Tsubuyaki-5



【HAM&自作】
  【Electronics】  【PC/Internet】   【デジモノ】  【Social】  【Economics】 

【家周り】  
【ウゴキモノ】  【Book】  【Sports】  【旅行】・・・・・ 【その他】


Tsubuyaki-1  Tsubuyaki-2  Tsubuyaki-3  Tsubuyaki-4


【Social】 10月に衆院解散総選挙が決ったようです。

 なんだかんだ言っても、これから北(豚)の脅威は長いスパンで解決していかなければなりません。一方、大陸の共産党大会以降は何が起きるかわかりません。それらに備えるために、これから4年間の安定政権を樹立しておくことは極めて重要です。そうした盤石の態勢下で、憲法論議もやればいいし、なにより北(豚)への備えの議論をしっかり国民全体で実行できることが重要です。そう考えると、時期としては、ここ以外有り得ない、ベストタイミングだと思います。

 もちろん、モリカケのフェイクニュースに踊らされた一般国民の理解も少しは覚醒してきて、安倍政権の支持率が戻ったし、明清党のスキャンダル(前原ハニートラップ、山尾ダブル不倫)や止まらない離党騒ぎ、さらには国政の小池ファースト新党も準備が整わないといった好条件もありますが、こんなことは枝葉末節であり、はっきり言ってどうでもいい(どうせ、沈みゆく奴らなので影響は軽微)と思います。

 まぁ、そうはいっても泡沫政党に落ち込むのが確実な明清党にしてみれば、党存続の死活問題ではあるのでしょう。今回は是非見てみたいのが、バ管の比例復活ならずというシーンです。前回は海江田の犠牲の上に比例復活していますから、是非今回こそは叩き落したいですね。その他、どんな明清党幹部が落選するのか、今から楽しみですゎ・・・(笑)。

 PS
 それにしてもトランプの国連演説はファンタスティックの一語でした。北を相当糾弾するとは聞いていましたが、まさか拉致被害者の横田めぐみさんにまで言及するとは思いませんでした。たぶん安倍首相の入れ知恵ですね。この根回しも素晴らしいです。

 PPS
 なんと、米国の対北豚穏健派のティラーソン国務長官までが、残された手段は武力行使しか無くなりつつあると言い出しています。ヘイリー米国国連大使も、国連の枠組みでは、出来ることは無くなって、あとは北爆みたいな言い方になっています。これだと11月のトランプの訪日以降はどうなるか分かったもんじゃありません。

 PPPS
 主役のマティス国防長官は、括目すべきコメントをしています。曰く、「ソウルを火の海にすることなく北朝鮮を攻撃できる」ですと。これらの一連の高官の言動って、12月に北爆が決定したのか????

 PPPPS
 ロケットマン(北豚のこと)が怒りまくっているようです。北の外相曰く「太平洋で最大規模の水爆を爆発させる」そうです。やったら、北半島は蒸発して無くなりますね(笑)。【2017.9.22】



【Social】 9月9日の建国記念日は見送りましたが、今日、安保理制裁決議に対して、北豚がぶちかましましたね。

 今回の飛距離は3700kmとグアムに十分届く距離です。夏の「グアムを攻撃する」とぶち上げたご乱行?の実証をしたということでしょうか?今回は一回クッションを置いた形で、次はハワイとロスの中間地点あたりが目標ということになりますね。これで、大気圏突入技術の検証となんちゃってICBMからICBMへの格上げを世界に向けてアピールするのだろうと思います。

 北豚は思ったほど馬鹿ではないようで、トランプが暴発できない「ギリギリ」を衝いています。しかしながら、その絶妙なところを衝いているという自信が、もしかしたらすでに相手(トランプ)の一線を越えてしまっているかも?とも考えることができます。豚くんは「どうせ、韓国に居る米人(10万以上)や日本人(3万?)、韓国を攻撃すれば被害を蒙る韓国人(100万以上)のことを考えれば、絶対に米国は北爆(ベトナム戦争か!)はできない」とタカをくくっていると思います。パヨクの芸人評論家もそう思っているので、トランプは既に敗北して、北と対話をするしか残された道はない・・・みたいな論調です。

 でもねぇ、トランプいや米国って、そんなに導火線が長いだろうか?「自国への核攻撃の可能性」が生起するなら、予告も無く躊躇せず相手を叩くと思うのですよね。問題は、そのレッドラインは何処か分からないのですが、先の「ハワイーロスの間の海域」にでも打ち込んだら、流石に導火線は残らないだろうなと思います。今回は大陸も、仕方なく安保理制裁に従う振りをしていますし、米国も金融封鎖(北と取引のある銀行と取引停止)を検討しているようですから、北としては早い時期にICBM+核爆弾を完成させたい焦りから、誤ってトランプのレッドラインを突破する可能性は十分にあると思います。それこそが、米国の「思うつぼ」なのでしょうけどね。【2017.9.15】



【Social】 これは、えらいことになりましたね。

 昨日の北豚の核実験はとんでもない事態を招くかもしれません。まず、いままで笑っていた「なんちゃって水爆」が、どうやら、今回は核融合を用いているらしいこと(規模はメガトン級の本物水爆ではないにせよ)、また、火星12とかで、高高度核爆発によるEMP攻撃が可能だと北豚が公言していること。この二つです。

 今回の爆発は70Kトン近辺でしょうが、これでEMP攻撃をすれば、例えば、仮に西海岸に届いたとして、ロスとサンフランシスコ、サンディエゴあたりは一発でアウトです。これで、米国の反応が抑制的なのでしょう。

 しかし、これは裏を返せば、年内は無いと言われていた北の殲滅作戦(いわゆる飽和攻撃)が早まった可能性を否定できません。EMPだと、弾頭の大気圏再突入技術は要らないし、EMP爆発は非致死性ですが、電力・情報系インフラが壊滅するので、爆発で失う以上の人命を長期に渡って奪うことになるとも言われています。これには米国は耐えられないでしょう。

 現在、南半島には十万人規模の米国人がいるし、在韓米軍が一個師団2万5千くらいは居るはずです。もう、彼らを韓国外に短期間で退避させる手段はありません。そういう気配を察すれば、北豚は「攻撃される恐怖」で暴発するかもしれません。米軍が戦争突入の正当性を得るための罠としては、こちらのほうがいいのでしょうけど。しかし、本当に怖いのは、ある日突然、米国が北に飽和攻撃を仕掛けることです。そのほうが、殲滅度合いが高いからです。ミサイル施設、核実験場、38度線のロケット砲、もちろん豚の居そうな地下施設、これらを一気に叩いて北豚に反撃させない・・・・・もし、米軍が先制攻撃をするならば、これしか手段が残っていません。大変に難しいことなので、さすがの米軍とて二の足を踏むでしょう。

 しかし、あの核実験、並びにハワイに向けて(日本を飛超えて)撃たれた火星12号(距離は抑制したが)で、米国は、自国防衛のための正当性を得たと判断してもおかしくありません。米国はやるときはやります。テレビの馬鹿コメンテータのお花畑話を笑っている余裕はもう無いと考えたほうが良さそうです。

 できれば、こんな予想が外れてくれることを切に祈りたいですね。【2017.9.4】

PS 
 9月9日に何も起きませんように!!! Jアラートが鳴り響きませんように!!!




【Social】 村田R4が逃げました(笑)。おっとR4って蓮舫のことです、念のため。民清党党首を辞めるとさ。前回都議選で、明清党は壊滅的打撃を受け明清党の支持率も狂惨党を下回るんじゃないかと言われるほどに低迷しているさなかの逃亡です。一時は衆院に打って出る(参院議員じゃ党首はいかがなものかという理由)なんて、口にして2日かそこらで撤回ですね。ふっと考えたら、「一議員」の立場で衆院への鞍替えは無理と気づいたのでしょう。まったく明清党議員らしい情けない体たらくですね。R4は去年の10月までは二重国籍状態だったので、公職選挙法に照らせば、これは議員資格はく奪の可能性が高かったわけで、そこまでのブザマさを晒したら、明清党は国政からも完全消滅するという危機感から、党内で突き上げを食らったのでしょう。

 しかし、ちょっと残念ですねぇ、R4が居る限り、あのキーキー声を聞いている限り、明清党の党勢が上向くことは絶対に無いのが確実だったのに、クビがすげ替ると、もしかしてそれが覆るかもしれないなんて(大笑)。ま、どうでもいいか、こんなこと。民清党の害なんかよりも、マスゴミが連日フェイクニュースを垂れ流して事実を歪め、情弱男女がそれに呼応して現政権の支持率が下がることの方が問題です。安倍首相が改憲を言いだした瞬間に、なりふり構わない倒閣謀議にマスゴミが全力投球しはじめ、ある程度成功していることが、日本の一番のリスクですねぇ(怒)。支那は今の日本の状態に大喜びでしょう。また、北豚がICBM発射か、核実験をやろうとしているらしいのに、「もりかけそば」が国会の一番ネタで、「事実詐称報道」がマスゴミの常態ですからねぇ・・・この国は一体どうなっているのだろうか。【2017.7.28】


【Social】 ここまで自民党の惨敗になるとは思わなかった都議会議員選挙でした。

 いくら、厚化粧の大年増のあざとさに辟易していようと、あの自民党都議連の連中に投票するくらいなら、数年もしないうちに不祥事大発生で溶解するであろう小池ファーストチルドレンではあるが、こちらに投票しようという行動も理解できなくはありません。あの内田茂や、小池の都知事就任挨拶でガキのように握手を拒否した都議会議長みたいな、腐った都議連中に較べれば、小池ファーストチルドレンに流れるのは仕方のない事でしょう。反日マスゴミの偏向報道を鵜呑みにする情弱男女と、都民を非難するのも酷というものです。

 これって、良く考えると、国政選挙とは違いますが、2008年の衆院選の状況に近いですね。堕落した自民党に怒りの鉄槌を食らわそうと、当時の民主党に票が流れたわけです。しかし、その後の大混乱はご覧のとおり、今や明清党は、党が消滅しそうな様相を呈しています。小池チルドレンは小池の言うことに逆らうことが許されない投票マシーンで、自分じゃ考える脳みそ持っていないでしょうから、馬脚を現すのは既定路線のはずです(大笑)。自民党都連も、程度の低い馬鹿な元議員を一掃して、次の選挙に向けて、「まともな」議員候補を育成することから始めるべきですね。そのころには、大年増の化けの皮も剥がれているでしょうから(笑)。【2017.7.3】



【Social】 小池が豊洲移転を決めたようですね。笑っちまうのは、築地を食のテーマパークにするなんて、都がやったら100%失敗するような馬鹿な企画を提起して、豊洲移転反対派(要はパヨクですよ)に配慮したことです。都議選で小池ファーストの会は、狂惨、明清、Kメイと握っていますから、そちらへの配慮が欠かせないわけです。要するに「あざとい」のですよね。

 食のテーマパークなんていっても、5年後を目途じゃ小池は都知事から追放されてるし(本人は総理大臣になってるつもりかもしれませんが:苦笑)、まったく小池本人としては、「どうなろうと知ったこっちゃない」話です。それよりも、6000億もかかったという豊洲の費用は、築地を売却することで4000億円を贖う計画でしたから、売却益が入ってこないばかりか、食のなんちゃらの投資が追加で発生するわけですよ。そんな事業計画を、都議会にも諮らず、都知事の独断で決められるものでしょうか?都民のみなさん!こんなクソプランは弾劾(笑)いやリコールものの事案じゃないですかねぇ。

 これだけ支離滅裂な厚化粧の大年増の無能さに、大衆は気が付かないのか、いまだにこの大年増の支持率が高いんですと。都民のみなさんのオメガネは、どえらく曇っているようですよねぇ。そういやこれが好評で、すごい勢いで売れてるらしいですが、反日パヨクメディアにしか接しない一般大衆には無縁のものなのでしょうね。ことほど左様に、真実を知ることができないのは本当に残念なことです(嘆息)。

 そういや、
豊洲は安全ではあるが安心できない
なる支離滅裂な大年増発言を、栄えある迷言ランキングである流行語大賞に、是非ノミネートしてもらいたいと思います(大笑)。この一言が大年増の無能さの全てを物語っているからです。【2017.6.21】



【Social】 なんだか一転して、日本にとって悪夢が待ち受けているのかなぁ・・なんて思い始めました。

 懸念の根源は言うまでも無くトランプです。ロシアンゲート事件で弾劾にまで発展すると、これはちょっと厄介です。というのも、日本を取り巻く環境がやばすぎるからです。

■北豚は相変わらずミサイルを打ちまくっています。倒れるのは、トランプが先だ・・みたいな勢いです。

キンペーは秋の共産党大会までは、かなりの確率で、事を起こさないでしょう。北豚を絞めるなんて冒険をやろうものなら、夏の北戴河会議を乗り切れないからです。当然、ロシアンゲートによるトランプ弾劾可能性も算段に入れれば、今、この時期に動く動機はまったくないでしょう。ロシアンゲートの成り行きを見ながら、のらりくらり過ごすはずです。なんせ、米中会談で反射神経ゼロが証明されたキンペーですから。

■南半島は親北政権ですから、まったく当てにできません。彼の国では、北豚がミサイルを打つことがあるなら南半島向けじゃなくて、まずは日本向けだろうとタカをくくっています。南半島国内じゃ、北に対する恐怖心を持つ国民は殆ど見当たらないないのだとか。

 こんな状況下、トランプは「なめられ始めている」のじゃないでしょうか?トランプは何をしでかすか分からないので、弾劾されるのを避けるために、敢て北豚を攻撃する選択肢があるという言説もありますが、南半島の邦人、米人の脱出はそう簡単ではありません。そんなに簡単に北半島攻撃に踏み切れるものではなさそうです。

 となると、トランプが倒れて、北主導の南北統一が成る・・・・これが考えられる最悪シナリオですが、なんだか荒唐無稽な絵でもなさそうな気がしてきました。トランプに対しては共和党とて一枚岩じゃないですから、共和党保守派が見放したら、それで終わりですね。

 まぁ、仮にトランプが弾劾されることになっても、共和党政権であれば最悪の事態は避けられると思いたいですが、相当な薄氷を踏むことになるでしょう。こんな時期に、日本国内ではマスゴミと野党は「忖度問題」ばかり騒いでいます。前川助平なんてふざけた面白キャラまで繰り出されてお祭り騒ぎです。この分だと、マスゴミと野党のクズ共は、日本にミサイルでもぶち込まれないと正気にならないのでしょうかねぇ?いやいや、あのクズ共は言いますよ・・・曰く「ミサイルを撃ち込まれる方が悪い」と。【2017.6.2】



【Social】 前言撤回ですかね。

 トランプは、下手をするとと弾劾にまで行ってしまう悪手を打ちそうな気がしてきました。今回のFBI長官の解任に伴うインタビューを素直に見ると、どえらい危ない物言いですね。詳細には触れませんが、日本だったら大問題です。大体からして、やましい時は場合は、知性が無い者は恫喝に走るのが常ですから、まさにその典型であるわけです。それにしても、インタビュアーの偉そうな態度に較べて、トランプの浅い椅子の座り方で訴えかけるような前のめり姿勢は、なんだか自信が全くない時の対応に見えて仕方がありませんでした。シリア空爆と米中会談の時のトランプは完璧だと思ったのですが、あれって、軍と共和党保守派が完璧に仕切って、トランプはそのシナリオに即して動いていただけの操り人形だったのか?なんて気もしてきました。

 ところで、昨日、北の豚が弾道ミサイルを打ちました。ロフテッド軌道で、高度は2000kmを超えたのですから、エコな標準軌道で打ち出せば、グアムはおろかハワイまでも届くかもしれないと言われています。これは、支那に対する明確なミサイル&核放棄の否定の意思表示でしょう。なんせ支那で今年2番目に優先度の高い一帯一路サミット(笑)の開催前日にぶちかましたのですから、支那の面子は丸つぶれです。おまけに笑い話かと思ったのですが、北半島も、このインチキサミットに呼ばれていたのですって。キンペーの開会演説の苦虫かみつぶした様子は面白かったですわ(笑)。

 着弾地はロシアに近く、カールビンソンの居る日本海中心へのロフテッド着弾は流石に怖くてできなかったので、これはプーチンに内通でもしていたのかしら。今回はロシア沿岸近くに落すけど許してね・・とか(笑)。

 トランプは今、支那に圧力をかけて、まずは支那主導で核放棄を迫っています。キンペーにとっても秋の共産党大会前には「事」を起こしたくないでしょうから、表向きは米国の言う事を聞いて北豚に圧力を掛けているはずですが、ここへきて、北豚から明確なNOを突きつけられた形になっています。こうなると、キンペーは夏の北戴河会議を乗り切れるのか?支那情勢が一気に面白くなりそうです。

 それより、トランプというか米国はもしかすると、本気になってしまったかもしれません。北豚はまだ、対話路線が継続してると思い違いして、ここまでなら大丈夫と思ったかもしれませんが、ハワイの太平洋軍総司令部まで届く弾道ミサイルは、ちょっとやりすぎたのでは?確実に10000km以上飛ぶICBMへの階段を登りつつあるからです。ついこの間、整備を終えて横須賀を出発した第7艦隊のロナルド・レーガン(カールビンソンよりでかい空母)の行き先によっては、雲行きが怪しくなってきたかも。【2017.5.15】



【Social】 しばらく書いていなかったのですが、それは、北半島情勢がいろいろ流動的なので、この件を調子こいて決めつけて書くと、逆に大恥をかくと思われるので静観です(笑)。ということで、最新情報

 ただ、一つ言えるのは、トランプは当初考えていたような馬鹿者ではなく、共和党保守派、軍との良好な関係を築いたうえで、硬軟取りませた現実的な対応をしていると思うようになりました。

 なので、ここは小ネタを二つばかり出してお茶を濁したいと思います。

 一つ目は、この記事です。

 まったく笑ってしまいます。内政干渉とかいう型どおりの批判は止めますが、この事例は支那がいつまで経っても近代国家になれないということを如実に表しています。北部戦区(旧瀋陽軍区)が北半島とズブズブで、おまけに江沢民系なので、いくらキンペーが北をなんとかしたいと思ってもどうにもならないって話は超有名ですが、支那(キンペー)は、米国の太平洋軍司令官(ハリス大将)を更迭すれば、南支那海や尖閣における支那への超強硬路線が軟弱になると思っているのです。この時点で、支那は自国の未開な軍組織と米国の軍の指揮命令系統が同じだと思い込んでいるフシがあります。まぁ、ハリス長官は日系二世なので、支那からすれば、ますますもって許せない存在なのでしょうね、超解り易くて、いかにも先の批判が馬鹿っぽく見えます(大笑)。

 ハリス長官に命令できるのは、マティス国防長官とトランプだけです。太平洋軍司令官が、キンペーの意のままにならない北部戦区の司令官と同列と考えている、というのが支那クオリティで、これは3000年の歴史を経ても替ることはなかったのですから、近代化なんて望むべくもありません。軍で指揮命令が為政者の思うようにならないなんて、馬賊が跳梁跋扈していた未開国家と同じというわけですね(笑)。

 次のネタは、憲法改正です。内容の重大さの割に「小ネタ扱い」といういうわけは、発議内容がチンケだからです(笑)。

 安倍首相が、ついに憲法改正を公言しました。憲法改正の発議内容に関しては、極めて不満があるものの、これは野党が反対してもブーメランになる、面白い攻め方だと思います。そういう意味でいいアプローチです。

 北半島情勢の緊迫や、震災がいつ起きるか分からない日本において、9条の一項、二項を維持した上で、いまや自衛隊を「違憲」だと主張するのは相当の勇気が要ります。狂惨党は「自衛隊違憲、憲法改正反対」と、まぁ、馬鹿なりにスジが通っていますが、明清党は「自衛隊合憲、憲法改正反対」なので、合憲なのだから憲法に加筆(加憲)して、それを明文化することに対して反対はできないはずです。維新はもともとOK、公明も加憲なら妥協するでしょう。なので、あとは、どういう政治スケジュールにするかだけですね。発議さえ行われれば、日本国民であれば国民投票で過半数を得るのは容易だと思われます。

 反日パヨクの反発はすさまじいでしょうが、良識ある殆どの日本国民がそれらを蔑みながら、粛々と憲法改正国民投票に向かえれば、と考えています。まずは、憲法を時代に即して変えることが出来ることを示すのが先決です。ただ、反日パヨクメディアの妨害から、いかに「情弱男女を救うか」に関しては一工夫しないといけないでしょうね。

PS
 ただねぇ、9条2項の「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」を残して、どういう形で自衛隊を保持できる条文が書けるのか、非常に興味のあるところではあります。いまからそのレトリックが楽しみです。【2017.5.9】



【ウゴキモノ】 なななんと、今回13年満了の車検(通算で6回目)を受けてしまいました。

 まさか、ここまでの長い期間乗れるとは思っていなかったのですが、どこも悪いところも無く、帳簿上の価値はゼロでも、「まったく問題ない車」を廃棄し、新車に乗り換える必要もないな、と判断したためです。実際、去年の秋口までは、さて、次期車は何にしようかと色々と物色していたのですが、最近では、新車購入にフン切れるほどのパッションは湧き上がって来なかったのです。

 その理由として、
・まず、あまり車に乗る機会が多くなくなった。公共機関の利用や、関係者の車への同乗が多く、そちらの方が楽なので、自分で長時間の運転をするようなことが少なくなった。
・ガタイの大きな車は、もう取り回しがきついので、小形の高品質で剛性の高い車が欲しいのだが、なかなか御眼鏡にかなうものがない
・現行車になんの瑕疵もなく、取り替える理由が見つからない。
てなことが挙げられます。

 まぁ、若い頃はいろいろ“とっぽい理由”で乗り換えてはきましたが、この頃は、普段はあまり使わない移動手段に大金を投じるのは、なんだか馬鹿げているなぁ・・・車に大金を投じるくらいなら旅行したほうがいいや・・・・と思い始めてしまいました。

 実は、前回車検を受ける時は、「どーせ、あと二年だから、確実に壊れていない部分は交換しないで(2年間で壊れるのが予想されるので予め替えておきました・・・はダメよ)」とディーラーの担当者に言って、安く仕上げた覚えがあるのですが、結局、2年間、何もトラブルを経験しませんでした。なので、悪乗りして、今回も同じようにオーダーしました。当然のことながら、今回も安く上がってしまいました。はたして、さすがに今後2年の間になにかトラブルが起きるのか・・・・ちょっと興味はありますね。

 ある程度、部品等の耐久性がしっかり考えられているのか、十分満足して13年間乗ってってきました。走行距離が10万キロ弱と少ないのも、壊れない理由かもしれません。同じ時期に同じ車種を購入した同僚がいますが、彼はなんと私の半分の距離なので、まったく“やれ”が無いと言っています。エンジンも好調で3Lの六気筒ですから、燃費は極悪ですが、距離が伸びないので、ガソリン代も気になりません。ショックアブソーバからの異音で全交換(タダ)してもらったのが唯一の小トラブルですかね。塗装はメタリックで、年式相応の劣化はしてるのでしょうが、ま、輝きが失せてはいるのでしょうけど気になることは有りません。あと、ヘッドライトレンズの黄ばみを取ると、(家内曰く)随分とハンサムな面構えに蘇ったような気がします(笑)。

 もしかすると、長い間乗る気で本格整備をすれば、あと5年くらいは持つのかもしれませんが、そんなことになったら、ディーラーの担当者も流石に嫌気がさすこと請け合いですね(大笑)。ことほど左様に、日本車はすごい品質なんだなぁと、良さを再認識しています。【2017.4.19】



【その他】 有楽町のとある映画館に行ってきました。見たのは、「私はダニエル・ブレイク」です。第69回カンヌ映画祭で最高賞?を取ったからか、内容のシリアスさを物ともせずに?、館内はなんと満員で、これには本当にびっくりでした。カンヌ作品はちょいとひねってないと受賞できないので、それ系の「通」な方々が来ていたのでしょうか?

 最近は、商業主義に染まったエンタメ系の映画(=いわゆるミーハー系)しか見てなかったので、こういう社会告発系の映画は、すごい新鮮に見えました。エンタメ系の映画では、よく寝てしまう嫁さんも、今回は最後まで起きていて、「こういうのが映画の醍醐味よねぇ」なんてわかった風なことを言っていました(笑)。なんせ、シンゴジラで官邸のやり取り(←私にはめっちゃ面白かったが)のシーンから寝始めて、目が覚めたらゴジラが固まっていたという猛者ですからねぇ(大笑)。

 一見、英国の社会福祉に関わる役人の理不尽に、なんの落ち度もない庶民(主人公)が踏みにじられる系のお話に見えて、共感と涙を誘っていたようですが、私の感想はまったく違います。まず大前提に、英国の超緊縮財政があります。当然福祉に対しては支出を極端に絞っています。また、映画での設定は、社会福祉関係の「お仕事」は公営から、効率化を求めて民営化されている・・・という2つの事実に、多分、映画館の場内の殆どの人は気づいていません。曰く、単純な“役人のたらいまわしってひどいよねー、個人の尊厳を踏みにじるよねー。。。。。”てな話ではないのです。

 この映画では、緊縮財政で福祉への支出が絞られ、さらにはその事務は民営化されて、福祉の給付を決めるのは、民間のサービサーです。民営化されれば、その民間事業者は「利潤」を得るために、徹底的に、給付を諦めさせるための工夫をして、給付申請者を苛め抜きます。それは、この映画で描かれたように、個人の尊厳を損ねるほどに。そんな無体な要求をされれば、多くの申請者が給付申請を諦めていき、最後のダニエルの魂の叫びにつながるのです。しかしながら、このオペレーションは、政府の緊縮財政方針と完全に利害が一致します。嫌らしいことではありますが。

 結末は悲しく重く、とっても楽しめる映画ではありませんが、超緊縮財政下で、効率化重視一辺倒に公営事業を民営化すると、こんな酷い社会になるという、私にとっては、「日本も馬鹿なグローバリストの言いなりの政策を続ければ、早晩この轍を踏むことになる」という予言に見えてしまいました。映画館を出た後、昼飯を食いながら嫁さんにそのあたりを解説したら、「そーいう事だったの?」「公務員の怠慢かと思っていた」なんて呑気な反応でした。まぁ、グローバル化の最先端を突っ走った英国(最近、愚かさに目が覚めてBrexitしたが)のこんなバックグラウンドは、遠い日本に居ては、想像もつかないでしょうけどね(苦笑)。これも、「財政規模を極力削って、福祉などは最大限切り詰めた政府が正しい」というグローバルスタンダードとやらの酷い一面だと思いますねぇ(怒)。

 そういや、大阪では水道事業の民営化法案が廃案になった(幸いにも再提案は無いらしい)ようで、これはこれで反グローバリズムの大成果ですが、いつまで抵抗していられるのか。。。。。。。。。。。なんせ日本と言う国は世界の常識を10年遅れで追いかける国ですから、これからもしばらくは時代遅れのグローバル化路線が続くはずです(怒)。【2017.4.4】



【Social】 森友問題に関しては呆れはててしまって、物が言えません。もちろん明清党の馬鹿クズ加減は言うに及ばないのですが、もう、本当に見ていて、馬鹿だチョンだと批判するのにも疲れてしまいます。

 しかし、ここにきて、少し状況が変化しました。篭池のいい加減な答弁をもとに、安倍夫人の証人喚問を迫る論理矛盾は、秘書給与詐欺で前科一犯の辻元議員(もちろん明清党)の証人喚問請求にブーメランしますから、安倍首相の昨日の国会答弁はたいへんなGood Jobです。これで反撃すれば、悪魔の証明(無い事を証明する)を迫る馬鹿クズ野党も音無しくなるのでは?

 さて、ここまでの感想を書いておくと、

・安倍さんの進退に関わる「不正な口利きがあったなら国会議員、首相を辞める」は完全な失言です。これで野党は舞い上がって、ありもしない「忖度」を国民にイメージさせることに躍起になりました。潔白な決意の表れではありますが、野党の馬鹿クズ議員に燃料を投下してしまったのは事実です。首相は安易に進退を口にしてはなりません。

・安倍夫人は思った通りの「ええとこの(=頭の軽い)お嬢」だったわけで、自分の言動がどれだけ日本を毀損するか(馬鹿クズ野党による一か月以上もの森友国会空転は莫大な損失です)に目覚めてもらい、基本、外出時は「付き人」を5人は帯同させて行動を監視するべきです。

・篭池本人は、虚言を弄する犯罪人です。すでに検察は補助金詐欺をスコープに入れて動き出しました。一方、証人喚問は偽証罪で告発できるといっても、2/3の議員の賛成が必要で、基本は全会一致が原則なので、野党は篭池に「告発されないから」と囁き、「野党に都合のいい偽証を教唆」したのでしょう。あの証人喚問は、野党とのなれ合いが強く感じられ、野党に都合のいい虚言を吐いたとみるのが普通の感覚です。それでなくても、安倍首相からはそれまで、散々に“袖”にされ、なおかつ“ボロクソ”に言われているので、ここは一矢を報いる奇策に出たと見ています。

メディアは論外です。報道しない自由、ダブルスタンダードを駆使し、辻元まで擁護しています。最近思うのは、いままで、反日パヨクメディアは、大陸の走狗と散々言われていますが、この世界の緊張下で、日本では下らん問題で国会機能麻痺を主導している姿勢をみるにつけ、冗談でなく、大陸からの指令で動いていると思わざるを得ません。反日パヨクメディアには、在日もかなり入り込んで、高いポジションにまで上り詰めているとも聞くし。。。。。。。さもありなんですね。

これに関しては、反日パヨクメディアの粛清を本当に考えないといけない時期だと思います。反日新聞はそのうち購読者(高齢者)が死に絶えて、一方、若者は新聞なんて歯牙にもかけないので、ほおっておいてもいいですが、問題は、情弱男女の唯一の娯楽である「てれび」です。これは何とかしないと、本当に日本人を毀損してしまいます。日本人の半分はTVの言説に従うとも言われていますから。

・明清党を初めとするゴミ野党に関しては、コメントしたくありません。こんな馬鹿クズ共はまとめて高射砲で撃ちぬき(←北の豚君がチャン・ソンテクをやりました)、木端微塵にして、日本から蒸発させたいですね(本気です)。【2017.3.29】


【Social】 連夜の投稿です。まったく政治の劣化はひどすぎです。

 都政なんて、小池が当選して、内田を追放(次回都議選は出ないが、院政か?)まではとりあえず見ていられたのですが、もう、我慢の限界です。というのも、

   
築地市場は早く豊洲に移転しろ!

 の一言です。私は都民ではないので、豊洲への移転延期に伴う税金の無駄使いを糾弾することはできません。しかしながら、昨今は、TVなんか見たくはないですが、家族をおもんぱかってチャネルを替えられずにいると、あの「
厚化粧の大年増:石原前都知事談」が映し出される機会が多く、本当にうんざりとしてしまうからです。

 「
豊洲は安全だが、安心ではない:大年増談」って、この人、本当に馬鹿ですか?地下水に環境基準の100倍のベンゼンが検出されたって、それがどうなのでしょう?豊洲では地下水を飲むのかよ! そういや、ちょっと前は、盛土が地下ピットになっていたことを糾弾していましたが、地下ピットは、コンクリートで環境負荷物質の浸潤に対しては安全だし、建物保全のためにはこの方式でないと成立しないことも、まるで無視ですから、本当に脳みそついてるの?という感覚です。

 まぁ、しかし、多分そんなことは
分かってやっている確信犯なのでしょう。大年増にしてみれば、7月の都議選までは、メディアへの露出を最大化して、自分の立ち上げた政治団体所属の議員を少しでも当選させよう・・・て魂胆が見え見えです。パフォーマンスマックスで騒いでいれば、話す内容の論理性は支離滅裂でも、大方の大衆は騙せる・・・というあざとさ満開なのです。

 すでに、ネット上の識者の間では、
思った通りひどいパフォーマーだ・・・との認識で一致しています。こんなのに投票した230万有権者は、まだ、騙されたままなのでしょうねぇ、なんせ大年増の支持率は7割を超えているらしいですから、呆れて物がいえません(苦笑)。【2017.3.22】



【Social】 ティラーソン国務長官と岸田外相の会談が行われました。もちろん演目は「北の豚をどう処分するか」に関する米国からの告知です。しかし、この会談、殆どニュースバリューが無かったようで、表だって報じられていません。それもそのはずで、反日パヨクメディアの報道は、森友学園問題一辺倒です。それはこの後書くとして、ティラーソン国務長官は支那の王毅外相とも話し合いましたが、その直後からキンペーの米支首脳会談の現実味を帯びています(4月末?)。これは、どうも、米国は北豚を粛清するが、支那はそれを容認しろとの要求を国務大臣-外相間で話し合わせたが、埒が明かないので、キンペーをトランプが呼びつけたのだ・・・・というかなり真実味を帯びた憶測が飛び交っています。

 北豚は、ここにきて、また
、新たな核実験、ミサイル発射を強行する構えであり、そうなると、一気に事が動く可能性が高くなってきました。日本としては、とばっちりは食いたくないですが、ここは毅然と対応しないといけません。ところがマスゴミの焦点は、暗愚な野党がおふざけこいている国会問題です。

 まったく
この国のクソ野党は、この緊急事態に、どういう脳みそを持っていたら、こんな税金の無駄使い行動ができるのか、ほとほとあきれ果ててしまいます。これでは明清党(←これからこう表記します。支那の奴隷政党という意味で)の政党支持率が6%というのも良く理解できる話です。。明清の連中は、政策ではまともな議論ができないので、アフォな大衆受けするスキャンダルをでっち上げて、あわよくば大臣クビを取ろうと必死ですが、このざまでは、クールな識者だけでなく、明清党が頼みとする「テレビしか情報源のない情弱者」でさえも、流石におかしいと思い始めていると思います。

 森友問題は、理事長の放言癖は
証人喚問で粉砕できますし、パヨク野党の大恥を晒して収束するでしょうが、ここまで、国会の場で無為な時間を過ごさせた罪は万死に値します。同じく稲田防衛大臣の辞任要求も、(確かに脇が甘いが)一笑に付されるレベルです。日報が見つかったからって公開しろって、村田R4の主張は「馬鹿ですか?こいつ。公開なんかできないものなのよ、国防上」で終わりなんですから。要するに、パヨク野党は、まさに「コ・ク・ゾ・ク・モ・ノ」なわけです。新聞、TVしか見ない一部の情弱老人どもは騙せても、ネットに通じた「普通の人」はもうだませないですわ。

 さて、南半島ではくねくねが検察に出頭し、事情聴取を受けています。といっても、
国民感情が法治に勝る国ですから、すでに有罪確定でしょう。代替の韓国の選挙実施は異様に早く、5月9日には親北パヨクの大統領が誕生します。こいつは大統領になったら最初に平城を訪問すると公言する輩ですから、これは大変なことなのです。慰安婦問題の解決なんてどうでもいいとさえ思えてしまいます(どうせできないし、ということは、大使は永久に召喚状態!)。経済的にももう、南半島は利用価値も全くないし、防共バッファの役目を果たせないなら、国交を維持する理由も見当たりません。

 こんな状況の中、情弱老人を、くだらない森友問題に釘づけにしておくマスゴミ、反日パヨク政党は、いまさらではあるのですが、支那様の手下確
定ということでよろしいですね?【2017.3.21】




【Social】 くねくねの弾劾に関して憲法裁判所が確定判決を出しました。正確に言うと、再審もあり得るらしいですが、国民感情が判決を左右する国柄(←事実なので大笑)ですから、まぁ、これで弾劾決定でしょう。再審にむけてのアクティビティは「時間稼ぎ」にしかなりません。ここで、残る期待は軍のクーデターだけですが、普通に考えてこれも望み薄でしょう。

 となると、下半島に
親北大統領の誕生は間違いありません。米軍がTHAADの建設を急ぐのも、親北大統領の誕生前に既成事実を造っちまえ・・・という魂胆なのは明らかです。しかし、実際に、親北大統領が誕生すれば、THAAD撤収にむけて動くのは明らかで、これで、米韓関係は決定的な亀裂が起きます。

 金正男暗殺と4発の中距離弾道ミサイルを日本のEEZに放った北の豚に対しては、自由世界は最大級の危機感を共有することとなりました。これで、さらに南に親北政権が出来た日にはたまったものではありません。
防衛線が対馬海峡になるって、ほんと、冗談ではないです。

 こうなると、
北の豚が在日米軍基地、在韓米軍基地への弾道ミサイル飽和攻撃をする前に、冗談ではなく、米軍の徹底的な武力侵攻を実施してもらいたいものです。それだけの危機が迫っているということを日本人は理解しないといけないのです。日本の空にミサイルが降り注いでからでは遅いということです!【2017.3.10】



【Social】 思い返したことがあります。

 安倍トランプ会談では、日米の国防問題に関してパーフェクトな結果を得ましたが、逆にちょっと心配が出てきています。

 というのも大方の日本人は、トランプは良くわからない偏屈なナショナリストですが、一応、日本に関してはこれを敵視せずに、「核の傘」を外すことはしないようだから「これまで通り」安心していいのかもしれない・・・・と思ったでしょう。しかし、これって、
大きな誤解だと思うのです。というのも、平均的な日本人は、尖閣とかに支那が武力行使をしたら、「米国が追っ払ってくれる」と思っているはずです。「いままで通り」というのは、多くの日本人にとって、こういう解釈なのです。日本の反日パヨクは、支那の武力行使に対しては、即降伏で膝まづいて、丁寧にお迎えするということですから、これは問題外なのですが(大笑)。しかし、まぁ、支那の武力侵攻に対しては、日本人は何もしないでいい・・・米軍が動くから大丈夫・・・・こんな感じに思っているはずです。


 
それって、違うってば。


 支那の武力行使に関しては、まずは「
自衛隊が支那を追っ払う」のですよ。それで、戦局的に劣勢であれば、米軍が助けてくれるのです。だから、まずは日本が(専守)防衛に立ち上がらなければいけないのです。当ったり前の話ですが、我が家のローラちゃん達(笑)に質問してみると、どーも、「最初から米軍が追っ払ってくれる」と解釈しているようです。多分、これが平均的日本人の防衛意識です。

 
臆病モノのキンペーであれば、米軍の100%コミットがあれば、絶対に手出しはしませんから、十分な抑止力が効くと思います。なので、これからの尖閣周辺に出没する武装漁船や偽装公船(要は軍艦ですわ)の数の推移を見て行けば、確実に減るものと期待しています。

 と思っていたら、全人代やら、秋の中央委員会全体会議向け内政(とにかく人事!)で忙しいのもコレアリで、このところあまり暴れていない支那と異なり、本日、
北の豚がICBMらしきミサイルを4発も日本のEEZ(排他的経済水域)にぶち込みました。米韓合同軍事演習に対して威嚇の意味が第一次的でしょうが「基地外度」において、北半島は、支那とは桁違いです。もしかしたら、米韓合同演習ごときではなくそれに隠された「意味」を嗅ぎとってミサイルを暴発させたのかもしれません。

 というのも、この
合同演習中に北の豚の斬首作戦を実行するらしいとか、北半島の核施設の殲滅に動くらしいという噂がかなり真実味を持って語られています。ティラーソン国務長官が17日に緊急来日するのも、そのあたりの事前協議だとかで噂が持ちきりです。一方、レームダックの韓国では、保守派の軍クーデターによって一発逆転もできそうにないので、北の影響下の大統領が誕生します。そうなると、北半島主導で、半島の統一が成ってしまうかもしれない、とんでもない危機を迎えます。そうなる前の米国の先制攻撃があるというのです。

 もし、米国が北の豚の斬首&核基地攻撃を実施すれば、自衛隊は安保法制に則って、米軍と共働することになります。何故なら、北の豚は米軍の攻撃の報復として、日本にミサイル(未だ核弾頭成功はしていないが)をぶち込む可能性があるからです。今の日本では、
「ありえねー」と思っている、御花畑頭の多くの日本人も、そろそろ目を覚まさねばならない時期に来ています(まぁ、実際にミサイルの飛来を見るまで、目は覚めないだろうが)。それにしてもイージス艦のSM3とパトリオットだけで、日本の防空は大丈夫だろうか?大変に心配です。【2017.3.6】



【Social】 まったく笑っちまいますね。

 
クズミンシン党の政党支持率が6%ですと。一方の内閣支持率は、安倍トランプ会談が無難に終わったことで、66%に跳ね上がりました。なんと11倍スコアで、もはや、クズミンシン党なんて存在が抹殺されたレベルといえます。

 なんせ、
あの南半島のクネクネの支持率(弾劾決議当時)が5%ですからねぇ。。。。クズミンシンも「そんなレベル」と思っておけばいいですね。かたや、誰もが認めるレームドダックですから、大勢のパヨク議員がよってたかってもその無能なアヒルさんと同じということですね。これなら、衆院総選挙は、今年末でも十分に余裕がありそうです。その頃には、ひょっとすると、狂惨党支持率(確か4%近辺)を「も」割り込むか?てなもんですね。狂惨党は公安から「テロリスト集団の指定」を受けていますから、それと同じレベルの支持率ということは、支持者は殆ど「基地外」ということになりますね。話はそれますが、狂惨党の辻立ちってどうしてあんなに貧乏くさいのですかねぇ。全共闘時代のなれの果てって、社会的地位を得ることも無いままに、朽ち果てそうな老人ばかりに見えます。おっと、脱線。

 旧聞になりますが、ツイッターを見てたら、
村田R4(蓮舫)が、「トランプ(なんか)とゴルフに興じている安倍首相はいかがなものか」的な発言に対して、「日米首脳同志がゴルフを通じて親交を深めるのは好ましい」と考える人が73%も居るというアンケート結果に、R4が「涙目」みたいな、傑作ツイートがありました。ことほど左様に、反日パヨクは世情から乖離して、見放されているわけでして、まぁ、生きていくのもつらいということなのでしょうねぇ。クズミンシン議員は批判されるのが仕事なので別に構わないでしょうが、政党職員とかも同じように「白い眼」で見られるのは、可哀想な事ですよねぇ(同情)。きっと、子供は学校でイジメにあってるのだろうなぁ・・・・あーカワウソじゃなかったカワイソー(笑)。【2017.2.25】



【デジモノ】 珍しく連夜のTsubuyakiの投稿です。 ニコンの凋落が止まりません。今日の日経によると、一年前に発売の発表をしたDLシリーズは結局発売されずにお蔵入りとのことです。また、リストラに際して、予定数以上の社員が殺到していることをみても、今後、そう簡単に復活するのは難しいでしょう。最初のリストラに応募する人は、有為な人なので、それが多いということは、すでに会社が見限られているということです。私は、昔は真面目なニコンが大好きで、反対に傲慢なキャノンが大嫌いだったせいで、一時期、所有デジカメをニコンに寄せていたのですが、ミラーレスの台頭に際してニコワンを提案してきた時点で、ふっきれてしまいました。

 
これでは行き詰る! 1インチセンサーなんてだめだよ! 
        みんなこんなものは求めてないよ! (←当時の感想です)


 いまとなっては、その通りなのですが、結局は、「嗜好品」の傾向のあるデジカメにおいては、
商品訴求力が無いものは、当然淘汰される運命にあります。当時、D7000の出来栄えには満足していましたが、その後のニコンはフルフレーム一辺倒で、ミラーレスは超格下のニコワンで我慢しときな!という商品ラインアップには、ものすごい嫌悪感を覚えました。もちろん、APS-Cは主力で売れていましたが、レンズラインアップを見ても、APS-Cのガンレフはどーも継子(ままこ)扱いに見えました。要するに、FFへの「つなぎ」の位置づけなんです。だから、APS-Cにはあまり注力せず、そこそこ売れればOK、性能はFFの方が明らかにいいから(でかいけど)、早くそちらに移ってねw てな扱いです。もっとも、D500なんて力の入った亜種というか変異種もたまには出していますけど、当たり前ですが、カメオタ以外には振り向かれません(笑)。

 だいたい、FF機って本体だけでは儲かってるのか?と思ってしまいます。販売台数はレンズ交換式の1〜2割くらいでしょう?もともと、デジカメ趣味の人でも
、フルフレーム機を使いこなすには、莫大な支出(FF機本体が20万、レンズはまともに揃えれば、その2〜3倍で合計60〜80万!)が要るのに、ニコンは執拗なFF機への執着を見せ、安いFF機(D600とかD750とか)を買わせることができても、利幅の取れるレンズをたくさん購入させることは敵わず、収益があがらない・・・・買う方だって、馬鹿でっかい15〜20万クラスの上玉レンズを何本も持ち歩く元気も、購入力も無く・・・という悪循環を断ち切れなかったのが敗因でしょう。

 要するに、「
普通の人(あるいはそのちょっと上の生意気なやつ)をのめり込ませる」商品力が無かったのが、売り上げ不振の原因です。ニコン機は、ハードはかっちり作ってあって操作性も含めて全く破綻は無いですが、絵はあっさり目で、玄人受けはするのですが、私には全く魅力がありません。要するに、ニコン機を買う人は、昔ながらのニコンの安心感を買っていると思っていて、それでは、このシュリンクしていく「嗜好品のデジカメ業界」でプレゼンスを維持するのは不可能でしょう。

 ところで、最近は
ニコンの唯一の売れ筋である普及型のガンレフとFの暗い標準ズームの組み合わせでは、スマホとあまり変わらんと言われる始末です。言われてみれば、ムキになって否定できません。もう、スマホの敵はコンデジではなく、普及型ガンレフらしいというから恐れ入ります。確かに普及型ガンレフ+キットレンズじゃ、そのガタイの大きさに相応する「価値ある絵」は撮りずらいですね。ただし、その「価値のある絵」は、Fの小さいレンズで撮った「浮き上がる=背景はぼける」絵かというと、どーもそうではなさそうです。家内の実家で写真を見せていたとき、銘玉XF56mmF1.2で撮ったポートレートが意外に不評で、その理由が、背景がぼけてるのでどこで撮ったか分からないじゃないの、というものです(大苦笑)。写真=スマホのようなパンフォーカスが当たり前の人には、レンズ交換してぼかして被写体を浮き上がらせても、その価値を認めてもらえないこともあるということです。これじゃ、ニコン機を買う層なんていなくなっちまうじゃないでか。ま、しかし、子供の運動会では、追随性の面で普及型ガンレフはスマホに対してまだ一日の長はあるでしょうけど(笑)。

 おっと脱線ですが、こうと書くと、PWZが次に言いたいことはすぐに分かってしまいますね。
Fujiに乗り換えたのは慧眼でしょう!と自慢するに決まってると思われるわけです。ま、現実を見れば、フジの躍進はすさまじいので(X-T2は発売後六ヶ月を経ていまだにバックオーダーを抱えている)、早い時期でマウント替えできた自慢といわれればその通りなのですが、そこは、物事、世の中を見る目があると思っていただきたいですね。これ以上書くと嫌み満載になるので、今回はこの辺で切り上げることにしますけど(大笑)。【2017.2.14】



【Social】 安倍トランプ会談が成功裡におわりました。この様子は全世界に配信され、トランプの異例ともいえる厚遇ぶりにある種の驚きを感じています。しかし、仔細にみてみると、懸念と期待がないまぜになっていることが解ります。しかしながら、ともかく全体的には「とっかかり」としては大成功だったことに疑う余地はありません。

 私の懸念ですが、共同声明に尖閣は日米同盟の守るべき島嶼(日米安保5条の適用範囲)であることが明記されましたが、トランプは、米軍の日本におけるホスティングには感謝しつつも、
「尖閣」と名指しで、表明しませんでした。共同声明という外交上最上レベルの成果「書」に書いてあるのだから、敢て口に出さなくても問題ないじゃないか、それにトランプは国防長官のマティスと違って「センカク」なんてどこにあるのか分からないだろうから(笑)、口にしないのは当然と解釈することもできるので、まぁ、ここは「良し」としておきますか。

 懸念その2ですが、日米首脳会談前に、トランプがキンペーに向けて、「一つの中国」を電話会議で言い出しています。これは米国の元の教義に戻ったと言われれば、それまでですが、理由の一つに「日本と支那との関係が微妙だから・・」と言っています。これは、余計なお世話であって、ちょっとやりすぎたから、日本をダシにして米支関係関係改善を図ろうとするトランプの姿勢には、どうも一貫性が感じられず、行き当たりばったりの感想を持ちました。防衛に関して姿勢がぶれれば、支那に絶好の付け入れる余地を与えますから。ただ、
この話は米国からの公式コメントはなく、一方的な支那大本営発表ですので、割り引いて考える必要があるかもしれません。

 いい点もありました。日本が防衛力強化にむけて努力するくだりは「当たり前」ですが、
一歩進んで、「日本の防衛における役割を広げたい」と表明していることです。これは明らかに北半島を意識しています。敵地攻撃の能力の獲得という話につながると思います。攻撃されるのが「明らかに」わかった時点で、その目標を先制攻撃するのは「専守防衛」の範囲内だという解釈を、このところ安倍内閣は少しずつ展開してきています。まさにその通りで、今のところ自衛隊は敵地攻撃能力を展張できる体制ではありませんから、これを強化するのは、防衛力強化にものすごい効果(抑止力)があります。

 パヨクの連中が言ってる言葉の真意を理解できたら(というか、聞いてるはずなのに反応しないのは、
パヨクは要するに言葉が理解できない「馬鹿」だからでしょう:大笑)、ひっくり返って反論するでしょうが、ならず者国家を3か国も近隣に抱える日本国としては、敵地攻撃能力の強化は当然の対応になるかと思われます。【2017.2.13】



【Social】 マッドドッグことマティス米国防長官が来日しました。安倍トランプ会談の露払いということで、日米同盟関係の強固さを再確認した素晴らしいイベントだったと思います。就任2週間で米国防長官が来日するとは、本当に、米国は日米同盟の重要性を理解してるんだと、けっこう感動しました。以前、オバマ民主党政権の始まりの時は、日本は格下扱いで、支那にべったりでしたからねぇ。もっとも、キンペーのアホな「太平洋には米支が支配するには十分な空間がある」とか言って、(相手にされず、悔しくて:笑)、南シナ海に進出した後ですよね、日本の戦略的重要性にオバマが気づいたのは。まったく、民主党の大統領ってのは、お目出度い奴が多いです。

 実は、
米軍って、日本の自衛隊は大好きなのだそうです。先の大戦でも武士道精神に則った戦い方に米軍は敬意を表していましたし、自衛隊は規律正しく、技量も世界最高との評価のようです。合同演習をやると、そういう好印象はますます深まっていくらしく、米軍(特に海軍&海兵隊)で日本をくさす人は皆無というのだから、大したものなのでしょうね。そういや、合同演習で模擬対戦すると、米空母打撃群は日本のディーゼル潜水艦にやられっ放しだそうです。というのも、世界最高水準の静粛さを持つ日本の通常型潜水艦を、米海軍は「見つけられない」のだとか。

 
米海軍艦艇が、日本の潜水艦をあまりに見つけられないので、(心配になって)日本の潜水艦が米空母の近くに浮上したという話は有名です。ということは、実戦なら、この米空母は撃沈されていたことになります。このように、敵に回すと怖い自衛隊には、自ずと敬意を持って称賛されるわけなのでしょう。いわんや、どこぞの国の遼寧なんて「張りぼて」は、自衛隊潜水艦をまったく検知できないままに、航跡の残らない日本製酸素魚雷を数本ぶち込まれて、何が起こったか分からないうちに、それこそ簡単に撃沈されます。こんなことはちょっと詳しいミリオタならば常識になっています(笑)。

 おっと、脱線です。今回の会合では、
尖閣防衛に安保適用という当たり前のドクトリンを思い切り支那に向けて、早い時期にぶっ放したし、駐留米軍経費の100%化にも触れませんでした。これらは、トランプの(いままでの)言説とは微妙に異なるのですが、マティス国防長官は、既に、捕虜への水攻め発言で、トランプの考え方を変えさせた唯一の閣僚ですから、早晩、彼の言う通りに米国の国防政策は推移するはずです。で、彼の発言は日本の思惑と100%一致しますから、これ以上ない強い味方を得たことになります。

 カエルの楽園に描かれた「老いたワシ」は岩山の向こうに飛んで帰ってしまったわけでは勿論なく、生きのいい青年ワシを連れて帰ってきたようなものです(笑)。なので、今までの共和党政権と同等以上な米軍と自衛隊の蜜月関係が期待できます。もちろん、マティス国防長官は、日本の自衛隊が大好きで、日本にも滞在したことのある親日家ですから、今後ともトランプと仲たがいをしないで、職務にいそしんで欲しいですね。

 今回、国防費(自衛隊)の増額傾向(最近数年はたかだか年率0.8%増)も、彼に評価されてるのですが、これだけは「もう少しイロをつけてくれ=米国産装備品を買ってくれby トランプ」とやがて言われるのでしょうけどね(笑)。そしたら、是非THAADを導入すべきでしょう。


PS
 しかし、
国防はまったく問題ないとしても、このトランプのおっさん、弾劾されるようなヘマをしそうで心配だなぁ。ペンスになれば、もっと落ち着く?そこが落としどころ(大笑)?【2017.2.6】



【Social】 トランプ爆弾が炸裂中ですね。トランプのご乱心(にみえる)大統領令に対して、あちこちから反撃ののろしが上がっています。私も、さすがにここまでやるとは思いませんでしたが、過激・不勉強(と言われる、報道される)トランプよりはマスゴミそのものの報道のでたらめさに、思いが行ってしまいます。というのも、今、世界中で非難の嵐に曝されている「テロ支援国家7か国からの米国入国禁止令」ですが、マスゴミ報道は本当にひどいですね。(米)マスゴミは、トランプのマスゴミ外しがその存在価値を無きものにしかねないからか、トランプ憎し、トランプ反対のオンパレードでまともな報道をしていません。ものすごい偏向報道というわけです。さすが,Communist News Networkを標ぼうするCNNですね。

 日本でも、アカ日新聞とやらが「
安倍政権の葬式はアカ日新聞が出す」なんてたわごとを言っていた時期がありましたが、いまや、情勢は全くの逆で、アカ日新聞は反日国賊新聞の烙印を押されて青息吐息なわけです。不動産事業で新聞事業の不振を補ってるわけですが、いまや押し紙を除けば、部数は純減一方ですから、「アカ日新聞の葬式は安倍政権が出す」と言われても全然おかしくない状況なわけです(おっと脱線:大笑)。

 その、テロ支援国家(あくまでトランプの想定です)の人民の米国入国禁止令ですが、マスゴミは、米国では大多数の米国民が反対だ、みたいな論調で非難していますが、実際の米国民のアンケート調査(ロイター)だと、この施策に対して、
賛成が49%、反対が41%なのだそうです。これは珍しく朝のNHKニュースでも報じていました。娘なんか、「このアンケート結果は絶対おかしい。こんなに賛成が多いわけないじゃない」なんて、しっかりマスゴミに洗脳されてしまっています。賛成が半分というのは、移民に職を奪われ虐げられた米国白人層の深刻度は半端無いということなのでしょうね。

 娘に対して私は、「おまえなぁ、日本は島国だからまだましだけど、移民法制がいい加減に改正されて、もし、支那から「中〜低度人材」までが簡単にたくさんはいってきたら、治安が悪化して、お前のように、仕事とはいえ夜遅く帰ってくると襲われるかもしれないんだぞ。米国じゃ、こういう移民に職を奪われた米国白人の深刻度が正直にアンケートに現れるんだ。」「え〜〜〜?、そんなこと日本じゃ起こり得ないじゃん」てな会話です。思った通り、彼女は
ローラちゃんを地で行ってるというわけですね。

 ことほど左様に、
反日パヨクが支配するマスゴミの術中に、平均的日本人はまってしまっているわけです。情報を制するということに関しては、反日パヨクの謀略は凄いです。しかし、このパヨク連中ってのは日本を貶めることで、何が得になるのでしょうかねぇ?

 おっと、また脱線ですが、この一見支離滅裂(に見える)トランプですが、本当に無知で勢いだけの馬鹿なのか?あるいは一部で伝えられている、本当の素顔は、自分が無知だと認識したあとは驚くほど素直に相手の話を聞き(納得するかは別ですが)頭は悪くない?という相反した評価があるように「まだ」本質が明らかになっていないと私は思っています。このネタはしばらく盛りだくさんの記述ができそうですねぇ(笑)。【2017.2.4】




【Social】 トランプが相変わらず吠えまくっていますね。就任早々の大統領令の乱発?も彼にとっては予定通りの行動でしょうか?この辺で今までの行動をもとに、私的ではありますが簡単な感想を述べておきましょう。

 まずは、外交ですが、対支那関係は満点です。一つの中国なんて欺瞞は糞くらえ・・をカードに貿易不均衡に鋭く切り込んで、
大いに支那を弱体化させてください(笑)。もっとも、関税強化で、ローテク支那製品が高くなり、米国産物が買われて、米国内雇用が復活すれば、万々歳なのでしょうが、そんなうまい循環を作れるでしょうか? ま、グローバル化で先進国の雇用はめちゃめちゃになったのですから、その正反対な保護主義に戻るのは、ある意味極めて自然で、社会実験としては大変に興味があります。意外とうまく行ったら、鼻持ちならないグローバリストの鼻を明かせて、これは楽しいですね。トリクルダウンなんていう、富んだ者をさらに富ませれば、そのおこぼれが下層にしたたり落ちて、全体としても富は膨らむ・・・なんていう新自由主義思想を真に受ける人はもう居ません。トランプは「保護主義こそが富の源泉」と主張していて、彼の主張全てを肯定する気はさらさらないですが、適度な保護主義は絶対に必要です。

 ところで、
南シナ海は、米国にとっても「核心的利益」に転化したようですね。やっぱり、国務長官、国防長官、主席補佐官のいずれもが対支那強硬派ですから、こうならないはずがありません。きんぺーにとってはオバマの弱腰を衝いて奪い取った9段線内の「仮想領海」の島嶼を、もう軍事基地化したので、南シナ海は支那のモノと思っているでしょうが、トランプにしてみれば、そうは問屋が卸さないというとことでしょうね。アメリカの国益を守るためには、台湾、南支那海、は今までの枠組みをぶち壊すということなのだと思います。軍事費の大幅増額(米国産装備品=武器をたっぷり買うよ)で、このエリアに緊張をもたらすことは火を見るより明らかです。

 一昨日だったか、ボルトン元国連大使が「沖縄の米軍の一部を台湾に移すべきだ」と述べて大きく話題になっています。この実現は相当にハードルが高いですが、内容的には
台湾、日本も大歓迎でしょう。尖閣とかの東支那海の有事に、沖縄と台湾の双方から軍事圧力を掛けられると思えば、実は臆病者のキンペーはこの状況下では決して東シナ海へは進出できません。沖縄の変態パヨクも米軍GO HOMEが実現できるので「大喜び」するんじゃないですか?(実は正反対です。米軍の一部撤退になると沖縄振興予算が減額されるので、米軍の一部撤退には、彼らの主張に反して反対するでしょう。沖縄振興予算はかなり危ない領域に流れてるらしいですから:大笑)

 いずれにしても、日本へは
防衛予算増額の要求が必ず来ると思った方がいいです。グローバリズムに従えば(笑)、世界標準はGDPの2%ですから、あと5兆円も増額させられるプレッシャーがかかります。THAADを入れたり、、領海防衛の要の次期型潜水艦の開発を早めたり、足りないF35Aを追加導入したり、開発中の超長距離対艦(対空)迎撃ミサイルを早期導入したりとやることは腐るほどあります。これで青息吐息の日本の国防産業も息をつくことができ、おまけにGDP増加に貢献できます。公共投資で、道路を作るな!というのであれば、現在の投資先として火急なのは何と言っても国防投資です。おっと、話がずれて行きましたが、いずれにしても、トランプのアジア政策からは目が離せません。【2017.1.26】



【Book】 まずは、この本が大変面白かったことを表明しておきましょう。休みの一日で一気に読み切りました。

 
題名がキャッチーな本は、中身が無いことが殆どですが、今回はそれが当てはまりません。実は、何故、下半島人って、慰安婦問題に象徴されるように、こんなに無様な人種なのか、本当に理解に苦しむので、なにかその理由が明快になる資料ってないものだろうかと常々思っていた要求に「スカっと」答えてくれたからです(笑)。通常の日本人的感覚だと、下半島の国家、人民の行動が、極めて異質に思えるのは、殆どのみなさん(=もちろん日本人であれば、の仮定が付きます。クズミンス党や狂惨党の係累はその限りにありません)には、異論のないところだと思いますが、「何故、こんなにひどいのか?」という理由に答えられる方はそう多くないのでは?と感じていました。

 最初は、何を好き好んで、半島の歴史なんて愚にもつかない内容の書物を読むかなぁ?と思っていましたが、読み進めるうちに、キャッチーなこの本の
題名は「まさにその通りだ」と完全に納得してしまう羽目に陥りました。半島の歴史が専門の著者ではないので、書かれた内容の信憑性について最初はちょっと?的な感想を持っていましたが、著者もそのことを憂慮していたのか、出典は、殆どが半島人のそれも最高知識層(昔はそんなのも居たみたいですね、今は??ですが)の著した書物が主になっています。なので、著者の主張と事実が大きく乖離することも無さそうです。

 ネタバレになりますから、ここであまり深くは述べませんが、一言でいうと、
「馬鹿は死んでも直らない」。その歴史が2000年も続いているということなのでしょう。というのも、彼の国は、全ての内乱・内戦の鎮圧に外国軍を引き入れ、その外国の全てが大迷惑を蒙る歴史が、半島統一の3世紀から今に至るまで続いているということです。要するに、この国の権力者は、自国を支配下に置くために、常に外国軍を利用していたのです。彼の国は、侵略されたされたと騒ぎますが、それは何時でも自分から外国軍を招き入れた結果起こっています。本当に「手前勝手な馬鹿」としか言いようのない奴らなのですね。こんな歴史を知ってしまうと、こんなクズで不実な国家に何を求めても無駄と思えてきます。これはヘイトではありません。れっきとした「事実」で、何人も覆しようがありませんが、都合の悪い事は無視する彼の国ですから、何を言っても聞くことはないでしょうけど(苦笑)。

【Social】 ところで、米国はこの20日から軍が政権を仕切る体制になります。朝鮮戦争では、米軍は半島の不忠を嫌と言うほど体験したにも関わらず、自由主義陣営の防波堤を死守するという大義を守りました。しかし、いまや、米国の下半島からの軍事撤退はほぼ既定路線のように見えます。下半島の政治や経済がどうなろうと知ったこちゃありませんが、「反共の防波堤という存在意義」だけはあったのですが、これからは、もうそれも望むべくもありません。この防衛線が、なんと対馬海峡にまで下りてくるということになるわけで、これは、日本にとってまさに悪夢ということになります。

 当然のことながら、これからの日本は軍事的プレゼンスを米国から要求されるでしょう。よって、平均的日本人の意識も大きく変えなければならないでしょう。仮に、尖閣・沖縄や対馬が「更なる」共産圏の脅威にさらされた場合、
ノー天気なマスゴミは「戦争になるくらいなら、そんな島嶼は差し出した方がいいだろー、ねー、日本の善意のみなさん!」とやってくるとに違いありません。これは、百田・石氏の預言本(笑)でもしっかりと主唱されていますので、多分そうなるのでしょう。とはいえ、私が生きているウチにそんな歴史を見ることがないように願いたいものですね。【2017.1.18】



【デジモノ】 このまえの休みに富士フィルムスクエアに行ってきました。お目当てはもちろんグラファイトシルバーのX-T2とグラファイトのPro-2です。実機を見ないことには色選択ができませんから。ネット情報ではどーもT2の色がシルバーすぎて安っぽい感じがして、この色味ならば、断然黒のほうがいいと思っていました。ヨドバシの店頭に置いてあったカタログにいたっては、X-T10のシルバーそっくりに見えてしまってまったくダメ色ったので、えらい気になっていました。このカタログの色味は照明かけすぎかな?と思ってはいましたが、やっぱり実機を見ないと。

 しっかし、
Pro-2のグラファイト色は、完璧で胸キュンものです。これは欲しいと思わせるすばらしいコンビネーション色です。1000台限定だそうで、これは、中古でも高く価格が維持できるでしょうねぇ。願わくば、グラファイトでT2を作ってくれれば、もう、一択なのですが・・・・どうもそううまい話はなさそうです。で、実際のグラファイトシルバーのT2ですが、初見は「・・・・・・・・・」でした。実機はT1のグラファイトシルバーと同じ色味だったのを確認したのですが、意外と魅力がない感じがしてしまいました。

 それも、Pro2のグラファイトが出色の出来なのを見たからなのでしょう。これを見てしまうと、シルバーの入ったT2は、どーも????てな状況です。同じ値段でもこの感覚ですから、3万円も高いとなると、これは「うーーん」となってしまいます。ただ、この感じは経時変化することが考えられますから、グラファイトシルバーが発売されたら、じっくり比較してみようと思っています。これと、16-55F2.8と、全速日中シンクロ可能な純正フラッシュ(やっと出ました)で、指三本が飛んで行きそうです。しかし、既製品の無線機にはこんな金額を掛ける気にはさらさらならないのが笑ってしまいます。【2017.1.16】



【Social】 1月6日のコメントは脊髄反射でしたが、じっくり見てみると、日本政府はしっかりやっていますね。

・安倍首相はバイデン副大統領から、日韓合意の正当性の言質を取得(米国は仲介しましたからねぇ。)
・「韓国は誠意を見せるべき」との安倍声明(やっと公式に言ってくれました。)
・駐韓大使、公使の一時帰国(一週間くらいの様子ですが、もう訪韓しなくていい。)
・日韓スワップ協議の中止(当然。勝手に国家破産でもしてろ。そうなったら支那様が恵んでくれる。)
・日韓ハイレベル協議の中止(当然。ハイレベルに値する奴が半島には居ない。)

と十分な制裁を課しています。

 聞くところによると、下半島では、日本の正当な対応をにびっくりしておろおろしているらしいですから、その民度たるや土人レベルというわけです。はては、日韓合意後日本が支払った10億円にしても、主な韓国野党指導者は「返還して、再交渉すべき」なんて、
基地外レベルの発言が優勢です。今回は、文明社会の常識を知らない土人に、何を言っても聞かない、約束は守らないということが、世界中で認識されたことになります。やっと、こんな奴らの言う、「慰安婦問題」もまったく信憑性の無いものだと、世界が理解し始めたと思います。

 思い起こせば、明治の早い時期に、あの福沢諭吉翁は「
脱亜論」を著し、「支那と半島は不実の人種なので相手にせず、入欧すべし」と、大正論を説かれています。今ほど、その通りだと膝を打つ機会も無いでしょう。こうして見ると、北半島の豚君は、南の北半島べったりの野党勢力に多大の援助をして、親北半島政権樹立を画策しているようですし、大統領の弾劾成立後は半島全体が支那支配下に入ることは確実です。こうなっては、当然、対ICBM迎撃ミサイルシステム(THAAD)の導入も破棄され、そのうち米軍は韓国から撤退することになるでしょう。

 実は、数は少ないが、下半島には保守勢力も居ることはいます。セヌリ党の分裂した今、その勢力で残るは「軍」だけですが、
クーデターでも起こして、左派弾圧にまで持っていかないと、この国は立ち行かないでしょう。米軍も、密かに韓国軍のクーデター(下半島では朝鮮戦争後2度のクーデター実績がある)を画策しているのではないかと私は睨んでいます。とはいえ、そんなにまでして下半島を自由陣営に留め置く価値はあるのかと問われれば、大変に微妙ですねぇ。反共の防波堤がなくなるのは、日本にとってたしかに厳しいことではありますが。【2017.1.10】



【Social】 おい、下半島、きさん何様のつもりじゃ? どうせ履行なんかできはしないと踏んでいた日韓合意なんて懸念どおりの展開ではないか。国家間の合意もろくに守れない原始人の住む国、それが下半島というわけです。これで、スワップ協議を継続していたら、保守の幟を下ろさねばなりません。麻生財務大臣は最低ラインの仕事はしたと思います【2017.1.6】



新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、振り返ってみると、去年の年初に立てた目標は半分以下しか達成していないので、今年はあまり偉そうなことを表明するのはやめておきます。そうはいっても、なにも目標をたてないのは、さすがに寂しいので、少し考えてみましょう。

 一つは真空管機のリニアアンプを作って、古(いにしえ)の真空管で空にでること。もう一つは、いろいろいままでにやることができなかった技術蓄積をすこしずつやっておこうと思います。というのも、そう遠くない将来には、リタイヤしてサンデー毎日になるのでしょう?から、すこしその辺を見据えて、遊びの幅を広げないといけません(笑)。あとは、真空管アップコンバージョン機のバージョンアップ(機能、送信管)をして、PWZの代表機に仕上げる準備に掛かりたいと思っています。

 話変わって、時事問題では、去年が「怒涛のグローバリズム崩壊」で忙しくて、ついていくのに精一杯でしたが、今年はまさに「日本」について考えてみたいと思います。日米関係(防衛、経済)、国内問題(特に移民法制化の影響)に注目していきたいと考えています。日支関係については、かの国は、米支関係対応で精一杯でしょうが、うまくいかない腹いせに日本にちょっかい出してくることもあるでしょうから、相変わらず腹の立つことが多いかもしれませんね。ただ、米支の軋轢で、支那が無理なプレゼンスに傾けば傾くほど、それが報道されさえすれば、日本国内でも、広く警戒感が広がってくるのを期待したいです。現に、昨年は嫁さんに至るまで、嫌支思考に傾いたので、可能性はゼロではないと思います(笑)。

 なにはともわれ、健康で楽しく一年を過ごせることを祈念したいと思います。皆様もよいお年をおすごし下さい。【2017.1.1】