慰安婦合意検証結果の公表とそれをもとにした、今後の日本に対する南半島蛮族酋長の対応表明です。さすがに左派メディアもこのひどさを伝えてはいましたが、アカ日新聞などは、管官房長官の「合意事実は1ミリたりとも動かさない」発言に「対応が硬直的だ」と、一体お前の祖国はどこなんだ(支那という説も:笑)と言ってやりたくなる非常識な対応です。この前の小川栄太郎さんの著書に対する報復提訴(スラップ訴訟)といい、常軌を逸したアカ日の対応ですね。ま、すでに、アカ日は普通の人からは相手にされなくなってるメディアなので、目くじら立てるのも大人げないので、これ以上は止めておきますが。

 その慰安婦問題ですが、10億円は宙に浮き(日本が受け取るとでも思ってるのか?)、日本の自発的努力(謝罪)を今更求めるとか、交渉の秘密過程を暴露してしまったとか、15年末に私が憤ったよりはるかにひどい返礼をしてくれました。河野外相が、日韓関係はマネージ不能になると言っていますが、今回まさにその通りです。従軍慰安婦と称する高給取りの公娼(要は娼婦ですわ)に意見を十分聞かなかったから、パククネがアホだったからとか今回の検証結果で、本問題が解決していない理由を述べていましたが、そんなことは南半島の国内問題で、それらをマネージされた結果、国際条約は結ばれるという根本原理が解っていない民族なのです。国際合意なんてできない民族ということか。

 ま、いろいろ不満はありますが、日本は、頭の弱い蛮族の言うことは気にせず、「慰安婦合意を守れ」と言い続ければいいのですね。どっかのインターネット番組で竹田恒康が言ってました。曰く「南半島人は人間だと思うから腹が立つのであって、こいつらは人間じゃないと思えば、別にどおってことは無い」ですと。まさにその通りで、日本の反日サヨクや反日メディアも同類ですから、いままで「屑だ、馬鹿だ」とののしってきましたが、最近は、そんなことはどうでも良くなりました(達観)。理性を持った人間様じゃないんですよ(笑)。憤るのもエネルギーが要りますので、つまらん労力を割くのはばかげていると思うようになりました。

 でも、面白行っちゃ面白いので一つネタを。金髪の反日サヨクで有名な津田大介ってのが居ますが、コイツが面白い事を言っていました。曰く、「保守とサヨクがネットでバトルすると、圧倒的にサヨクが議論に負ける。何故ならネット上にはネトウヨが多いからそうなるんだ!」(←大笑)。いまどき、サヨクなんてジーさんばーさんが主力で、TVしか見ない連中で、こいつらはネットには出てこないし、若者はネット住民なので新聞TVの言いなりにはならないから、真実が見えています(若いサヨクはウーマン何チャラの村本のように、頭が弱い連中ばかりなのでしょう)。なので、議論の論理構成は圧倒的に保守の方が優れているために、サヨクは議論で負けるのだということを、理解「したくない」のでしょうね。心情的にはよくわかりますけどね(笑)。【2018.1.11】




【旅行】 今年も押し詰まってきましたので、すこし振り返りを。

 いきなりですが旅行の話になります。今年は夏にどこにも行かずに、秋が深まってから南半球にでも遊びに行こうと、だいぶ前から計画を立てていました。なんとパンフレットを集めたり、ネット検索を開始したのは6月頃だったようです。もともと、夏休みって、値段が高いし、混んでいるしで、おまけに暑くてだるいので旅行のパフォーマンスがあまりいいとは思えず、よほどの事(1昨年前のスイスのような)が無い限り、食指の動く季節ではありません。それでもあえて行くなら、北欧とかしか残らないですよね。

 今回は、晩秋の「ある時期」に南半球の初夏の自然を楽しみたいと、ニュージーランドへのツアーを申し込んでいました。晩秋の「ある時期」には、会社イベント上、重要な催事がないので、無理すれば一週間丸ごと連休にすることも可能に思えたのです。実は、大事な会議が二週間に一回あるので、それを外すように、ツアーはダブルキーピング(?)、要するに週の違う2つのツアーを申し込んでおいて、その会議日程が決ったら、ぶち当たったツアーをキャンセルすることを企み、一時は上手く行ったかに見えました。

 このように、細心の注意を払い、周囲へもそれとなくイベントをその週には入れないように(なるべくですが)頼んで万全を期しました。それが、なんと2W前になって、突如、厄介な事件に見舞われてしまいました。私は2つの組織を兼務していますが、兼務先で、トラブルが発生してしまいました。、こりゃ、推移を見守って適切な対応をしておかないと、ちょっとヤバイと判断して、敢え無く海外旅行をキャンセルの憂き目にあいました。ま、私が居なくても周囲で適切に対応していれば、収束したかもしれませんが、あとあと、「あの時に、お前、確か海外で遊んでいたよなぁ」なんて皮肉られるのも癪なので、涙を呑んで、嫁さんを説得しました(苦笑)。

 その代りといってはなんですが、その週のど真ん中に2日休みを取って、関東北部の山間の温泉宿でゆっくりしてきました。宿はとんでもなく高価(私にとっては)なところを奮発したので、非常に心地良いい旅で、嫁さんの機嫌も少しは直りましたが、まぁ、なんとも残念な事ではありました。キャンセル料は20万近くでしたので、どえらい出費でしたが、あとになって事象の推移を考えると、まぁ、行かなくてよかったと思っています。しかし、来年は、もっとうまい画策をして、どっかに遊びに行くぞー!!!!くっそーー、リベンジじゃぁ(笑)。【2017.12.29】



【Social】 金正日の死後6年が経ちましたが、記念式典は大きく実施されなかった模様です。これって、北朝鮮の動静を見るうえで、けっこうキーになる事実じゃないかと思われます。というのも、金一族を国民の前で顕彰する機会は国威発揚には極めて重要だからで、それが「無かった」のではなく「出来なかった」のではないかという観測がなされています。

 というのも、北豚は、また身内の粛清を始めたらしく、身内イコール政権幹部ですから、豚がトップについてからの粛清を考えるにつけ、あまりに粛清が多すぎて、政権内にまともな人材が払底したのではないか?その結果、豚王朝が機能不全に陥ってるのではないか?と考えられ始めたようです。だから、思うようにイベントが起こせない・・・・。これが真相なら、北豚の廻りはすでに無能な奴ばかりだろうから、そういう奴は、上手くたきつければ、自身が粛清される恐怖に耐えられなくなって反逆(クーデター)してくれるとうれしいですね。もちろん、その時は、北豚が叔父のチャンソンテクを粛清した時のように、高射砲をぶちかまして肉片も残らないような処刑が、北豚にはお似合いでしょう。

 また、11月末のICBMもどきの発射に関しても、ロフテッド軌道で距離を抑えたのですが、これは、通常軌道で着弾できる自信がなかったからだとも言われ始めました。最初は、長距離を飛ばして米国近くの海域に着弾させると、米国は怒りまくって、即、北爆に繋がるから、「長距離を飛ぶ能力はあるが、落しても文句を言わない、北豚にとって安全な日本のEEZに落した」と喧伝されていましたが、実相は異なるのかもしれません。というのも、通常軌道だと、大気圏突入時の角度によっては、侵入できない(弾き飛ばされる)し、仮に突入できても、ロフテッド軌道にくらべ遥かに大気の摩擦熱量が大きく、核弾頭を保護できない・・・これでは、まだICBM「もどき」だ・・・・との見立てのようです。通常軌道の大気圏突入時の困難さは原理原則の話で、今になってわかったことではないのですが、前回11月末のICBMもどきを調べていくうちに何か新しい事実が確認されて、今回の評価になったのかもしれません。

 それを裏付けるのが、マティス国防長官も、「北のICBMは完成していない」とのコメントです。、彼は誠実な人間なので、ブラフではなく相当突っ込んだ分析が根拠にあっての事なのだろうと思います。そのせいか、米国の緊張感も表面上は若干緩んだように見えますが、水面下ではまったくそんなことなく、実は北爆作戦は相変わらず練られ続けているようです。そういえば、ティラーソンの「北豚とは条件なく話し合いに応じる」とのコメント(日本政府はこの発言にぶっ飛んだようですね)もそんなゆるみ気味の文脈で出てきたのか?と思ったのですが、どうもこれは違うらしく、1W後に激しく撤回の報道がなされています。こっちはどうも、トランプとティラーソンの確執(トランプはティラーソンが大嫌いのようです。自分で選んだのに!))から出てきたようで、米国政府はもうすでに軍が牛耳っていますから、北豚が喜びそうな安易な対話など成立するはずがありません。これを聞いて安心しました【2017.12.19】



【Book】 この本、けっこう面白いです。日本人の支那ウォッチャーって、人数が多い割には、本当に事情を掴んでいる人は、意外と少ないと感じています。というのも、いくら支那に留学経験、滞在経験が長くても、所詮は文化が違うので、日本人には、彼の国の論理が100%分かろうはずがないからです。その点、この著者は、支那の最高学府(北京大学)を出たうえで、日本に帰化していますから、あちらの思考回路を良く熟知していて、上梓された本を見ると括目することが多くあります。ただし、この人はけっこう舌禍もすごく、地上波には辛うじて出演できるというレベルですね。ネット空間では言いたい放題で、物言いが大変面白いので、たいそう楽しませてもらっています。しかし、著作は驚くほど「まとも」です。

 現在、北豚の対応に目が奪われがちですが、まぁ、こちらはそのうち何等かの形で解決するでしょう。トランプが、「ICBMは認めない、核保有国としては仕方ないが、これを認めよう」という日本にとって最悪の妥協をする可能性は、今回のICBMもどきのデモで、殆どゼロになったと思っています。何らかの形で北豚の除去(ロシアへ亡命だってOK)がなされるものと思っています。そうなると、北豚を隠れ蓑にしていままで表に出てこなかった、南/東シナ海での支那の狼藉に焦点が注がれるようになると思っています。

 すでに尖閣では支那の領海侵犯が常態化し、「機関砲の様な物を搭載した支那巡視船」(←メディアの表現です。馬鹿か!これは海警の衣をかぶった軍艦です)が行きかっています。そのうち75mm砲をもつ1万トンクラスの海警巡視船の名を借りた軍艦が就航するようになります。これは、自衛隊の護衛艦(ヘリコプター空母を除く)の最上位クラスの排水量を持っており、75mm砲は前世代の自衛隊護衛艦の主砲の標準口径です。決して「機関砲」なんてヤワなものじゃありません(機関砲というのは通常は30mm口径まででしょう)。一発くらったら、海保の巡視船は良くて航行不能、アタリどころが悪ければ沈没します。要するに、軍艦レベルの戦闘力をもつ自称巡視船???で、恫喝しようと企んでいるわけです。世界にむけての支那の情報発信を考えると、こんな船に自由に尖閣の領海を航行されたら、「支那は尖閣海域を実効支配している」と世界の人々は見做します。

 キンペーも「尖閣は獲る」とある会議で発言したリークは有名ですが、あえてそんなことを聞かなくても、その意思があるのは明らかです。問題はそれをいつ実行に移すかですね。

 この本には、支那のキンペー独裁体制の成り立ちとその将来展望について、かなり納得性の高い説明がなされています。詳細はこの本を読んでいただくとして、支那は独裁による内政の行き詰まりから、必ず、外に打って出ることに躊躇しなくなるだろうと説いています。毛沢東からケ小平、間に二人の総書記を挟んで、キンペーが、先祖がえりして毛沢東に匹敵する独裁を敢行しようとしています。この流れ(とその必然的帰結)を素直に見れば、台湾、南支那海、東支那海(尖閣)のいずれかで、必ずや戦端が開かれてしまうだろうことが、納得できてしまいそうです。さて、どうするか・・・・・。【2017.12.17】



【Social】 最近、ますますきな臭くなってきました。ここ10日間たらずで、かくのごとくです。

・米国高官が「核攻撃も辞さない」と発言  (まぁ、これは現時点ではブラフだろう)
・同じく「南半島に駐留する米軍家族は本国に引き上げるべきだ」と発言  (おいおい、大丈夫かよ?)
・ヘイリー米国国連大使&ナウアート米国政府報道官が「平昌五輪に米国選手団の派遣に関しては未定」と発言 (こりゃ、あかんで:笑)
(注)ヘイリーはティラーソン国務長官の後釜と目されてるようです。

 などと、連続して危ない話が聞こえてきています。いままでは、南半島も「北豚への攻撃なんてまったく有り得ない」とタカをくくって、北豚に内通していたようですが、もう、米国は南半島は完全に切り捨てて、北爆の時期を決め始めたようです。

 南半島は、平昌五輪を盾にとってオリパラ時期を「安心期間」とし、さらに来春の米韓合同軍事演習を延期させることで、米国の北爆時期を遅延させようと画策してきました。それらは、米国への背任であると解っていても、親北姿勢を変えないので、米国はもうとっくに米韓同盟を廃棄する算段に入っていると見るのが、「普通の感覚」です。言う事を聞かない南半島に対して、米国は、オリパラを利用するなら、そんなもんつぶしてやる・・・ってなものなのでしょうね。すでにIOCも5000室ものホテルをキャンセルしたと伝わってきます。これはオリパラ推進組織が「あぶねーかも」と言ってるようなものですからねーーー!あるいは、まったくチケットがさばけなくて、身入りが少なそうだからIOCとしても体制縮小した(笑)?

 常識的にはいままでの北豚の姿勢や、11月末の新型ICBM(もどき)の火星15号の試射で、米国の我慢の限界である「ICBMの開発を止めれば(=米国に届かなければ)核保有国としては不問という、日本にとって最悪のシナリオ」を選択できる余地は無くなりました。だって、今回のICBMは「米国全土を射程に収めた」と大騒ぎで北豚が宣伝していますからねぇ。しかし、今回のICBMもどきが米国に届こうが届くまいが、もはやそんなことはどうでもいいのです。ICBM開発を諦めない姿勢が明白なのですから。

 しかしこれって日本にとっては朗報と考えるべきです。何故なら、同盟国を見捨ててまで、米国ファースト(のみ)が妥協案とかいう、まるで、どこぞの不実な国(支那とかね)が考えそうな戦略では収拾がつかなくなったから(要するに、北豚を排除しなければ解決しない)です。もし、米国が先の妥協を採用し日本を見捨てたら、北の核弾頭ができると、クズミサイルのノドンとかテポドンであっても、日本は、もう北の言いなりにならざるを得ないですからね。

 まぁ、考えようによっては、冒頭の一連のモノ言いも、北豚脅しの「手段」であって、実行するかどうかは、まだ「テーブルの上にある」状態だと思います。国連の制裁も、もう一段ギアを上げる(しかし次回でファイナルギアですが)余地もあるので、それら一連の交渉をみれば、ここ1〜2か月が「剣が峰」であることは間違いありません。今度の新月は12月17日ですが、Xmasを前に事が起こって欲しくないですね。できれば正月はゆっくり飲んだくれることができて、やるなら、そのあとにしてもらいたいものです(苦笑)。【2017.12.14】



【HAM&自作】 最近、ちょっと製作物の更新が滞っています。いつもの飽き飽き病の発生かというと、実はそうでもなかったりします。UPはしないけど、しこしこ作業はしています。しかしながら、今やってることが、PWZが無知なるがゆえに、なんともおかしな結果になっていないか・・・という観点からイマイチ自信がないのです。

 実は、ごく最近は、なかなか成果が出ないでいるのに業を煮やして、方向を少し変えてみようと思って、また、これもシコシコ作業にいそしんでいます。なので、いつかは結果がでるだろうと楽観しているのですが、それがいつ到来するのやら見当が付きません。UPしようと思って途中経過を写真やスペアナデータ等に残してあり、それが40〜50枚にもなっていますが・・・さて、いつ頃使える状態になるやら(苦笑)?

 私の悪い癖ですが、勢い込んで飛びついたはいいが、最後まで到達しない・・・というのはどうも気分が悪い(普通は気分悪いでしょうよ:笑)ので、ある程度の結果が見通せるようになるまで、アップはしない方向に切り替えました。昔は、なにか面白そうなネタがあると、すぐさま飛びついて、たいていは有る程度意味ある結果を導けた(ドツボも多くありますけど)のですが、最近は、力量不足からか、飛びつき=終局まで到達 とならないことも増えてきているので、年を取ったせいか、そういう恥さらしは少し控えようと思ったというのが、UPのインターバルが空いているきっかけなのですが・・・(苦笑)。【2017.12.9】



【Social】 北豚の家来の兵士が領海侵犯あるいは日本本土進攻をしてるようですね。

 日本沿岸や無人島に流れ着いた、自称漁師とされる朝鮮人民軍兵士(の疑いのある漂流者)は、仇おろそかな扱いをしてはいけません。軍所属を示す標識のある(ボロ)船で流れ着いたのですから、なんらかの意図があって、北半島が差し向けた可能性を否定してはなりません。これをロクに調査せずに「本人が帰りたがっているので」とかいうナイーブな理由で、尖閣の時のように飛行機のビジネスクラスで送り返したら、世界の笑いものになります(流石に今これはないでしょうが、尖閣事件当時は反日パヨク民主党政権だったよなぁ)。

 軍に所属をしているか厳しく尋問して正体を確かめることが先決です。いまだに、天然痘ウィルスを培養して、バイオテロ兵器としている、北からの漂着民ですから、兵士の疑いがあるこいつ等は「日本がどういう対応をするのか」北が確かめるためのパシリであると考えてもおかしくありません。

 あるいは、昔、キューバは反政府活動の荒くれ者が刑務所に収容しきれなくなったので、難民としてマイアミ沖にほおりだし、それがフロリダに漂着して、その地の治安がどえらい悪化したことがあったと言われています。もしかしたら、これと同じで、食い詰めた北人民を大量に日本に放り出す前触れなのかもしれません。

 いずれにしても、兵士であれば、国防問題に発展します。領海侵犯のみならず、「侵攻」と考えるのが正しいでしょう。意識の低いローカルな警察に任せるような事案ではないのです。【2017.12.6】



【デジモノ】【HAM&自作】 そろそろ年末の声が聞こえてきます。1年経つのが本当に早いなぁと実感しています。

 年末といえば、お買い物シーズンでもあるわけで、ボーナスの取り分もすこし多そうなので、いままでクリックを控えていた分、ちょこっと出動してみましょう(大笑)。まずは、デジカメです。また?と思われる向きもあろうかと思いますが、旅行で嫁さんに持たせるカメラのバージョンアップです。いままでこの用途にはフジのX-20を使っていました。そこそこ便利で、用途的にはスナップ写真以上は期待していないので、画質も十分です。メインがAPS-Cなので、2/3インチセンサーは丁度いい感じです。もちろん1インチならば言うことないのですが、よく考えてみると、対象はパンフォーカス(人物2人+背景)で記録性を重視していますので、センサーは、大きく背景がボケる必要はまったくありません、というか、背景はボケないで欲しいのです(笑)。そうなると、2/3センサで十分です。レンズも小さく筐体も小型にできますから。

 ま、X-20はこのニーズにぴったりなわけですが、OVFがプアなのです。当時はコンデジにOVFが付いてるだけで大喜びでしたが、視野率85%で合焦範囲もブロードなので、いまとなっては、ちょっとなぁ・・・だったので、今回、X-30を仕入れました。これは、コンデジにしては驚異的によく見える大きなEVFがついていて、他の機能もアップしているので、買ったブツがほぼ新品だったことで、だいぶ満足感は高いです。(X-20がそこそこで売れたので、相殺されて、出費は微々たるものでした。)

 次が、スペアナです。これもまたかよ!ですが、いえいえ、ちゃんと理由があるのです。ブツはアンリツMS2683Aです。狭帯域オプション、FFTはついていません。また、なんの特徴もない猫またぎスペアナを!と思われるかもしれませんが、MS2683は自作トラッキングジェネレータとペアで、現在では使用頻度がけっこう高いのです。MS2830といい勝負で使っています。なので、こいつはスペアがあってもいいかなと思っていて、以前から物色していました。今回、いつもの如く(?!)一見、動いているかどうは微妙なブツを落札したのでしたが、実際、業者といい、アップされた動作状態の写真といい、普通の方はとっても落札しようという気にならないブツだったのです。

 で、ブツが到着してみると、なんと完全動作(これを狙っていましたが)です。悪いところは見当たりません。筐体も素晴らしく綺麗で、傷はおろか、くすみもありません。これはラッキーです。実は、写真には動作条件が表示されていたので、そのように手持ちのMS2683Aを設定して動かしてみると、思ったとおり、変な波形が見えます。なので、こりゃ、動いてる・・・ということで、片手金額で落札しました。使用時間は600日程度でしたが、LCDのバックライトの輝度も落ちていなくて、いいかんじです。TGを付けるために改造したMS2683Aがこけたら、これはリプレースして、こけた方をその後の部品取りにでもしようかと考えています(笑)。

 最後はHP8903Bです。久々のオーディオ系測定器、というか、オーディオ系は初めてかな?LAOさんにズバリ指摘されてしまいましたが、あまりにドッキリだったので、動揺して、すっとぼけてしまいました(LAOさんごめんなさい:笑)。こいつは、無線機のSINAD(=(S+N+D)/(N+D))をダイレクトに測れるように導入しました。SDRとかの評価に使うつもりです。これはさすがに古いものなので、くすみがあって使用感があります。ただ、動作品はいまだに人気があるのですが(ひところに比べればだいぶ安くなりましたが)、そろそろ頃合だろうと思って落札しました。見てみると、信号発生部の高域(50kHz〜)からレベルが漸減しているのが観測されましたが、この機種は600ページもある調整用サービスマニュアルが公開されているので、まぁ暇なときにチューンするつもりです。

 ところで、個々のブツはお安くても、まとまるとけっこうな額になります。なので、調子こいて、ポチポチやるのは、一回、お休みにしないといけませんね(大笑)。【2017.12.3】



【Social】 北豚がやりましたね。

 ここ二か月半はティラーソンの裏工作が奏功して、北豚は大人しくしていたようですが、トランプが表向きはきんぺーと握って、日本を筆頭としたアジア歴訪で対北豚方策の大筋が合意されたのでしょう。北豚は支那の説得を受け入れず、支那の特使が北半島から帰った直後に、トランプのテロ支援国家再指定されたお返しで、ICBMもどきを撃ってきたというわけです。

 これで、国連における制裁は次回が最終段階となるはずで、石油製品の3割削減(現在)のみならず、原油の削減にまで制裁のレベルが高まるかもしれません。これは、殆ど国連からの宣戦布告に近く、制裁を受けた北豚が、もう一発でもICBMもどきを撃つか、核実験(弾頭化の検証)でもやれば、有志連合かもしくは米国単独で北豚を攻撃することになるはずです。

 今回、北豚は高度4500kmに届くロフテッド軌道で撃ってきました。これは、流石にビビッている証拠です。本心はハワイを超える到達距離が有ることを示したいのですが、流石にハワイーロス間の海域には打ち込む勇気がないということでしょうね。そんなことやったら、国連制裁の段階を吹っ飛ばして、一気にアメリカが単独で北豚を叩くはずですから。

 今回、着弾したのは日本のEEZで陸から250km以内の地点です。これって、一歩間違えば、日本領海というか日本列島に着弾したかもしれないのです。北豚は日本に向けてならば、仮に間違えて日本列島に着弾しても戦争にならないと甘く見ているのでしょうか?ずいぶんと甞められたもんですね。私は、どうせ核は積んでないのだから、間違って日本領海(流石に陸地へはNGの心情ではありますが、そうなった可能性も高かったと思います)に着弾したほうが良かったとさえ思っています。というのも、いまだに国会は「モリカケ蕎麦」が議論されてるのです。ミサイルの日本領海への着弾がきっかけになって、こんな馬鹿クズ野党のクソ質問対応をしているヒマはもうないことを、全日本人で共有したいのですけどね。すでに北の不審船が、何隻も日本海側に流れついています。北が攻撃されれば、難民にまじって武装難民が到来するわけですが、コイツ等にどー対応するんだよ、と声を荒げたいですね。それでもぱーなパヨク共は「Welcome」を叫ぶのでしょうか?

 さて、最近になって北豚を殲滅させる一方で、南半島、日本に犠牲を出さないためには戦術核の使用も辞さないという米国の高官の談話が漏れてきています。米国は通常兵器と戦術核の間に使用に関する境界線はなく、戦術核は通常兵器と同じ扱いなのだそうです。境目があるとすれば、それらと戦略核の間らしいです。良く考えてみれば、北豚を殲滅しつつ、南半島と日本に被害が出ないようにするのは、モグラののように150mもの地下に隠れて出てこない北豚一瞬にして葬らなければなりません。これにはバンカーバスターでもMOABでも無理なのです。なので、北をやるときがあるとすれば、それは戦術核が使われる世界最初のケースになるかもしれませんね。【2017.11.29】




【Book】【Social】 小池劇場が日本を滅ぼす」なる本がジャーナリストの有本香によって上梓されたのは、たしか今年の夏の都議選前だったかと思われます。当時、「大筋ではその通りだろうなぁ」とは思っていましたが、あえて1500円もかけて、小池を知るためにわざわざ本を買う事もないだろ・・・と思っていました。ポイントポイントでネットから情報を得ていたので、小池のスジワルさは理解していたつもりでした。しかし、「日本を滅ぼすほどじゃないだろ?」と軽く考えてもいました。

 その考えが甘いと心底反省したのが、例の希望の党の立ち上げ騒ぎでした。あざとさ満点ですが、ショーとしては見事な露出を果たした新党立ち上げに、一瞬、私もたじろいでしまいました。立ち上げ当初の勢いに「もしかすると衆院選は、与党が大きく食われるかもしれない」と不安を感じたことも事実です。何故ならTVしか見ない情弱男女の一般大衆のココロを鷲掴みにしていたからです。まぁ、結果はボロが出て、絶望の党と化して惨敗したわけで、ほっとしたわけですが、ま、少しの間ははやきもきしました。あの勢いで衆院選を乗り切られたら、本当に日本は滅ぶでしょうから。

 今回、上記本が、異例の短期間で文庫本化されました。若干の加筆があり、題名も「小池劇場の真実」と変わったのですが、中身は殆ど元の本と同等です。しかし、540円という手頃な価格で、このように早く文庫本化したのは大きな目的があるようですね。というのは、緑のタヌキを、今後、完膚無きまでにへし折って立ち上がれないようにするために、少しでも多くの人に向けて、タヌキの本性と、盛んにタヌキを利用して捏造報道の限りを尽くしたフェイクメディアの実体を伝えたいのだろうと思います。私もまぁ、540円なら買ってもいいだろうと、他の本と共にぽちっとしましたが、一気に引き込まれてしまいました。

 ネットで大略は知っていたとはいえ、豊洲移転、オリンピック会場に絡むドタバタ騒ぎを、時系列に整理し、タヌキの本性を見事に暴いているので、これは私にとっては「資料」として価値がありますが、未だに、タヌキがなんで失速したかわからない情弱男女が読んだら「驚天動地」のごとく感じると思います。なので、タヌキのことを無条件で受け入れていた方々にこそ、是非読んでもらいたいと思います。540円で少しは(恥ずべき)情弱から脱することができると思えば、大変お安いものですがねぇ(大笑)。

PS
 ちなみに著者の有本香は、弁が立ちますが、緑のタヌキのような空虚な言説ではなく、論理的で、聞いていて本当に気持ちがいいです。しっかり取材をしているので、言う事に「芯」があります。もちろん、偏ったネトウヨでもなく、彼女は頭も大変いいことが見て取れます。でも、それが嫌みっぽくないからいいんですよ。ただ、50過ぎの(比較的美人の)おばちゃんですけどね(大笑)。

PPS
 ちなみに、嫁さんも今度は読みたいというので、いつものような「大事なところに折り目を入れる」のは止めておきました。私が折り目をつけた本は(押しつけがましくて)読む気がしないとノタマワってますから。長風呂のお供にされて、ふやけてしまいそうですが、まぁ、それでも、真実を知ることができるのであれば、良しとしましょうか(笑)。【2017.11.27】



【Social】 長い間協議していたようですが、メルケルが大窮地に陥っているようです。中道右派のキリスト教民主・社会同盟(メルケルが党首)と緑の党、自由民主党の連立協議は成立せず、自民党が離脱したとのことです。これだと、緑と連立しても議会の過半数を取れないので、政権党は少数与党となり、政策の実現は絶望になります。議会解散・再選挙も取りざたされているとのことです。

 連立を合意できなかった政策はなんといっても移民政策で100万人も受け入れてしまって、各地で暴動・暴行騒ぎが頻発し(一昨年の大晦日のケルンの暴行事件は記憶に新しい)、メルケル自身が「移民政策は誤りだった」と言い切っています。

 そんなこと、考えるまでもなくあたりめーだろ!と素人にもわかる話なのですが、これが、「地球市民」とか称するパヨクの連中は、移民政策が大好きなのです。だって、大好きな大陸、半島人が日本に大挙してやってくるのを、自分らの仲間として歓迎したいからですね(大笑)。もっとも、(ブラック)企業の方も、安くてこき使える移民は喉から手が出るほど欲しいので、安倍政権も、それにおもねる方向で舵を切っています。

 すでに単純労働ではない「高度人材?」は1年で日本の永住権を取得できるし、この規制緩和の流れは、「単純人材?」に向けて加速されるでしょう。これって、とんでも無い話なのですよね。パヨクが唱えるように、人類皆家族であれば、何も問題は生じませんが、流入移民の殆どが大陸、半島人とすれば、その惨状は、リビア難民を受け入れたドイツの比では無くなります。この2民族は世界でもっとも蛇笏のごとく嫌われている国のオゾマシイ民族です。すでに、日本国内における凶悪犯罪はかなりの割合で、この2国出身者(違法滞在含む)が占めているといいます。こんな状況は反日パヨクメディアは決して報じません(通名報道で、いかにも日本人のような扱いをしています)。

 このままいくと気がはついたら、安全に暮らせる街ではなくなっていた・・・なんてことが普通に起きるようになります。これ以上の、移民政策の規制緩和には、断固反対したいものですね。

 あーあ、こんな事を書くと、またアクセス数が減るのだろうなぁ(大笑)、でもパヨクの推進する政策って、どれもこれも馬鹿っぽくて(もちろん、パヨクそのものが馬鹿なのは言うまでも無いですけど)、こき下ろさずにはいられないのだから、仕方がないですよね。。

 話変わって、相当な旧聞になっちまいますが、衆院総選挙後の混乱で、緑のタヌキが絶望の党の代表を辞任しました。思い通りにならないので、もう、飽きたのでしょうね。前に考えた通りの展開です。要するに、この人も馬さん鹿さんなのですよ、かなりのみなさんが騙されたようでしたが。しっかし、これからが楽しみです。都政に専念するとか言ってますが、すでに来年10月の豊洲移転は絶望だし、密室で決めた築地の食のテーマパークとやらだって、これはオーソライズされたものじゃないので、失敗すれば(しますが!)リコールものです。こんな、遊びをしてると、築地跡のオリンピック向け大駐車場が確保できないので、大混乱になるはずです。

 私の予想だと、このタヌキは東京オリンピックを都知事として迎えられないと睨んでいます。というか、東京オリンピックが、諸施設整備の遅延で、開催困難になるのではと大心配しています。まったく、18年の平昌冬季オリンピックの轍を踏まないで行けるのだろうか??日本でそうなったら、それこそ半島を馬鹿に出来なくなっちまうじゃないですか(苦笑)。【2017.11.21】



【Social】 以前から、アクセスカウンターを見ていて面白いことに気がついていました

 どうも、Tsubuyakiにパヨク批判を書くと、アクセスカウンターの伸びが鈍るのです(笑)。無線機自作と政治思想は関連しているのでしょうか?最近のTsubuyakiはパヨク批判、北豚イジリのオンパレードですから、随分とアクセス数を損していることになりますね(大笑)。これって、一定数のパヨクがこのHPを見ていたということになりますか。ま、そんなことはどうでもいいのですが。

 思い起こせば、悪夢の民主党政権が誕生以来、ずっとパヨク批判をしてきましたから、筋金入りの保守と思われるかもしれませんが、私は、政策に関しては自民党を100%信頼しているわけではありません。経済政策に関しては懐疑的ですし、グローバリストの味方である諸政策(移民政策等)には大反対です。改憲に関しても、本音は中途半端な9条改定(2項を残す)には組みしません。しかし、現実解としては、9条2項は削ることはできないでしょう。なので、主義主張に関しては、「極めて善良な」普通の市民というわけです(笑)。

 翻ってみると、安倍政権ってけっこう左派的な施策を多く実行してるのですよね。金融緩和による雇用創出なんて、欧米では(中道)左派しか唱えませんし、今頃になって、グローバルスタンダードの時代遅れも甚だしい「移民政策」を取ろうとするなんて、まったくサヨクそのものじゃないですか。これを、極右政権だなんて批判する、日本のパヨクの馬鹿振りが際立ってるというものです。昔は、サヨクが思想として格好が良かったのかもしれませんが、この頃の劣化サヨク(所謂パーなサヨクという意味の「パヨク」)を見るにつけ、時代は変わったのだと思ってしまいます。

 また、反日パヨクメディアしか見ない情弱男女に対しては、可哀想だとは思いますが、その方々が「安倍は嫌いだ」とノタマワっても、別に仕方が無いと思っています。麻生副総理に言わせると、衆院選結果で、戦後はじめてサヨク陣営が3割を切ったのだそうです。このように、所詮は、サヨクはこのあと消えゆく(高齢化で)運命なのでしょうね。しかしね〜〜〜、安倍が嫌いだといって、じゃぁ一体誰が首相なら文句が出ないんだ?と聞くと一様に口ごもるのですよね。野党では革マル崩れの党首ですか(現実には有り得ませんが)? こいつだって十分クズなのですから、それ以外の野党議員はゴミ以下でしょうに。自民内だって、まともな後継首相候補は極めて限られてきます。

 このあと、北豚問題が決着し、消費税増税をひっくり返して(安倍さんは増税が確定とは言っていません。増税する「場合は」使途を変えると言ってるだけ)、日本経済がデフレから完全脱出できたら、その頃までには改憲の発議&国民投票も終わるでしょうから、そこまでやって交代して欲しいですね。【2017.11.7】



【Social】 衆院総選挙が終わりました。

 結果は、ほぼ事前予想通りでしたが、日本の有権者がどれだけ「馬鹿か?」を示すインジケーターである絶望の党の当選者数です・・・・が、やっぱりある一定数のカンチガイが居る様ですね。30議席くらいで終わっていれば、日本も捨てたものじゃないと感心したのでしょうけど。

 一方、立民の大躍進にはいろいろな意味で驚いています。日本には一定数のパヨク有権者がいることが分かりますが、立民の幹部たちは、ミンス党政権時代に一番日本を毀損したバカン一派なわけです。おまけに、党首は革マル崩れ・・・・犯罪歴のある議員もいるし、常識で考えたらとっても投票する気にならない奴らが中心メンバーです。いくら、自民党&安倍首相が嫌いだといっても他に投票する政党は無いのかねぇ・・・・って、冷静に考えてみたら・・・・・・「パヨクが選択する政党は」無いか(笑)!ま、これもそのうち、高齢の特に情弱男女の人口減少とともに変わっていくことを期待したいですけどね。

 なにはともあれ、北豚対応に抜かりがなくなったわけで、おまけに安倍総裁の三選はほぼ決まったようなので、安倍嫌いにとっては「耐えられない」でしょう。この流れはたいへんいいことです。なので、ま、焦らず改憲発議を煮詰めてもらいたいものです。

 ところで、昨日のNHK等のフェイクメディアは、いまだに「モリカケへの対応は?」と質問しますが、愚かですねぇ。すでに、この選挙で国民はモリカケなんか問題ないと審判を下したというのに。この頃の安倍首相の答弁では

@国会閉会中審査でも十分すぎるくらい真摯に対応したこと
A民間の調査委員は「一点の曇りもない」と疑惑を否定していること
B加ト元愛媛県知事の証言で「(文部省で)歪められた行政が、政府の構造改革特区の扱いで是正された」と証言したこと
C報道機関は上記ABを(全くと言っていいほど)報道していないが、国会中継を見た人なら真実を解ってもらえる

 という論調でいつもインタビューに答えています。特にメディアにとっては、モリカケを質問すると、安倍首相は上記4点セットをよどみなく話すので、かえってCの報道機関の不作為が「報道」されちまうので、聞く方も及び腰になっているようです。たいていの場合、安倍さんにこの答弁をされると、フェイクメディア側質問者は、それ以上モリカケ質問を続けません(笑)。選挙期間中もずっとこのように演説していたので、国民の間でもだいぶコンセンサスが得られてきたようですね。要するに、いまどき、モリカケを言うやつは、「私は馬さん鹿さんです」と自分で言ってるようなものなのですから(大笑)。

 ま、この選挙期間をはさんで株価は史上初の15連騰ですから、自民党政権の完全勝利を、日本経済界が全幅の信頼を持って迎えたということになります。トランプも祝辞で「圧倒的勝利をおめでとう」と言ってきています。一見めでたしめでたしなのですが、ちょっと心配になるのは、安倍さんの体調です。さすがに12日の選挙戦は堪えたようで、顔色も良くなかったですが、早く回復して欲しいですね。当分は、安倍首相の代わりになる人が居ませんから。リベラルな岸田を教育し直して、ちゃんとした後継者に育てるまで、頑張って欲しいものです。【2017.10.23】




【Social】 昨日、期日前投票に行ってきました。

 当地の正規の投票所は、車を出さないと行く気にならない場所にあり、投票が面倒なのですが、前回の国政選挙から、期日前投票所が駅から自宅への帰り道途中にできて、至極便利になりました。たまたま、会社帰りが早く、20時前にたどり着けることができたので、滑り込んで投票してしまいました。

 今回、当地では自民現職が強くて、緑のおばさんの党は、どこの馬の骨ともわからない、ぽっと出のにーちゃんだったので、まぁ、自民候補の圧勝でしょう。これを嫁さんに知らせたら、「それじゃつまらないので、政党は「嵐」、候補者は「大野聡」とでも書いておくわ」とか言っていたので、勝手にしろと返しておきました。まったく、当地は投票しがいのない選挙区です(苦笑)。

 冗談はさておき、今回の選挙・・・・なんだか変です。

@立憲なんちゃらが勢いを増しているとか。緑のおばさんの党が大ゴケしてるので、サヨク有権者の一定の受け皿になっているのだそうです。曰く、「緑のおばさんに尻尾ふりまくって矜持を捨てた、ちゃらんぽらんと我らは違う」と言って独立したから、こいつ等は気骨がある・・・・なんて嘘くさい話になっています。

 しかしねー、こいつ等は、前原が明清党は「全員が」緑の党に合流するんだ・・・と提案した両院議員総会において、揉み手で賛成した奴らなんですよね。これのどこに気骨があるんだか?もし、千歩譲って「気骨がある」と称するなら、この時に合流に賛成しないで、明清を離脱せいや!と言いたいですよね。バ管なんかもそうです。そういや、バ管はそれでも選挙区では落選確実のようですが、立憲なんちゃらの比例票が増えると、また、非礼(←おっと、この変換はナイス)ゾンビ復活しそうで、まったく腹が立ちます。

A選挙後にミンシン再結成の話は「選挙期間中は」下火になってるようですが、これは、選挙後、必ず再燃します(きっぱり)。緑のおばさんの党でやっとこさ当選できそうな元明清議員は、「我々はトロイの木馬」だと公言している奴がいます。こいつらって、緑のおばさんの独裁行動や、緑の党の党勢が芳しくなければ、あっという間に裏切って、再合流するでしょう。政党ロンダリング、というかまさに議員就活のための偽装(緑の)党員だったというわけですね(笑)。なんせ、明清党は150億円からの政党助成金を持ってるので、選挙が終われば、亡者のごとくまた集まってきますよ、どうせ(怒)。【2017.10.20】



【Social】 衆院選も残すところ一週間となりました。で、絶望の党by緑のタヌキが予定通り大失速しました。ほぼ大勢は決したようですね。

 ところで、、支那共産党大会(18日〜)が間近にせまっています。この開催にあたりに北豚が暴走してミサイルを撃てば、不利な野党の情勢に、さらに拍車がかかります。安倍さんが、遊説を即中止して、対応に当たる姿を見れば、「野党なんぞに任せられるか!」となるのは火を見るより明らかだからです。一説によると、昨今では、北豚のミサイル発射の日時は確実に米国に把握されていて、日本政府にも遅滞なく情報が共有されているようなのです。不謹慎ではありますが、日本の将来の事を真剣に考えると、北豚に少し“オイタ”をしてもらった方がいいのかも・・・と思ってしまいます(笑)。

 ただ、それが“オイタ”でなくて、巷間噂されている、「西海岸に届く可能性のある北極星14のロスとハワイの中間沖への着弾」なんてことになると一気に戦争に突入してしまうかもしれませんが、ま、仮に豚がやったとしても、米中露日で戦後処理の調整が終わった後に北(豚)せん滅作戦の発動になるでしょう。これには最速でも年末近くまでかかると思います。

 ところで、話を戻して、今回、緑のタヌキ旋風が「吹かなかった」理由ですが、都議選(都政選挙)の成功体験を衆院選(国政選挙)へ持ち込んだことが大きいファクターを占めているのではと思い始めました。もともと緑のタヌキはブラックな都政の魑魅魍魎(内田とか、握手を拒否した都議会議長とか)に対抗するジャンヌダルク的なイメージで1年間を売ってきました。脳梗塞を起こした老石原元都知事を理由もなく糾弾したり(実際、百条委員会では何も不正は証明されていない)、豊洲問題を異常に大げさにして、さも問題が起きているように演出して、都議選に備えました。

 ここまでは、イメージ戦略が奏功して、タヌキファンが大きく増えて、あの都議選の結果を導いたわけです。要するに、既成の魑魅魍魎オヤジに苛められていたのを、キップのいい喧嘩で跳ね返してる「颯爽とした緑のタヌキ(笑)」を演じていて、これが好感をもって大衆に受け入れたのです。流石に、私でさえ、あのクズ同然の無能な自民党都議には吐き気を催してましたから、これは戦略として大正解だったわけです。

 これが、国政進出だとちょっと違います。緑のタヌキは、当初、衆院選に出る気まんまんでしたが、

・都政を放りだして衆院選に出馬なんて言語道断(7割超の都民の声)。

 にビビッて、引っ込んだのと(知事と絶望の党代表の二足のわらじでさえ「ふざけるな」という声もかなり大きいが)、「緑のファシズムを断行」するために

・明清の極左議員の入党を排除したのが、「緑のタヌキファースト」であることを印象づけて党勢が大失速。

 というミソが付いた上に、

・反日左翼メディアが、安倍より右の思想の緑のタヌキを叩き始めた(文春砲まで「緑のタヌキ」と揶揄、新潮には「傾国」とまで書かれるが、傾国って本来は国を傾けるほどの絶世の美女のことを言うのですが、タヌキはだいぶ違うよなぁ、:笑)。

でケリがついたのだと思っています。その他には

・公約がまったくひどく、「12のゼロ」なんて小学生の作文でも書かない。(←もう、無かったことになってる?)

・言ってることが軽薄で中身がなくて、流石に「緑のタヌキって口はなめらかだけど、中身が無くて、要するに頭わりーんでないの?」と思われ始めた。

 ので終わったのですね。都議選までは「いろいろな既得権勢力を敵視して孤軍奮闘していた姿を受け入れた大衆も、今回は、実はブラックな独裁側の匂いをぷんぷんさせて、「排除の論理」を振りかざすタヌキの姿に、ドン引きしたというのが結論のようです。キワメツケは、22日の緑のタヌキは、おフランスに在って、敗戦の将の弁は聞けないらしいですから、あきれ果ててしまいます。あくまで、格好の悪いことはしたくない、自分ファーストそのものですね。

PS
 ここにきて政党ロンダリングの話題で持ちきりですね。元明清党議員の選挙後再結集ですと。まさに、選挙さえ通れば、何でも有りのクズ議員の言いそうなことです。これって思わず本音が出たのでしょうね(笑)。まぁ、あまりに与党に勝たせると、こちらにもまたカンチガイ議員が増えるので、精々与党で300程度(2/3にすこし足りない程度)でいいと思いますが、それにしても明清党ってコメントするのが不毛に感じるクズ共しか居ませんよねぇ。

PPS
 複数の人がネットで言っていましたが、「ユリノミクス」って、もとより中身は空っぽですが、英語だと「おしっこ経済」なんですと。大笑いですね。英語がお得意なカイロ大学卒業だというのに、調べなかったのかしら?

PPPS
 他人事ながら心配になるのが、明清党の党職員とやらです。緑のたぬきは拾わないだろうから、この人たちは選別されて、反日パヨクの立憲なんちゃらに行かざるを得ないのかしら?【2017.10.17】



【Social】 ここらで衆院選についてコメントしておきます。今日は公示日ですが、なんと北の建国記念日でもあります(笑)。

 はい、自分ファーストの緑のタヌキは、絶望の党党首として「都政を放りだして衆院選に立候補することは無い」と言いました。ですが、どうも、明清党議員の希望への移籍に関して「排除いたします」といった頃から、絶望の党に逆向きな風が吹き始めたように思います。結局、移籍を「許された議員」に共通するのは、「超絶望的パヨクではない?」という括り以外に「党首の緑のタヌキより目立たず、党首に楯突かず、それでいて、もしかしたら絶望の党の看板の下でなら当選できるかもしれない、物言わぬ奴隷達」というジャンルの人たちであることが解ります。主義主張なんかどうでもよくで、要するに緑のタヌキの引き立て役を選んだということです。まさに自分ファーストの面目躍如ですわね。このあざとい様子は一般大衆にも少しずつ浸透してきているようですね。

 党首討論(ニコニコ&記者クラブ)を見ましたが、緑のタヌキの言葉は本当に空虚ですね。痛いところを衝かれれば、逆質問か、答えないでかわし、中身の無いカタカナ語を連発して取り繕う・・・この連続です。こういう、自分が目立てばよし、党員は「私の言いなりになりなさい」という党首の党にどうして投票できるのでしょうか? そういや、党首が国会議員ではなくて(←国民の審判を経ていない)、党員である国会議員を思いのままに動かすことが出来る体制って、一体何なのでしょうね? こういう輩をファシストというのではないでしょうか?民主主義の根幹を覆す暴挙ということができます。緑のタヌキは、この問題を認識しているのだろうか?

 絶望の党に集まった明清崩れは、主義主張など議席欲しさに「ころころ」変えるクズ共ばかりで、おまけに名が売れていないので、頼るは緑のタヌキの傘だけというありさまです。入党に際し、右寄りの踏絵を踏まされて極左は「排除」されていますから、絶望の党のイメージが「右」に分類されてしまったわけで、このところ、さすがの反日左翼メディアも、絶望の党に対して対決姿勢に転じつつあります。この党は、踏絵を踏まされた候補者が集まったので、結局明清のクズ議員が「改憲賛成派」に「転向」させられたわけで、明清党が有った頃は(あれ、まだあるのかな?:笑)、改憲大反対の声を上げざるを得なかったのが、今回の騒ぎで、「改憲勢力が増えた」ということになっていますから、そこだけは緑のタヌキの成果として認めてあげましょう(但し、選挙後大分裂しなければ・・・ですが:笑)。

 ところで、立憲民主党って解り易くていいですねぇ。要するに反日極左(パヨク)の集まりなわけで、メディアは少しは味方するでしょうけど、流石に「普通の人」はドン引きする面子が揃っています。党首からして革マル崩れですからねぇ。いっそのこと狂惨党と一緒に十派ひとからげでゴミ箱にほおり込みたいくらいです(大笑)。こいつ等は顔をさらしたら恥ずかしくて街中を歩けないレベルです。

 いずれにしても、絶望の党の党首は、風任せの無責任ババァであることが、かなり一般にも浸透したのではないでしょうか?今回の衆院選は、日本の有権者のうち、馬鹿&クズがどのくらいの比率で存在するのかを測ることができる面白い機会だと思っています。普段TVしか見ない情弱男女で、緑のタヌキのことを「カッコよくていいわ〜〜〜」なんてほざいて絶望の党の候補者に投票しちまう、脳みそが溶けているヤツ等の比率が解るというものですね(笑)。

PS
 それにしてもこの前都民ファーストを離党した、音喜多とかもどうしようもないふざけた奴だったけど、話を聞くと、緑のタヌキの独裁ぶりは聞きしに勝るものがありますね。ま、絶望の党の命脈も選挙が終わればそう長くはないでしょう。

PPS
 緑のタヌキの言いぐさで「選挙はTVが作るのよ」は、けだし名言ですね。その通りかもしれません。緑のタヌキが得意なTV受けする話題で情弱男女を囲い込めれば、頭が悪くても、行政手腕なんか無くても議員という美味しい権力に有りつけるということですからねぇ(溜息)。

PPPS
 緑のタヌキは都政に専念するといっても、これから先、オリンピック、豊洲と難題山積です。頼りとするブレーンも無く、ドウスルツモリなのだろうか? 今回、風が吹かずに国政に脱出できなかったので、これから棘(いばら)の道になるはずです。さて、どこで投げ出すか・・・非常に楽しみ(都民の皆様には大変申し訳ありませんが)ですね。【2017.10.10】



【Social】 トランプがらみからスタートです。

 国内の絶望の党に関しては公示日まで大きく変化(迷走)する可能性が高いので、また日を置いて記します。

 まずはロシアゲート事件です。
トランプの大統領当選を早くから当てていた国際政治学者の藤井厳喜さんによると、ロシアゲート事件に関して、トランプが弾劾に値するような不正の証拠は全く出ていないとのことです。この事件は、ある意味、日本で言えばモリカケ事件と同じで、まったくのフェイクメディアの捏造であるらしいのです。コミーFBI長官が、議会証言で、トランプの不正行為は無かったと証言しているのですから、もう、終わったも同然の事件のようです。弾劾にまで発展したら、さぞやこの面倒くさい時期に世界情勢が混乱して厄介だろうなぁ、と思っていたので、ある意味ホッとしました。まったくどこの国でも劣化パヨクに牛耳られるMSM(メインストリートメディア)の言うことは信用できません。この件も、日本では殆ど報道されていませんね。

 ところで、相変わらずのトランプの罵詈雑言ですが、北豚との駆け引きに関しては、圧勝という感じでしょうかね。ロケットマンを追い詰めているのが良くわかります。米国は、やるなら戦術核の使用も辞さずと、腹を決めたようで、その雰囲気が北に伝わったのか、コミカルな北豚の初の声明にその雰囲気を見て取ることができます。曰く「トランプが世界の面前で私と国家の存在自体を否定して侮辱し、わが共和国(北朝鮮)をなくすという歴代で最も暴悪な宣戦布告をしてきた以上、われわれもそれに見合う史上最高の超強硬対応措置断行を慎重に考慮する」なーーんて北豚が言っていますが、最後のくだりは笑っちまいます。史上最高の超強硬対応措置なら、断行すると普通に宣言すればいいのに、「断行を慎重に考慮する」なんて、まったくもって腑抜けています(大笑)。これは、米国の「本気」に相当びびっている証拠です。

 そういや、グアム島にミサイル攻撃をすると言ったときも、「中長距離戦略弾道ロケット火星12で、グアム周辺を炎で包み込むための作戦を慎重に検討している」なんて「慎重」と言う言葉を使っていますが、こういう言い回しの時は、北は絶対やりません。今回も、北の外相が、「太平洋での核爆発」なんてほざいていますが、外相ごときが何を言おうが、実施しなくても面子はつぶれませんから、北は決してやらないでしょう。というか、まだ核爆弾の運搬手段が無かろうに。米国にしてみれば、最初の一撃を北に撃たせられれば、報復攻撃の理由として完璧ですが、もうこうなると北が撃たなくても、ベトナム戦争、イラク戦争を引き起こしたように、なんらかの口実を作って、今回もやるでしょうね。もう、米国は戦後処理のことを考え始めているかもしれません。【2017.9.29】



【Social】 10月に衆院解散総選挙が決ったようです。

 なんだかんだ言っても、これから北(豚)の脅威は長いスパンで解決していかなければなりません。一方、大陸の共産党大会以降は何が起きるかわかりません。それらに備えるために、これから4年間の安定政権を樹立しておくことは極めて重要です。そうした盤石の態勢下で、憲法論議もやればいいし、なにより北(豚)への備えの議論をしっかり国民全体で実行できることが重要です。そう考えると、時期としては、ここ以外有り得ない、ベストタイミングだと思います。

 もちろん、モリカケのフェイクニュースに踊らされた一般国民の理解も少しは覚醒してきて、安倍政権の支持率が戻ったし、明清党のスキャンダル(前原ハニートラップ、山尾ダブル不倫)や止まらない離党騒ぎ、さらには国政の小池ファースト新党も準備が整わないといった好条件もありますが、こんなことは枝葉末節であり、はっきり言ってどうでもいい(どうせ、沈みゆく奴らなので影響は軽微)と思います。

 まぁ、そうはいっても泡沫政党に落ち込むのが確実な明清党にしてみれば、党存続の死活問題ではあるのでしょう。今回は是非見てみたいのが、バ管の比例復活ならずというシーンです。前回は海江田の犠牲の上に比例復活していますから、是非今回こそは叩き落したいですね。その他、どんな明清党幹部が落選するのか、今から楽しみですゎ・・・(笑)。

 PS
 それにしてもトランプの国連演説はファンタスティックの一語でした。北を相当糾弾するとは聞いていましたが、まさか拉致被害者の横田めぐみさんにまで言及するとは思いませんでした。たぶん安倍首相の入れ知恵ですね。この根回しも素晴らしいです。

 PPS
 なんと、米国の対北豚穏健派のティラーソン国務長官までが、残された手段は武力行使しか無くなりつつあると言い出しています。ヘイリー米国国連大使も、国連の枠組みでは、出来ることは無くなって、あとは北爆みたいな言い方になっています。これだと11月のトランプの訪日以降はどうなるか分かったもんじゃありません。

 PPPS
 主役のマティス国防長官は、括目すべきコメントをしています。曰く、「ソウルを火の海にすることなく北朝鮮を攻撃できる」ですと。これらの一連の高官の言動って、12月に北爆が決定したのか????

 PPPPS
 ロケットマン(北豚のこと)が怒りまくっているようです。北の外相曰く「太平洋で最大規模の水爆を爆発させる」そうです。やったら、北半島は蒸発して無くなりますね(笑)。【2017.9.22】



【Social】 9月9日の建国記念日は見送りましたが、今日、安保理制裁決議に対して、北豚がぶちかましましたね。

 今回の飛距離は3700kmとグアムに十分届く距離です。夏の「グアムを攻撃する」とぶち上げたご乱行?の実証をしたということでしょうか?今回は一回クッションを置いた形で、次はハワイとロスの中間地点あたりが目標ということになりますね。これで、大気圏突入技術の検証となんちゃってICBMからICBMへの格上げを世界に向けてアピールするのだろうと思います。

 北豚は思ったほど馬鹿ではないようで、トランプが暴発できない「ギリギリ」を衝いています。しかしながら、その絶妙なところを衝いているという自信が、もしかしたらすでに相手(トランプ)の一線を越えてしまっているかも?とも考えることができます。豚くんは「どうせ、韓国に居る米人(10万以上)や日本人(3万?)、韓国を攻撃すれば被害を蒙る韓国人(100万以上)のことを考えれば、絶対に米国は北爆(ベトナム戦争か!)はできない」とタカをくくっていると思います。パヨクの芸人評論家もそう思っているので、トランプは既に敗北して、北と対話をするしか残された道はない・・・みたいな論調です。

 でもねぇ、トランプいや米国って、そんなに導火線が長いだろうか?「自国への核攻撃の可能性」が生起するなら、予告も無く躊躇せず相手を叩くと思うのですよね。問題は、そのレッドラインは何処か分からないのですが、先の「ハワイーロスの間の海域」にでも打ち込んだら、流石に導火線は残らないだろうなと思います。今回は大陸も、仕方なく安保理制裁に従う振りをしていますし、米国も金融封鎖(北と取引のある銀行と取引停止)を検討しているようですから、北としては早い時期にICBM+核爆弾を完成させたい焦りから、誤ってトランプのレッドラインを突破する可能性は十分にあると思います。それこそが、米国の「思うつぼ」なのでしょうけどね。【2017.9.15】



【Social】 これは、えらいことになりましたね。

 昨日の北豚の核実験はとんでもない事態を招くかもしれません。まず、いままで笑っていた「なんちゃって水爆」が、どうやら、今回は核融合を用いているらしいこと(規模はメガトン級の本物水爆ではないにせよ)、また、火星12とかで、高高度核爆発によるEMP攻撃が可能だと北豚が公言していること。この二つです。

 今回の爆発は70Kトン近辺でしょうが、これでEMP攻撃をすれば、例えば、仮に西海岸に届いたとして、ロスとサンフランシスコ、サンディエゴあたりは一発でアウトです。これで、米国の反応が抑制的なのでしょう。

 しかし、これは裏を返せば、年内は無いと言われていた北の殲滅作戦(いわゆる飽和攻撃)が早まった可能性を否定できません。EMPだと、弾頭の大気圏再突入技術は要らないし、EMP爆発は非致死性ですが、電力・情報系インフラが壊滅するので、爆発で失う以上の人命を長期に渡って奪うことになるとも言われています。これには米国は耐えられないでしょう。

 現在、南半島には十万人規模の米国人がいるし、在韓米軍が一個師団2万5千くらいは居るはずです。もう、彼らを韓国外に短期間で退避させる手段はありません。そういう気配を察すれば、北豚は「攻撃される恐怖」で暴発するかもしれません。米軍が戦争突入の正当性を得るための罠としては、こちらのほうがいいのでしょうけど。しかし、本当に怖いのは、ある日突然、米国が北に飽和攻撃を仕掛けることです。そのほうが、殲滅度合いが高いからです。ミサイル施設、核実験場、38度線のロケット砲、もちろん豚の居そうな地下施設、これらを一気に叩いて北豚に反撃させない・・・・・もし、米軍が先制攻撃をするならば、これしか手段が残っていません。大変に難しいことなので、さすがの米軍とて二の足を踏むでしょう。

 しかし、あの核実験、並びにハワイに向けて(日本を飛超えて)撃たれた火星12号(距離は抑制したが)で、米国は、自国防衛のための正当性を得たと判断してもおかしくありません。米国はやるときはやります。テレビの馬鹿コメンテータのお花畑話を笑っている余裕はもう無いと考えたほうが良さそうです。

 できれば、こんな予想が外れてくれることを切に祈りたいですね。【2017.9.4】

PS 
 9月9日に何も起きませんように!!! Jアラートが鳴り響きませんように!!!




【Social】 村田R4が逃げました(笑)。おっとR4って蓮舫のことです、念のため。民清党党首を辞めるとさ。前回都議選で、明清党は壊滅的打撃を受け明清党の支持率も狂惨党を下回るんじゃないかと言われるほどに低迷しているさなかの逃亡です。一時は衆院に打って出る(参院議員じゃ党首はいかがなものかという理由)なんて、口にして2日かそこらで撤回ですね。ふっと考えたら、「一議員」の立場で衆院への鞍替えは無理と気づいたのでしょう。まったく明清党議員らしい情けない体たらくですね。R4は去年の10月までは二重国籍状態だったので、公職選挙法に照らせば、これは議員資格はく奪の可能性が高かったわけで、そこまでのブザマさを晒したら、明清党は国政からも完全消滅するという危機感から、党内で突き上げを食らったのでしょう。

 しかし、ちょっと残念ですねぇ、R4が居る限り、あのキーキー声を聞いている限り、明清党の党勢が上向くことは絶対に無いのが確実だったのに、クビがすげ替ると、もしかしてそれが覆るかもしれないなんて(大笑)。ま、どうでもいいか、こんなこと。民清党の害なんかよりも、マスゴミが連日フェイクニュースを垂れ流して事実を歪め、情弱男女がそれに呼応して現政権の支持率が下がることの方が問題です。安倍首相が改憲を言いだした瞬間に、なりふり構わない倒閣謀議にマスゴミが全力投球しはじめ、ある程度成功していることが、日本の一番のリスクですねぇ(怒)。支那は今の日本の状態に大喜びでしょう。また、北豚がICBM発射か、核実験をやろうとしているらしいのに、「もりかけそば」が国会の一番ネタで、「事実詐称報道」がマスゴミの常態ですからねぇ・・・この国は一体どうなっているのだろうか。【2017.7.28】


【Social】 ここまで自民党の惨敗になるとは思わなかった都議会議員選挙でした。

 いくら、厚化粧の大年増のあざとさに辟易していようと、あの自民党都議連の連中に投票するくらいなら、数年もしないうちに不祥事大発生で溶解するであろう小池ファーストチルドレンではあるが、こちらに投票しようという行動も理解できなくはありません。あの内田茂や、小池の都知事就任挨拶でガキのように握手を拒否した都議会議長みたいな、腐った都議連中に較べれば、小池ファーストチルドレンに流れるのは仕方のない事でしょう。反日マスゴミの偏向報道を鵜呑みにする情弱男女と、都民を非難するのも酷というものです。

 これって、良く考えると、国政選挙とは違いますが、2008年の衆院選の状況に近いですね。堕落した自民党に怒りの鉄槌を食らわそうと、当時の民主党に票が流れたわけです。しかし、その後の大混乱はご覧のとおり、今や明清党は、党が消滅しそうな様相を呈しています。小池チルドレンは小池の言うことに逆らうことが許されない投票マシーンで、自分じゃ考える脳みそ持っていないでしょうから、馬脚を現すのは既定路線のはずです(大笑)。自民党都連も、程度の低い馬鹿な元議員を一掃して、次の選挙に向けて、「まともな」議員候補を育成することから始めるべきですね。そのころには、大年増の化けの皮も剥がれているでしょうから(笑)。【2017.7.3】



【Social】 小池が豊洲移転を決めたようですね。笑っちまうのは、築地を食のテーマパークにするなんて、都がやったら100%失敗するような馬鹿な企画を提起して、豊洲移転反対派(要はパヨクですよ)に配慮したことです。都議選で小池ファーストの会は、狂惨、明清、Kメイと握っていますから、そちらへの配慮が欠かせないわけです。要するに「あざとい」のですよね。

 食のテーマパークなんていっても、5年後を目途じゃ小池は都知事から追放されてるし(本人は総理大臣になってるつもりかもしれませんが:苦笑)、まったく小池本人としては、「どうなろうと知ったこっちゃない」話です。それよりも、6000億もかかったという豊洲の費用は、築地を売却することで4000億円を贖う計画でしたから、売却益が入ってこないばかりか、食のなんちゃらの投資が追加で発生するわけですよ。そんな事業計画を、都議会にも諮らず、都知事の独断で決められるものでしょうか?都民のみなさん!こんなクソプランは弾劾(笑)いやリコールものの事案じゃないですかねぇ。

 これだけ支離滅裂な厚化粧の大年増の無能さに、大衆は気が付かないのか、いまだにこの大年増の支持率が高いんですと。都民のみなさんのオメガネは、どえらく曇っているようですよねぇ。そういやこれが好評で、すごい勢いで売れてるらしいですが、反日パヨクメディアにしか接しない一般大衆には無縁のものなのでしょうね。ことほど左様に、真実を知ることができないのは本当に残念なことです(嘆息)。

 そういや、
豊洲は安全ではあるが安心できない
なる支離滅裂な大年増発言を、栄えある迷言ランキングである流行語大賞に、是非ノミネートしてもらいたいと思います(大笑)。この一言が大年増の無能さの全てを物語っているからです。【2017.6.21】



【Social】 なんだか一転して、日本にとって悪夢が待ち受けているのかなぁ・・なんて思い始めました。

 懸念の根源は言うまでも無くトランプです。ロシアンゲート事件で弾劾にまで発展すると、これはちょっと厄介です。というのも、日本を取り巻く環境がやばすぎるからです。

■北豚は相変わらずミサイルを打ちまくっています。倒れるのは、トランプが先だ・・みたいな勢いです。

キンペーは秋の共産党大会までは、かなりの確率で、事を起こさないでしょう。北豚を絞めるなんて冒険をやろうものなら、夏の北戴河会議を乗り切れないからです。当然、ロシアンゲートによるトランプ弾劾可能性も算段に入れれば、今、この時期に動く動機はまったくないでしょう。ロシアンゲートの成り行きを見ながら、のらりくらり過ごすはずです。なんせ、米中会談で反射神経ゼロが証明されたキンペーですから。

■南半島は親北政権ですから、まったく当てにできません。彼の国では、北豚がミサイルを打つことがあるなら南半島向けじゃなくて、まずは日本向けだろうとタカをくくっています。南半島国内じゃ、北に対する恐怖心を持つ国民は殆ど見当たらないないのだとか。

 こんな状況下、トランプは「なめられ始めている」のじゃないでしょうか?トランプは何をしでかすか分からないので、弾劾されるのを避けるために、敢て北豚を攻撃する選択肢があるという言説もありますが、南半島の邦人、米人の脱出はそう簡単ではありません。そんなに簡単に北半島攻撃に踏み切れるものではなさそうです。

 となると、トランプが倒れて、北主導の南北統一が成る・・・・これが考えられる最悪シナリオですが、なんだか荒唐無稽な絵でもなさそうな気がしてきました。トランプに対しては共和党とて一枚岩じゃないですから、共和党保守派が見放したら、それで終わりですね。

 まぁ、仮にトランプが弾劾されることになっても、共和党政権であれば最悪の事態は避けられると思いたいですが、相当な薄氷を踏むことになるでしょう。こんな時期に、日本国内ではマスゴミと野党は「忖度問題」ばかり騒いでいます。前川助平なんてふざけた面白キャラまで繰り出されてお祭り騒ぎです。この分だと、マスゴミと野党のクズ共は、日本にミサイルでもぶち込まれないと正気にならないのでしょうかねぇ?いやいや、あのクズ共は言いますよ・・・曰く「ミサイルを撃ち込まれる方が悪い」と。【2017.6.2】



【Social】 前言撤回ですかね。

 トランプは、下手をするとと弾劾にまで行ってしまう悪手を打ちそうな気がしてきました。今回のFBI長官の解任に伴うインタビューを素直に見ると、どえらい危ない物言いですね。詳細には触れませんが、日本だったら大問題です。大体からして、やましい時は場合は、知性が無い者は恫喝に走るのが常ですから、まさにその典型であるわけです。それにしても、インタビュアーの偉そうな態度に較べて、トランプの浅い椅子の座り方で訴えかけるような前のめり姿勢は、なんだか自信が全くない時の対応に見えて仕方がありませんでした。シリア空爆と米中会談の時のトランプは完璧だと思ったのですが、あれって、軍と共和党保守派が完璧に仕切って、トランプはそのシナリオに即して動いていただけの操り人形だったのか?なんて気もしてきました。

 ところで、昨日、北の豚が弾道ミサイルを打ちました。ロフテッド軌道で、高度は2000kmを超えたのですから、エコな標準軌道で打ち出せば、グアムはおろかハワイまでも届くかもしれないと言われています。これは、支那に対する明確なミサイル&核放棄の否定の意思表示でしょう。なんせ支那で今年2番目に優先度の高い一帯一路サミット(笑)の開催前日にぶちかましたのですから、支那の面子は丸つぶれです。おまけに笑い話かと思ったのですが、北半島も、このインチキサミットに呼ばれていたのですって。キンペーの開会演説の苦虫かみつぶした様子は面白かったですわ(笑)。

 着弾地はロシアに近く、カールビンソンの居る日本海中心へのロフテッド着弾は流石に怖くてできなかったので、これはプーチンに内通でもしていたのかしら。今回はロシア沿岸近くに落すけど許してね・・とか(笑)。

 トランプは今、支那に圧力をかけて、まずは支那主導で核放棄を迫っています。キンペーにとっても秋の共産党大会前には「事」を起こしたくないでしょうから、表向きは米国の言う事を聞いて北豚に圧力を掛けているはずですが、ここへきて、北豚から明確なNOを突きつけられた形になっています。こうなると、キンペーは夏の北戴河会議を乗り切れるのか?支那情勢が一気に面白くなりそうです。

 それより、トランプというか米国はもしかすると、本気になってしまったかもしれません。北豚はまだ、対話路線が継続してると思い違いして、ここまでなら大丈夫と思ったかもしれませんが、ハワイの太平洋軍総司令部まで届く弾道ミサイルは、ちょっとやりすぎたのでは?確実に10000km以上飛ぶICBMへの階段を登りつつあるからです。ついこの間、整備を終えて横須賀を出発した第7艦隊のロナルド・レーガン(カールビンソンよりでかい空母)の行き先によっては、雲行きが怪しくなってきたかも。【2017.5.15】



【Social】 しばらく書いていなかったのですが、それは、北半島情勢がいろいろ流動的なので、この件を調子こいて決めつけて書くと、逆に大恥をかくと思われるので静観です(笑)。ということで、最新情報

 ただ、一つ言えるのは、トランプは当初考えていたような馬鹿者ではなく、共和党保守派、軍との良好な関係を築いたうえで、硬軟取りませた現実的な対応をしていると思うようになりました。

 なので、ここは小ネタを二つばかり出してお茶を濁したいと思います。

 一つ目は、この記事です。

 まったく笑ってしまいます。内政干渉とかいう型どおりの批判は止めますが、この事例は支那がいつまで経っても近代国家になれないということを如実に表しています。北部戦区(旧瀋陽軍区)が北半島とズブズブで、おまけに江沢民系なので、いくらキンペーが北をなんとかしたいと思ってもどうにもならないって話は超有名ですが、支那(キンペー)は、米国の太平洋軍司令官(ハリス大将)を更迭すれば、南支那海や尖閣における支那への超強硬路線が軟弱になると思っているのです。この時点で、支那は自国の未開な軍組織と米国の軍の指揮命令系統が同じだと思い込んでいるフシがあります。まぁ、ハリス長官は日系二世なので、支那からすれば、ますますもって許せない存在なのでしょうね、超解り易くて、いかにも先の批判が馬鹿っぽく見えます(大笑)。

 ハリス長官に命令できるのは、マティス国防長官とトランプだけです。太平洋軍司令官が、キンペーの意のままにならない北部戦区の司令官と同列と考えている、というのが支那クオリティで、これは3000年の歴史を経ても替ることはなかったのですから、近代化なんて望むべくもありません。軍で指揮命令が為政者の思うようにならないなんて、馬賊が跳梁跋扈していた未開国家と同じというわけですね(笑)。

 次のネタは、憲法改正です。内容の重大さの割に「小ネタ扱い」といういうわけは、発議内容がチンケだからです(笑)。

 安倍首相が、ついに憲法改正を公言しました。憲法改正の発議内容に関しては、極めて不満があるものの、これは野党が反対してもブーメランになる、面白い攻め方だと思います。そういう意味でいいアプローチです。

 北半島情勢の緊迫や、震災がいつ起きるか分からない日本において、9条の一項、二項を維持した上で、いまや自衛隊を「違憲」だと主張するのは相当の勇気が要ります。狂惨党は「自衛隊違憲、憲法改正反対」と、まぁ、馬鹿なりにスジが通っていますが、明清党は「自衛隊合憲、憲法改正反対」なので、合憲なのだから憲法に加筆(加憲)して、それを明文化することに対して反対はできないはずです。維新はもともとOK、公明も加憲なら妥協するでしょう。なので、あとは、どういう政治スケジュールにするかだけですね。発議さえ行われれば、日本国民であれば国民投票で過半数を得るのは容易だと思われます。

 反日パヨクの反発はすさまじいでしょうが、良識ある殆どの日本国民がそれらを蔑みながら、粛々と憲法改正国民投票に向かえれば、と考えています。まずは、憲法を時代に即して変えることが出来ることを示すのが先決です。ただ、反日パヨクメディアの妨害から、いかに「情弱男女を救うか」に関しては一工夫しないといけないでしょうね。

PS
 ただねぇ、9条2項の「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」を残して、どういう形で自衛隊を保持できる条文が書けるのか、非常に興味のあるところではあります。いまからそのレトリックが楽しみです。【2017.5.9】



【ウゴキモノ】 なななんと、今回13年満了の車検(通算で6回目)を受けてしまいました。

 まさか、ここまでの長い期間乗れるとは思っていなかったのですが、どこも悪いところも無く、帳簿上の価値はゼロでも、「まったく問題ない車」を廃棄し、新車に乗り換える必要もないな、と判断したためです。実際、去年の秋口までは、さて、次期車は何にしようかと色々と物色していたのですが、最近では、新車購入にフン切れるほどのパッションは湧き上がって来なかったのです。

 その理由として、
・まず、あまり車に乗る機会が多くなくなった。公共機関の利用や、関係者の車への同乗が多く、そちらの方が楽なので、自分で長時間の運転をするようなことが少なくなった。
・ガタイの大きな車は、もう取り回しがきついので、小形の高品質で剛性の高い車が欲しいのだが、なかなか御眼鏡にかなうものがない
・現行車になんの瑕疵もなく、取り替える理由が見つからない。
てなことが挙げられます。

 まぁ、若い頃はいろいろ“とっぽい理由”で乗り換えてはきましたが、この頃は、普段はあまり使わない移動手段に大金を投じるのは、なんだか馬鹿げているなぁ・・・車に大金を投じるくらいなら旅行したほうがいいや・・・・と思い始めてしまいました。

 実は、前回車検を受ける時は、「どーせ、あと二年だから、確実に壊れていない部分は交換しないで(2年間で壊れるのが予想されるので予め替えておきました・・・はダメよ)」とディーラーの担当者に言って、安く仕上げた覚えがあるのですが、結局、2年間、何もトラブルを経験しませんでした。なので、悪乗りして、今回も同じようにオーダーしました。当然のことながら、今回も安く上がってしまいました。はたして、さすがに今後2年の間になにかトラブルが起きるのか・・・・ちょっと興味はありますね。

 ある程度、部品等の耐久性がしっかり考えられているのか、十分満足して13年間乗ってってきました。走行距離が10万キロ弱と少ないのも、壊れない理由かもしれません。同じ時期に同じ車種を購入した同僚がいますが、彼はなんと私の半分の距離なので、まったく“やれ”が無いと言っています。エンジンも好調で3Lの六気筒ですから、燃費は極悪ですが、距離が伸びないので、ガソリン代も気になりません。ショックアブソーバからの異音で全交換(タダ)してもらったのが唯一の小トラブルですかね。塗装はメタリックで、年式相応の劣化はしてるのでしょうが、ま、輝きが失せてはいるのでしょうけど気になることは有りません。あと、ヘッドライトレンズの黄ばみを取ると、(家内曰く)随分とハンサムな面構えに蘇ったような気がします(笑)。

 もしかすると、長い間乗る気で本格整備をすれば、あと5年くらいは持つのかもしれませんが、そんなことになったら、ディーラーの担当者も流石に嫌気がさすこと請け合いですね(大笑)。ことほど左様に、日本車はすごい品質なんだなぁと、良さを再認識しています。【2017.4.19】



【その他】 有楽町のとある映画館に行ってきました。見たのは、「私はダニエル・ブレイク」です。第69回カンヌ映画祭で最高賞?を取ったからか、内容のシリアスさを物ともせずに?、館内はなんと満員で、これには本当にびっくりでした。カンヌ作品はちょいとひねってないと受賞できないので、それ系の「通」な方々が来ていたのでしょうか?

 最近は、商業主義に染まったエンタメ系の映画(=いわゆるミーハー系)しか見てなかったので、こういう社会告発系の映画は、すごい新鮮に見えました。エンタメ系の映画では、よく寝てしまう嫁さんも、今回は最後まで起きていて、「こういうのが映画の醍醐味よねぇ」なんてわかった風なことを言っていました(笑)。なんせ、シンゴジラで官邸のやり取り(←私にはめっちゃ面白かったが)のシーンから寝始めて、目が覚めたらゴジラが固まっていたという猛者ですからねぇ(大笑)。

 一見、英国の社会福祉に関わる役人の理不尽に、なんの落ち度もない庶民(主人公)が踏みにじられる系のお話に見えて、共感と涙を誘っていたようですが、私の感想はまったく違います。まず大前提に、英国の超緊縮財政があります。当然福祉に対しては支出を極端に絞っています。また、映画での設定は、社会福祉関係の「お仕事」は公営から、効率化を求めて民営化されている・・・という2つの事実に、多分、映画館の場内の殆どの人は気づいていません。曰く、単純な“役人のたらいまわしってひどいよねー、個人の尊厳を踏みにじるよねー。。。。。”てな話ではないのです。

 この映画では、緊縮財政で福祉への支出が絞られ、さらにはその事務は民営化されて、福祉の給付を決めるのは、民間のサービサーです。民営化されれば、その民間事業者は「利潤」を得るために、徹底的に、給付を諦めさせるための工夫をして、給付申請者を苛め抜きます。それは、この映画で描かれたように、個人の尊厳を損ねるほどに。そんな無体な要求をされれば、多くの申請者が給付申請を諦めていき、最後のダニエルの魂の叫びにつながるのです。しかしながら、このオペレーションは、政府の緊縮財政方針と完全に利害が一致します。嫌らしいことではありますが。

 結末は悲しく重く、とっても楽しめる映画ではありませんが、超緊縮財政下で、効率化重視一辺倒に公営事業を民営化すると、こんな酷い社会になるという、私にとっては、「日本も馬鹿なグローバリストの言いなりの政策を続ければ、早晩この轍を踏むことになる」という予言に見えてしまいました。映画館を出た後、昼飯を食いながら嫁さんにそのあたりを解説したら、「そーいう事だったの?」「公務員の怠慢かと思っていた」なんて呑気な反応でした。まぁ、グローバル化の最先端を突っ走った英国(最近、愚かさに目が覚めてBrexitしたが)のこんなバックグラウンドは、遠い日本に居ては、想像もつかないでしょうけどね(苦笑)。これも、「財政規模を極力削って、福祉などは最大限切り詰めた政府が正しい」というグローバルスタンダードとやらの酷い一面だと思いますねぇ(怒)。

 そういや、大阪では水道事業の民営化法案が廃案になった(幸いにも再提案は無いらしい)ようで、これはこれで反グローバリズムの大成果ですが、いつまで抵抗していられるのか。。。。。。。。。。。なんせ日本と言う国は世界の常識を10年遅れで追いかける国ですから、これからもしばらくは時代遅れのグローバル化路線が続くはずです(怒)。【2017.4.4】



【Social】 森友問題に関しては呆れはててしまって、物が言えません。もちろん明清党の馬鹿クズ加減は言うに及ばないのですが、もう、本当に見ていて、馬鹿だチョンだと批判するのにも疲れてしまいます。

 しかし、ここにきて、少し状況が変化しました。篭池のいい加減な答弁をもとに、安倍夫人の証人喚問を迫る論理矛盾は、秘書給与詐欺で前科一犯の辻元議員(もちろん明清党)の証人喚問請求にブーメランしますから、安倍首相の昨日の国会答弁はたいへんなGood Jobです。これで反撃すれば、悪魔の証明(無い事を証明する)を迫る馬鹿クズ野党も音無しくなるのでは?

 さて、ここまでの感想を書いておくと、

・安倍さんの進退に関わる「不正な口利きがあったなら国会議員、首相を辞める」は完全な失言です。これで野党は舞い上がって、ありもしない「忖度」を国民にイメージさせることに躍起になりました。潔白な決意の表れではありますが、野党の馬鹿クズ議員に燃料を投下してしまったのは事実です。首相は安易に進退を口にしてはなりません。

・安倍夫人は思った通りの「ええとこの(=頭の軽い)お嬢」だったわけで、自分の言動がどれだけ日本を毀損するか(馬鹿クズ野党による一か月以上もの森友国会空転は莫大な損失です)に目覚めてもらい、基本、外出時は「付き人」を5人は帯同させて行動を監視するべきです。

・篭池本人は、虚言を弄する犯罪人です。すでに検察は補助金詐欺をスコープに入れて動き出しました。一方、証人喚問は偽証罪で告発できるといっても、2/3の議員の賛成が必要で、基本は全会一致が原則なので、野党は篭池に「告発されないから」と囁き、「野党に都合のいい偽証を教唆」したのでしょう。あの証人喚問は、野党とのなれ合いが強く感じられ、野党に都合のいい虚言を吐いたとみるのが普通の感覚です。それでなくても、安倍首相からはそれまで、散々に“袖”にされ、なおかつ“ボロクソ”に言われているので、ここは一矢を報いる奇策に出たと見ています。

メディアは論外です。報道しない自由、ダブルスタンダードを駆使し、辻元まで擁護しています。最近思うのは、いままで、反日パヨクメディアは、大陸の走狗と散々言われていますが、この世界の緊張下で、日本では下らん問題で国会機能麻痺を主導している姿勢をみるにつけ、冗談でなく、大陸からの指令で動いていると思わざるを得ません。反日パヨクメディアには、在日もかなり入り込んで、高いポジションにまで上り詰めているとも聞くし。。。。。。。さもありなんですね。

これに関しては、反日パヨクメディアの粛清を本当に考えないといけない時期だと思います。反日新聞はそのうち購読者(高齢者)が死に絶えて、一方、若者は新聞なんて歯牙にもかけないので、ほおっておいてもいいですが、問題は、情弱男女の唯一の娯楽である「てれび」です。これは何とかしないと、本当に日本人を毀損してしまいます。日本人の半分はTVの言説に従うとも言われていますから。

・明清党を初めとするゴミ野党に関しては、コメントしたくありません。こんな馬鹿クズ共はまとめて高射砲で撃ちぬき(←北の豚君がチャン・ソンテクをやりました)、木端微塵にして、日本から蒸発させたいですね(本気です)。【2017.3.29】


【Social】 連夜の投稿です。まったく政治の劣化はひどすぎです。

 都政なんて、小池が当選して、内田を追放(次回都議選は出ないが、院政か?)まではとりあえず見ていられたのですが、もう、我慢の限界です。というのも、

   
築地市場は早く豊洲に移転しろ!

 の一言です。私は都民ではないので、豊洲への移転延期に伴う税金の無駄使いを糾弾することはできません。しかしながら、昨今は、TVなんか見たくはないですが、家族をおもんぱかってチャネルを替えられずにいると、あの「
厚化粧の大年増:石原前都知事談」が映し出される機会が多く、本当にうんざりとしてしまうからです。

 「
豊洲は安全だが、安心ではない:大年増談」って、この人、本当に馬鹿ですか?地下水に環境基準の100倍のベンゼンが検出されたって、それがどうなのでしょう?豊洲では地下水を飲むのかよ! そういや、ちょっと前は、盛土が地下ピットになっていたことを糾弾していましたが、地下ピットは、コンクリートで環境負荷物質の浸潤に対しては安全だし、建物保全のためにはこの方式でないと成立しないことも、まるで無視ですから、本当に脳みそついてるの?という感覚です。

 まぁ、しかし、多分そんなことは
分かってやっている確信犯なのでしょう。大年増にしてみれば、7月の都議選までは、メディアへの露出を最大化して、自分の立ち上げた政治団体所属の議員を少しでも当選させよう・・・て魂胆が見え見えです。パフォーマンスマックスで騒いでいれば、話す内容の論理性は支離滅裂でも、大方の大衆は騙せる・・・というあざとさ満開なのです。

 すでに、ネット上の識者の間では、
思った通りひどいパフォーマーだ・・・との認識で一致しています。こんなのに投票した230万有権者は、まだ、騙されたままなのでしょうねぇ、なんせ大年増の支持率は7割を超えているらしいですから、呆れて物がいえません(苦笑)。【2017.3.22】



【Social】 ティラーソン国務長官と岸田外相の会談が行われました。もちろん演目は「北の豚をどう処分するか」に関する米国からの告知です。しかし、この会談、殆どニュースバリューが無かったようで、表だって報じられていません。それもそのはずで、反日パヨクメディアの報道は、森友学園問題一辺倒です。それはこの後書くとして、ティラーソン国務長官は支那の王毅外相とも話し合いましたが、その直後からキンペーの米支首脳会談の現実味を帯びています(4月末?)。これは、どうも、米国は北豚を粛清するが、支那はそれを容認しろとの要求を国務大臣-外相間で話し合わせたが、埒が明かないので、キンペーをトランプが呼びつけたのだ・・・・というかなり真実味を帯びた憶測が飛び交っています。

 北豚は、ここにきて、また
、新たな核実験、ミサイル発射を強行する構えであり、そうなると、一気に事が動く可能性が高くなってきました。日本としては、とばっちりは食いたくないですが、ここは毅然と対応しないといけません。ところがマスゴミの焦点は、暗愚な野党がおふざけこいている国会問題です。

 まったく
この国のクソ野党は、この緊急事態に、どういう脳みそを持っていたら、こんな税金の無駄使い行動ができるのか、ほとほとあきれ果ててしまいます。これでは明清党(←これからこう表記します。支那の奴隷政党という意味で)の政党支持率が6%というのも良く理解できる話です。。明清の連中は、政策ではまともな議論ができないので、アフォな大衆受けするスキャンダルをでっち上げて、あわよくば大臣クビを取ろうと必死ですが、このざまでは、クールな識者だけでなく、明清党が頼みとする「テレビしか情報源のない情弱者」でさえも、流石におかしいと思い始めていると思います。

 森友問題は、理事長の放言癖は
証人喚問で粉砕できますし、パヨク野党の大恥を晒して収束するでしょうが、ここまで、国会の場で無為な時間を過ごさせた罪は万死に値します。同じく稲田防衛大臣の辞任要求も、(確かに脇が甘いが)一笑に付されるレベルです。日報が見つかったからって公開しろって、村田R4の主張は「馬鹿ですか?こいつ。公開なんかできないものなのよ、国防上」で終わりなんですから。要するに、パヨク野党は、まさに「コ・ク・ゾ・ク・モ・ノ」なわけです。新聞、TVしか見ない一部の情弱老人どもは騙せても、ネットに通じた「普通の人」はもうだませないですわ。

 さて、南半島ではくねくねが検察に出頭し、事情聴取を受けています。といっても、
国民感情が法治に勝る国ですから、すでに有罪確定でしょう。代替の韓国の選挙実施は異様に早く、5月9日には親北パヨクの大統領が誕生します。こいつは大統領になったら最初に平城を訪問すると公言する輩ですから、これは大変なことなのです。慰安婦問題の解決なんてどうでもいいとさえ思えてしまいます(どうせできないし、ということは、大使は永久に召喚状態!)。経済的にももう、南半島は利用価値も全くないし、防共バッファの役目を果たせないなら、国交を維持する理由も見当たりません。

 こんな状況の中、情弱老人を、くだらない森友問題に釘づけにしておくマスゴミ、反日パヨク政党は、いまさらではあるのですが、支那様の手下確
定ということでよろしいですね?【2017.3.21】




【Social】 くねくねの弾劾に関して憲法裁判所が確定判決を出しました。正確に言うと、再審もあり得るらしいですが、国民感情が判決を左右する国柄(←事実なので大笑)ですから、まぁ、これで弾劾決定でしょう。再審にむけてのアクティビティは「時間稼ぎ」にしかなりません。ここで、残る期待は軍のクーデターだけですが、普通に考えてこれも望み薄でしょう。

 となると、下半島に
親北大統領の誕生は間違いありません。米軍がTHAADの建設を急ぐのも、親北大統領の誕生前に既成事実を造っちまえ・・・という魂胆なのは明らかです。しかし、実際に、親北大統領が誕生すれば、THAAD撤収にむけて動くのは明らかで、これで、米韓関係は決定的な亀裂が起きます。

 金正男暗殺と4発の中距離弾道ミサイルを日本のEEZに放った北の豚に対しては、自由世界は最大級の危機感を共有することとなりました。これで、さらに南に親北政権が出来た日にはたまったものではありません。
防衛線が対馬海峡になるって、ほんと、冗談ではないです。

 こうなると、
北の豚が在日米軍基地、在韓米軍基地への弾道ミサイル飽和攻撃をする前に、冗談ではなく、米軍の徹底的な武力侵攻を実施してもらいたいものです。それだけの危機が迫っているということを日本人は理解しないといけないのです。日本の空にミサイルが降り注いでからでは遅いということです!【2017.3.10】



【Social】 思い返したことがあります。

 安倍トランプ会談では、日米の国防問題に関してパーフェクトな結果を得ましたが、逆にちょっと心配が出てきています。

 というのも大方の日本人は、トランプは良くわからない偏屈なナショナリストですが、一応、日本に関してはこれを敵視せずに、「核の傘」を外すことはしないようだから「これまで通り」安心していいのかもしれない・・・・と思ったでしょう。しかし、これって、
大きな誤解だと思うのです。というのも、平均的な日本人は、尖閣とかに支那が武力行使をしたら、「米国が追っ払ってくれる」と思っているはずです。「いままで通り」というのは、多くの日本人にとって、こういう解釈なのです。日本の反日パヨクは、支那の武力行使に対しては、即降伏で膝まづいて、丁寧にお迎えするということですから、これは問題外なのですが(大笑)。しかし、まぁ、支那の武力侵攻に対しては、日本人は何もしないでいい・・・米軍が動くから大丈夫・・・・こんな感じに思っているはずです。


 
それって、違うってば。


 支那の武力行使に関しては、まずは「
自衛隊が支那を追っ払う」のですよ。それで、戦局的に劣勢であれば、米軍が助けてくれるのです。だから、まずは日本が(専守)防衛に立ち上がらなければいけないのです。当ったり前の話ですが、我が家のローラちゃん達(笑)に質問してみると、どーも、「最初から米軍が追っ払ってくれる」と解釈しているようです。多分、これが平均的日本人の防衛意識です。

 
臆病モノのキンペーであれば、米軍の100%コミットがあれば、絶対に手出しはしませんから、十分な抑止力が効くと思います。なので、これからの尖閣周辺に出没する武装漁船や偽装公船(要は軍艦ですわ)の数の推移を見て行けば、確実に減るものと期待しています。

 と思っていたら、全人代やら、秋の中央委員会全体会議向け内政(とにかく人事!)で忙しいのもコレアリで、このところあまり暴れていない支那と異なり、本日、
北の豚がICBMらしきミサイルを4発も日本のEEZ(排他的経済水域)にぶち込みました。米韓合同軍事演習に対して威嚇の意味が第一次的でしょうが「基地外度」において、北半島は、支那とは桁違いです。もしかしたら、米韓合同演習ごときではなくそれに隠された「意味」を嗅ぎとってミサイルを暴発させたのかもしれません。

 というのも、この
合同演習中に北の豚の斬首作戦を実行するらしいとか、北半島の核施設の殲滅に動くらしいという噂がかなり真実味を持って語られています。ティラーソン国務長官が17日に緊急来日するのも、そのあたりの事前協議だとかで噂が持ちきりです。一方、レームダックの韓国では、保守派の軍クーデターによって一発逆転もできそうにないので、北の影響下の大統領が誕生します。そうなると、北半島主導で、半島の統一が成ってしまうかもしれない、とんでもない危機を迎えます。そうなる前の米国の先制攻撃があるというのです。

 もし、米国が北の豚の斬首&核基地攻撃を実施すれば、自衛隊は安保法制に則って、米軍と共働することになります。何故なら、北の豚は米軍の攻撃の報復として、日本にミサイル(未だ核弾頭成功はしていないが)をぶち込む可能性があるからです。今の日本では、
「ありえねー」と思っている、御花畑頭の多くの日本人も、そろそろ目を覚まさねばならない時期に来ています(まぁ、実際にミサイルの飛来を見るまで、目は覚めないだろうが)。それにしてもイージス艦のSM3とパトリオットだけで、日本の防空は大丈夫だろうか?大変に心配です。【2017.3.6】



【Social】 まったく笑っちまいますね。

 
クズミンシン党の政党支持率が6%ですと。一方の内閣支持率は、安倍トランプ会談が無難に終わったことで、66%に跳ね上がりました。なんと11倍スコアで、もはや、クズミンシン党なんて存在が抹殺されたレベルといえます。

 なんせ、
あの南半島のクネクネの支持率(弾劾決議当時)が5%ですからねぇ。。。。クズミンシンも「そんなレベル」と思っておけばいいですね。かたや、誰もが認めるレームドダックですから、大勢のパヨク議員がよってたかってもその無能なアヒルさんと同じということですね。これなら、衆院総選挙は、今年末でも十分に余裕がありそうです。その頃には、ひょっとすると、狂惨党支持率(確か4%近辺)を「も」割り込むか?てなもんですね。狂惨党は公安から「テロリスト集団の指定」を受けていますから、それと同じレベルの支持率ということは、支持者は殆ど「基地外」ということになりますね。話はそれますが、狂惨党の辻立ちってどうしてあんなに貧乏くさいのですかねぇ。全共闘時代のなれの果てって、社会的地位を得ることも無いままに、朽ち果てそうな老人ばかりに見えます。おっと、脱線。

 旧聞になりますが、ツイッターを見てたら、
村田R4(蓮舫)が、「トランプ(なんか)とゴルフに興じている安倍首相はいかがなものか」的な発言に対して、「日米首脳同志がゴルフを通じて親交を深めるのは好ましい」と考える人が73%も居るというアンケート結果に、R4が「涙目」みたいな、傑作ツイートがありました。ことほど左様に、反日パヨクは世情から乖離して、見放されているわけでして、まぁ、生きていくのもつらいということなのでしょうねぇ。クズミンシン議員は批判されるのが仕事なので別に構わないでしょうが、政党職員とかも同じように「白い眼」で見られるのは、可哀想な事ですよねぇ(同情)。きっと、子供は学校でイジメにあってるのだろうなぁ・・・・あーカワウソじゃなかったカワイソー(笑)。【2017.2.25】



【デジモノ】 珍しく連夜のTsubuyakiの投稿です。 ニコンの凋落が止まりません。今日の日経によると、一年前に発売の発表をしたDLシリーズは結局発売されずにお蔵入りとのことです。また、リストラに際して、予定数以上の社員が殺到していることをみても、今後、そう簡単に復活するのは難しいでしょう。最初のリストラに応募する人は、有為な人なので、それが多いということは、すでに会社が見限られているということです。私は、昔は真面目なニコンが大好きで、反対に傲慢なキャノンが大嫌いだったせいで、一時期、所有デジカメをニコンに寄せていたのですが、ミラーレスの台頭に際してニコワンを提案してきた時点で、ふっきれてしまいました。

 
これでは行き詰る! 1インチセンサーなんてだめだよ! 
        みんなこんなものは求めてないよ! (←当時の感想です)


 いまとなっては、その通りなのですが、結局は、「嗜好品」の傾向のあるデジカメにおいては、
商品訴求力が無いものは、当然淘汰される運命にあります。当時、D7000の出来栄えには満足していましたが、その後のニコンはフルフレーム一辺倒で、ミラーレスは超格下のニコワンで我慢しときな!という商品ラインアップには、ものすごい嫌悪感を覚えました。もちろん、APS-Cは主力で売れていましたが、レンズラインアップを見ても、APS-Cのガンレフはどーも継子(ままこ)扱いに見えました。要するに、FFへの「つなぎ」の位置づけなんです。だから、APS-Cにはあまり注力せず、そこそこ売れればOK、性能はFFの方が明らかにいいから(でかいけど)、早くそちらに移ってねw てな扱いです。もっとも、D500なんて力の入った亜種というか変異種もたまには出していますけど、当たり前ですが、カメオタ以外には振り向かれません(笑)。

 だいたい、FF機って本体だけでは儲かってるのか?と思ってしまいます。販売台数はレンズ交換式の1〜2割くらいでしょう?もともと、デジカメ趣味の人でも
、フルフレーム機を使いこなすには、莫大な支出(FF機本体が20万、レンズはまともに揃えれば、その2〜3倍で合計60〜80万!)が要るのに、ニコンは執拗なFF機への執着を見せ、安いFF機(D600とかD750とか)を買わせることができても、利幅の取れるレンズをたくさん購入させることは敵わず、収益があがらない・・・・買う方だって、馬鹿でっかい15〜20万クラスの上玉レンズを何本も持ち歩く元気も、購入力も無く・・・という悪循環を断ち切れなかったのが敗因でしょう。

 要するに、「
普通の人(あるいはそのちょっと上の生意気なやつ)をのめり込ませる」商品力が無かったのが、売り上げ不振の原因です。ニコン機は、ハードはかっちり作ってあって操作性も含めて全く破綻は無いですが、絵はあっさり目で、玄人受けはするのですが、私には全く魅力がありません。要するに、ニコン機を買う人は、昔ながらのニコンの安心感を買っていると思っていて、それでは、このシュリンクしていく「嗜好品のデジカメ業界」でプレゼンスを維持するのは不可能でしょう。

 ところで、最近は
ニコンの唯一の売れ筋である普及型のガンレフとFの暗い標準ズームの組み合わせでは、スマホとあまり変わらんと言われる始末です。言われてみれば、ムキになって否定できません。もう、スマホの敵はコンデジではなく、普及型ガンレフらしいというから恐れ入ります。確かに普及型ガンレフ+キットレンズじゃ、そのガタイの大きさに相応する「価値ある絵」は撮りずらいですね。ただし、その「価値のある絵」は、Fの小さいレンズで撮った「浮き上がる=背景はぼける」絵かというと、どーもそうではなさそうです。家内の実家で写真を見せていたとき、銘玉XF56mmF1.2で撮ったポートレートが意外に不評で、その理由が、背景がぼけてるのでどこで撮ったか分からないじゃないの、というものです(大苦笑)。写真=スマホのようなパンフォーカスが当たり前の人には、レンズ交換してぼかして被写体を浮き上がらせても、その価値を認めてもらえないこともあるということです。これじゃ、ニコン機を買う層なんていなくなっちまうじゃないでか。ま、しかし、子供の運動会では、追随性の面で普及型ガンレフはスマホに対してまだ一日の長はあるでしょうけど(笑)。

 おっと脱線ですが、こうと書くと、PWZが次に言いたいことはすぐに分かってしまいますね。
Fujiに乗り換えたのは慧眼でしょう!と自慢するに決まってると思われるわけです。ま、現実を見れば、フジの躍進はすさまじいので(X-T2は発売後六ヶ月を経ていまだにバックオーダーを抱えている)、早い時期でマウント替えできた自慢といわれればその通りなのですが、そこは、物事、世の中を見る目があると思っていただきたいですね。これ以上書くと嫌み満載になるので、今回はこの辺で切り上げることにしますけど(大笑)。【2017.2.14】



【Social】 安倍トランプ会談が成功裡におわりました。この様子は全世界に配信され、トランプの異例ともいえる厚遇ぶりにある種の驚きを感じています。しかし、仔細にみてみると、懸念と期待がないまぜになっていることが解ります。しかしながら、ともかく全体的には「とっかかり」としては大成功だったことに疑う余地はありません。

 私の懸念ですが、共同声明に尖閣は日米同盟の守るべき島嶼(日米安保5条の適用範囲)であることが明記されましたが、トランプは、米軍の日本におけるホスティングには感謝しつつも、
「尖閣」と名指しで、表明しませんでした。共同声明という外交上最上レベルの成果「書」に書いてあるのだから、敢て口に出さなくても問題ないじゃないか、それにトランプは国防長官のマティスと違って「センカク」なんてどこにあるのか分からないだろうから(笑)、口にしないのは当然と解釈することもできるので、まぁ、ここは「良し」としておきますか。

 懸念その2ですが、日米首脳会談前に、トランプがキンペーに向けて、「一つの中国」を電話会議で言い出しています。これは米国の元の教義に戻ったと言われれば、それまでですが、理由の一つに「日本と支那との関係が微妙だから・・」と言っています。これは、余計なお世話であって、ちょっとやりすぎたから、日本をダシにして米支関係関係改善を図ろうとするトランプの姿勢には、どうも一貫性が感じられず、行き当たりばったりの感想を持ちました。防衛に関して姿勢がぶれれば、支那に絶好の付け入れる余地を与えますから。ただ、
この話は米国からの公式コメントはなく、一方的な支那大本営発表ですので、割り引いて考える必要があるかもしれません。

 いい点もありました。日本が防衛力強化にむけて努力するくだりは「当たり前」ですが、
一歩進んで、「日本の防衛における役割を広げたい」と表明していることです。これは明らかに北半島を意識しています。敵地攻撃の能力の獲得という話につながると思います。攻撃されるのが「明らかに」わかった時点で、その目標を先制攻撃するのは「専守防衛」の範囲内だという解釈を、このところ安倍内閣は少しずつ展開してきています。まさにその通りで、今のところ自衛隊は敵地攻撃能力を展張できる体制ではありませんから、これを強化するのは、防衛力強化にものすごい効果(抑止力)があります。

 パヨクの連中が言ってる言葉の真意を理解できたら(というか、聞いてるはずなのに反応しないのは、
パヨクは要するに言葉が理解できない「馬鹿」だからでしょう:大笑)、ひっくり返って反論するでしょうが、ならず者国家を3か国も近隣に抱える日本国としては、敵地攻撃能力の強化は当然の対応になるかと思われます。【2017.2.13】



【Social】 マッドドッグことマティス米国防長官が来日しました。安倍トランプ会談の露払いということで、日米同盟関係の強固さを再確認した素晴らしいイベントだったと思います。就任2週間で米国防長官が来日するとは、本当に、米国は日米同盟の重要性を理解してるんだと、けっこう感動しました。以前、オバマ民主党政権の始まりの時は、日本は格下扱いで、支那にべったりでしたからねぇ。もっとも、キンペーのアホな「太平洋には米支が支配するには十分な空間がある」とか言って、(相手にされず、悔しくて:笑)、南シナ海に進出した後ですよね、日本の戦略的重要性にオバマが気づいたのは。まったく、民主党の大統領ってのは、お目出度い奴が多いです。

 実は、
米軍って、日本の自衛隊は大好きなのだそうです。先の大戦でも武士道精神に則った戦い方に米軍は敬意を表していましたし、自衛隊は規律正しく、技量も世界最高との評価のようです。合同演習をやると、そういう好印象はますます深まっていくらしく、米軍(特に海軍&海兵隊)で日本をくさす人は皆無というのだから、大したものなのでしょうね。そういや、合同演習で模擬対戦すると、米空母打撃群は日本のディーゼル潜水艦にやられっ放しだそうです。というのも、世界最高水準の静粛さを持つ日本の通常型潜水艦を、米海軍は「見つけられない」のだとか。

 
米海軍艦艇が、日本の潜水艦をあまりに見つけられないので、(心配になって)日本の潜水艦が米空母の近くに浮上したという話は有名です。ということは、実戦なら、この米空母は撃沈されていたことになります。このように、敵に回すと怖い自衛隊には、自ずと敬意を持って称賛されるわけなのでしょう。いわんや、どこぞの国の遼寧なんて「張りぼて」は、自衛隊潜水艦をまったく検知できないままに、航跡の残らない日本製酸素魚雷を数本ぶち込まれて、何が起こったか分からないうちに、それこそ簡単に撃沈されます。こんなことはちょっと詳しいミリオタならば常識になっています(笑)。

 おっと、脱線です。今回の会合では、
尖閣防衛に安保適用という当たり前のドクトリンを思い切り支那に向けて、早い時期にぶっ放したし、駐留米軍経費の100%化にも触れませんでした。これらは、トランプの(いままでの)言説とは微妙に異なるのですが、マティス国防長官は、既に、捕虜への水攻め発言で、トランプの考え方を変えさせた唯一の閣僚ですから、早晩、彼の言う通りに米国の国防政策は推移するはずです。で、彼の発言は日本の思惑と100%一致しますから、これ以上ない強い味方を得たことになります。

 カエルの楽園に描かれた「老いたワシ」は岩山の向こうに飛んで帰ってしまったわけでは勿論なく、生きのいい青年ワシを連れて帰ってきたようなものです(笑)。なので、今までの共和党政権と同等以上な米軍と自衛隊の蜜月関係が期待できます。もちろん、マティス国防長官は、日本の自衛隊が大好きで、日本にも滞在したことのある親日家ですから、今後ともトランプと仲たがいをしないで、職務にいそしんで欲しいですね。

 今回、国防費(自衛隊)の増額傾向(最近数年はたかだか年率0.8%増)も、彼に評価されてるのですが、これだけは「もう少しイロをつけてくれ=米国産装備品を買ってくれby トランプ」とやがて言われるのでしょうけどね(笑)。そしたら、是非THAADを導入すべきでしょう。


PS
 しかし、
国防はまったく問題ないとしても、このトランプのおっさん、弾劾されるようなヘマをしそうで心配だなぁ。ペンスになれば、もっと落ち着く?そこが落としどころ(大笑)?【2017.2.6】



【Social】 トランプ爆弾が炸裂中ですね。トランプのご乱心(にみえる)大統領令に対して、あちこちから反撃ののろしが上がっています。私も、さすがにここまでやるとは思いませんでしたが、過激・不勉強(と言われる、報道される)トランプよりはマスゴミそのものの報道のでたらめさに、思いが行ってしまいます。というのも、今、世界中で非難の嵐に曝されている「テロ支援国家7か国からの米国入国禁止令」ですが、マスゴミ報道は本当にひどいですね。(米)マスゴミは、トランプのマスゴミ外しがその存在価値を無きものにしかねないからか、トランプ憎し、トランプ反対のオンパレードでまともな報道をしていません。ものすごい偏向報道というわけです。さすが,Communist News Networkを標ぼうするCNNですね。

 日本でも、アカ日新聞とやらが「
安倍政権の葬式はアカ日新聞が出す」なんてたわごとを言っていた時期がありましたが、いまや、情勢は全くの逆で、アカ日新聞は反日国賊新聞の烙印を押されて青息吐息なわけです。不動産事業で新聞事業の不振を補ってるわけですが、いまや押し紙を除けば、部数は純減一方ですから、「アカ日新聞の葬式は安倍政権が出す」と言われても全然おかしくない状況なわけです(おっと脱線:大笑)。

 その、テロ支援国家(あくまでトランプの想定です)の人民の米国入国禁止令ですが、マスゴミは、米国では大多数の米国民が反対だ、みたいな論調で非難していますが、実際の米国民のアンケート調査(ロイター)だと、この施策に対して、
賛成が49%、反対が41%なのだそうです。これは珍しく朝のNHKニュースでも報じていました。娘なんか、「このアンケート結果は絶対おかしい。こんなに賛成が多いわけないじゃない」なんて、しっかりマスゴミに洗脳されてしまっています。賛成が半分というのは、移民に職を奪われ虐げられた米国白人層の深刻度は半端無いということなのでしょうね。

 娘に対して私は、「おまえなぁ、日本は島国だからまだましだけど、移民法制がいい加減に改正されて、もし、支那から「中〜低度人材」までが簡単にたくさんはいってきたら、治安が悪化して、お前のように、仕事とはいえ夜遅く帰ってくると襲われるかもしれないんだぞ。米国じゃ、こういう移民に職を奪われた米国白人の深刻度が正直にアンケートに現れるんだ。」「え〜〜〜?、そんなこと日本じゃ起こり得ないじゃん」てな会話です。思った通り、彼女は
ローラちゃんを地で行ってるというわけですね。

 ことほど左様に、
反日パヨクが支配するマスゴミの術中に、平均的日本人はまってしまっているわけです。情報を制するということに関しては、反日パヨクの謀略は凄いです。しかし、このパヨク連中ってのは日本を貶めることで、何が得になるのでしょうかねぇ?

 おっと、また脱線ですが、この一見支離滅裂(に見える)トランプですが、本当に無知で勢いだけの馬鹿なのか?あるいは一部で伝えられている、本当の素顔は、自分が無知だと認識したあとは驚くほど素直に相手の話を聞き(納得するかは別ですが)頭は悪くない?という相反した評価があるように「まだ」本質が明らかになっていないと私は思っています。このネタはしばらく盛りだくさんの記述ができそうですねぇ(笑)。【2017.2.4】




【Social】 トランプが相変わらず吠えまくっていますね。就任早々の大統領令の乱発?も彼にとっては予定通りの行動でしょうか?この辺で今までの行動をもとに、私的ではありますが簡単な感想を述べておきましょう。

 まずは、外交ですが、対支那関係は満点です。一つの中国なんて欺瞞は糞くらえ・・をカードに貿易不均衡に鋭く切り込んで、
大いに支那を弱体化させてください(笑)。もっとも、関税強化で、ローテク支那製品が高くなり、米国産物が買われて、米国内雇用が復活すれば、万々歳なのでしょうが、そんなうまい循環を作れるでしょうか? ま、グローバル化で先進国の雇用はめちゃめちゃになったのですから、その正反対な保護主義に戻るのは、ある意味極めて自然で、社会実験としては大変に興味があります。意外とうまく行ったら、鼻持ちならないグローバリストの鼻を明かせて、これは楽しいですね。トリクルダウンなんていう、富んだ者をさらに富ませれば、そのおこぼれが下層にしたたり落ちて、全体としても富は膨らむ・・・なんていう新自由主義思想を真に受ける人はもう居ません。トランプは「保護主義こそが富の源泉」と主張していて、彼の主張全てを肯定する気はさらさらないですが、適度な保護主義は絶対に必要です。

 ところで、
南シナ海は、米国にとっても「核心的利益」に転化したようですね。やっぱり、国務長官、国防長官、主席補佐官のいずれもが対支那強硬派ですから、こうならないはずがありません。きんぺーにとってはオバマの弱腰を衝いて奪い取った9段線内の「仮想領海」の島嶼を、もう軍事基地化したので、南シナ海は支那のモノと思っているでしょうが、トランプにしてみれば、そうは問屋が卸さないというとことでしょうね。アメリカの国益を守るためには、台湾、南支那海、は今までの枠組みをぶち壊すということなのだと思います。軍事費の大幅増額(米国産装備品=武器をたっぷり買うよ)で、このエリアに緊張をもたらすことは火を見るより明らかです。

 一昨日だったか、ボルトン元国連大使が「沖縄の米軍の一部を台湾に移すべきだ」と述べて大きく話題になっています。この実現は相当にハードルが高いですが、内容的には
台湾、日本も大歓迎でしょう。尖閣とかの東支那海の有事に、沖縄と台湾の双方から軍事圧力を掛けられると思えば、実は臆病者のキンペーはこの状況下では決して東シナ海へは進出できません。沖縄の変態パヨクも米軍GO HOMEが実現できるので「大喜び」するんじゃないですか?(実は正反対です。米軍の一部撤退になると沖縄振興予算が減額されるので、米軍の一部撤退には、彼らの主張に反して反対するでしょう。沖縄振興予算はかなり危ない領域に流れてるらしいですから:大笑)

 いずれにしても、日本へは
防衛予算増額の要求が必ず来ると思った方がいいです。グローバリズムに従えば(笑)、世界標準はGDPの2%ですから、あと5兆円も増額させられるプレッシャーがかかります。THAADを入れたり、、領海防衛の要の次期型潜水艦の開発を早めたり、足りないF35Aを追加導入したり、開発中の超長距離対艦(対空)迎撃ミサイルを早期導入したりとやることは腐るほどあります。これで青息吐息の日本の国防産業も息をつくことができ、おまけにGDP増加に貢献できます。公共投資で、道路を作るな!というのであれば、現在の投資先として火急なのは何と言っても国防投資です。おっと、話がずれて行きましたが、いずれにしても、トランプのアジア政策からは目が離せません。【2017.1.26】



【Book】 まずは、この本が大変面白かったことを表明しておきましょう。休みの一日で一気に読み切りました。

 
題名がキャッチーな本は、中身が無いことが殆どですが、今回はそれが当てはまりません。実は、何故、下半島人って、慰安婦問題に象徴されるように、こんなに無様な人種なのか、本当に理解に苦しむので、なにかその理由が明快になる資料ってないものだろうかと常々思っていた要求に「スカっと」答えてくれたからです(笑)。通常の日本人的感覚だと、下半島の国家、人民の行動が、極めて異質に思えるのは、殆どのみなさん(=もちろん日本人であれば、の仮定が付きます。クズミンス党や狂惨党の係累はその限りにありません)には、異論のないところだと思いますが、「何故、こんなにひどいのか?」という理由に答えられる方はそう多くないのでは?と感じていました。

 最初は、何を好き好んで、半島の歴史なんて愚にもつかない内容の書物を読むかなぁ?と思っていましたが、読み進めるうちに、キャッチーなこの本の
題名は「まさにその通りだ」と完全に納得してしまう羽目に陥りました。半島の歴史が専門の著者ではないので、書かれた内容の信憑性について最初はちょっと?的な感想を持っていましたが、著者もそのことを憂慮していたのか、出典は、殆どが半島人のそれも最高知識層(昔はそんなのも居たみたいですね、今は??ですが)の著した書物が主になっています。なので、著者の主張と事実が大きく乖離することも無さそうです。

 ネタバレになりますから、ここであまり深くは述べませんが、一言でいうと、
「馬鹿は死んでも直らない」。その歴史が2000年も続いているということなのでしょう。というのも、彼の国は、全ての内乱・内戦の鎮圧に外国軍を引き入れ、その外国の全てが大迷惑を蒙る歴史が、半島統一の3世紀から今に至るまで続いているということです。要するに、この国の権力者は、自国を支配下に置くために、常に外国軍を利用していたのです。彼の国は、侵略されたされたと騒ぎますが、それは何時でも自分から外国軍を招き入れた結果起こっています。本当に「手前勝手な馬鹿」としか言いようのない奴らなのですね。こんな歴史を知ってしまうと、こんなクズで不実な国家に何を求めても無駄と思えてきます。これはヘイトではありません。れっきとした「事実」で、何人も覆しようがありませんが、都合の悪い事は無視する彼の国ですから、何を言っても聞くことはないでしょうけど(苦笑)。

【Social】 ところで、米国はこの20日から軍が政権を仕切る体制になります。朝鮮戦争では、米軍は半島の不忠を嫌と言うほど体験したにも関わらず、自由主義陣営の防波堤を死守するという大義を守りました。しかし、いまや、米国の下半島からの軍事撤退はほぼ既定路線のように見えます。下半島の政治や経済がどうなろうと知ったこちゃありませんが、「反共の防波堤という存在意義」だけはあったのですが、これからは、もうそれも望むべくもありません。この防衛線が、なんと対馬海峡にまで下りてくるということになるわけで、これは、日本にとってまさに悪夢ということになります。

 当然のことながら、これからの日本は軍事的プレゼンスを米国から要求されるでしょう。よって、平均的日本人の意識も大きく変えなければならないでしょう。仮に、尖閣・沖縄や対馬が「更なる」共産圏の脅威にさらされた場合、
ノー天気なマスゴミは「戦争になるくらいなら、そんな島嶼は差し出した方がいいだろー、ねー、日本の善意のみなさん!」とやってくるとに違いありません。これは、百田・石氏の預言本(笑)でもしっかりと主唱されていますので、多分そうなるのでしょう。とはいえ、私が生きているウチにそんな歴史を見ることがないように願いたいものですね。【2017.1.18】



【デジモノ】 このまえの休みに富士フィルムスクエアに行ってきました。お目当てはもちろんグラファイトシルバーのX-T2とグラファイトのPro-2です。実機を見ないことには色選択ができませんから。ネット情報ではどーもT2の色がシルバーすぎて安っぽい感じがして、この色味ならば、断然黒のほうがいいと思っていました。ヨドバシの店頭に置いてあったカタログにいたっては、X-T10のシルバーそっくりに見えてしまってまったくダメ色ったので、えらい気になっていました。このカタログの色味は照明かけすぎかな?と思ってはいましたが、やっぱり実機を見ないと。

 しっかし、
Pro-2のグラファイト色は、完璧で胸キュンものです。これは欲しいと思わせるすばらしいコンビネーション色です。1000台限定だそうで、これは、中古でも高く価格が維持できるでしょうねぇ。願わくば、グラファイトでT2を作ってくれれば、もう、一択なのですが・・・・どうもそううまい話はなさそうです。で、実際のグラファイトシルバーのT2ですが、初見は「・・・・・・・・・」でした。実機はT1のグラファイトシルバーと同じ色味だったのを確認したのですが、意外と魅力がない感じがしてしまいました。

 それも、Pro2のグラファイトが出色の出来なのを見たからなのでしょう。これを見てしまうと、シルバーの入ったT2は、どーも????てな状況です。同じ値段でもこの感覚ですから、3万円も高いとなると、これは「うーーん」となってしまいます。ただ、この感じは経時変化することが考えられますから、グラファイトシルバーが発売されたら、じっくり比較してみようと思っています。これと、16-55F2.8と、全速日中シンクロ可能な純正フラッシュ(やっと出ました)で、指三本が飛んで行きそうです。しかし、既製品の無線機にはこんな金額を掛ける気にはさらさらならないのが笑ってしまいます。【2017.1.16】



【Social】 1月6日のコメントは脊髄反射でしたが、じっくり見てみると、日本政府はしっかりやっていますね。

・安倍首相はバイデン副大統領から、日韓合意の正当性の言質を取得(米国は仲介しましたからねぇ。)
・「韓国は誠意を見せるべき」との安倍声明(やっと公式に言ってくれました。)
・駐韓大使、公使の一時帰国(一週間くらいの様子ですが、もう訪韓しなくていい。)
・日韓スワップ協議の中止(当然。勝手に国家破産でもしてろ。そうなったら支那様が恵んでくれる。)
・日韓ハイレベル協議の中止(当然。ハイレベルに値する奴が半島には居ない。)

と十分な制裁を課しています。

 聞くところによると、下半島では、日本の正当な対応をにびっくりしておろおろしているらしいですから、その民度たるや土人レベルというわけです。はては、日韓合意後日本が支払った10億円にしても、主な韓国野党指導者は「返還して、再交渉すべき」なんて、
基地外レベルの発言が優勢です。今回は、文明社会の常識を知らない土人に、何を言っても聞かない、約束は守らないということが、世界中で認識されたことになります。やっと、こんな奴らの言う、「慰安婦問題」もまったく信憑性の無いものだと、世界が理解し始めたと思います。

 思い起こせば、明治の早い時期に、あの福沢諭吉翁は「
脱亜論」を著し、「支那と半島は不実の人種なので相手にせず、入欧すべし」と、大正論を説かれています。今ほど、その通りだと膝を打つ機会も無いでしょう。こうして見ると、北半島の豚君は、南の北半島べったりの野党勢力に多大の援助をして、親北半島政権樹立を画策しているようですし、大統領の弾劾成立後は半島全体が支那支配下に入ることは確実です。こうなっては、当然、対ICBM迎撃ミサイルシステム(THAAD)の導入も破棄され、そのうち米軍は韓国から撤退することになるでしょう。

 実は、数は少ないが、下半島には保守勢力も居ることはいます。セヌリ党の分裂した今、その勢力で残るは「軍」だけですが、
クーデターでも起こして、左派弾圧にまで持っていかないと、この国は立ち行かないでしょう。米軍も、密かに韓国軍のクーデター(下半島では朝鮮戦争後2度のクーデター実績がある)を画策しているのではないかと私は睨んでいます。とはいえ、そんなにまでして下半島を自由陣営に留め置く価値はあるのかと問われれば、大変に微妙ですねぇ。反共の防波堤がなくなるのは、日本にとってたしかに厳しいことではありますが。【2017.1.10】



【Social】 おい、下半島、きさん何様のつもりじゃ? どうせ履行なんかできはしないと踏んでいた日韓合意なんて懸念どおりの展開ではないか。国家間の合意もろくに守れない原始人の住む国、それが下半島というわけです。これで、スワップ協議を継続していたら、保守の幟を下ろさねばなりません。麻生財務大臣は最低ラインの仕事はしたと思います【2017.1.6】



新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、振り返ってみると、去年の年初に立てた目標は半分以下しか達成していないので、今年はあまり偉そうなことを表明するのはやめておきます。そうはいっても、なにも目標をたてないのは、さすがに寂しいので、少し考えてみましょう。

 一つは真空管機のリニアアンプを作って、古(いにしえ)の真空管で空にでること。もう一つは、いろいろいままでにやることができなかった技術蓄積をすこしずつやっておこうと思います。というのも、そう遠くない将来には、リタイヤしてサンデー毎日になるのでしょう?から、すこしその辺を見据えて、遊びの幅を広げないといけません(笑)。あとは、真空管アップコンバージョン機のバージョンアップ(機能、送信管)をして、PWZの代表機に仕上げる準備に掛かりたいと思っています。

 話変わって、時事問題では、去年が「怒涛のグローバリズム崩壊」で忙しくて、ついていくのに精一杯でしたが、今年はまさに「日本」について考えてみたいと思います。日米関係(防衛、経済)、国内問題(特に移民法制化の影響)に注目していきたいと考えています。日支関係については、かの国は、米支関係対応で精一杯でしょうが、うまくいかない腹いせに日本にちょっかい出してくることもあるでしょうから、相変わらず腹の立つことが多いかもしれませんね。ただ、米支の軋轢で、支那が無理なプレゼンスに傾けば傾くほど、それが報道されさえすれば、日本国内でも、広く警戒感が広がってくるのを期待したいです。現に、昨年は嫁さんに至るまで、嫌支思考に傾いたので、可能性はゼロではないと思います(笑)。

 なにはともわれ、健康で楽しく一年を過ごせることを祈念したいと思います。皆様もよいお年をおすごし下さい。【2017.1.1】